平安時代の陰陽  (平安時代中心の歴史紹介とポートレイト)

玉響 「勾玉が触合うほのかな響き かぎろひの輝き」
「玉かぎる昨日の夕見しものを今日の朝に恋ふべきものか」 万葉集

百瀬真悠子@竹原-2

2017年06月28日 | 矢田美月 山口雅代 百瀬真悠子

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出雲王朝6-八十神の嫉妬 | トップ | 出雲王朝7-黄泉の国と須勢理... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む