在イタリア、ソムリエワインノートとイタリア映画評論、他つれづれ appunti di degustazione

ソムリエ 20年、イタリアワインのテイスティングノートと、なぜか突然のイタリア映画評論、日本酒、日本茶、突然アートも

Bianco Alpino 2015 Furlani

2017-08-10 13:03:43 | Trentino Alto Adige アルト・アディジェ
Bianco Alpino 2015 Furlani




久々。(ワインが久々という意味ではない。。。)

さて、日本に行く前にロベルトのところで買っていた1本。
なんとなーく開けてみた。

色はかなり濃い目。
最初はぐっと冷やしていたので(こっちはすごい猛暑)レモンかレモンの葉の香りだったのだが、ちょっと温まると、みかん、そしてオレンジのマーマレードの香りが出てきた。
香草風の緑の香り、グレープフルーツの香りも混じる。
超ビオなので、香りが強いとか、出しゃばるとかはない。

ビオらしく、口当たりが優しい。ふわっとしている。
酸味はあるが、強すぎず、アルコール度も優しく、自然のネクターが体の隅まで染み込む感覚。持続性はほどほどだが、そんなことより、ふわっと残るこの後味が嬉しい。
みかんかオレンジのマーマレードがここにも感じられる。

ラベルはかわいい太陽マーク。
なんとなく、レヴィのラベルを思い出した。(ピエモンテの歴史的グラッパ製造者。すでに、かなり前に、没。涙)

「アルプスの白」というシンプルな名前で、シンプルラベル。

地元の白品種(複数)を使い、10月に収穫
昔からのぶどう栽培者
酵母は自然のものだけ
冬の寒さを利用して清澄
フィルターがけはなし
54リットルのガラスの容器(ダミジャーナ)で4ヶ月の熟成
亜硫酸添加はなし(添加はないが多少は含んでいる)
ダニーロ・メルクッチ氏と協力

ヴィンテージはないが、ロットから2015年だとわかる。

偽のビオ、無理やり造ったビオはもうこりごり。
本物のビオは体に優しいだけでなく、心にも優しい。

でもこのあとは仕事にならないかも。。。。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日本茶カフェ 3軒 | トップ | Veltriner 2009 Kuen Hof »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Trentino Alto Adige アルト・アディジェ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。