平安時代の陰陽  (平安時代中心の歴史紹介とポートレイト)

玉響 「勾玉が触合うほのかな響き かぎろひの輝き」
「玉かぎる昨日の夕見しものを今日の朝に恋ふべきものか」 万葉集

まいまい杏@梅田-1

2017年08月10日 | 益田杏奈 松浦里紗 まい

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出雲王朝48-事代主神と三穂津... | トップ | 出雲王朝49-出雲大社の祓社 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む