応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

ボストンでイタリア料理

2017-08-04 12:47:11 | グルメ

       

ボストンで宿泊したホテルは、港湾地区を再開発した場所のようで、交通の便があまり良くないためか比較的安かった。 

       

       

       

       
       ホテルの部屋からの眺め

ちなみに、ニューヨークやボストンのホテルは非常に高い。 古い倉庫を改装して、いろいろな店舗や、また近くには病院もできており、予想に反して歩き回るのが楽しい地区であった。 

       

       

       

その一角にあるイタリア(アメリカンイタリアン)料理のレストランがあったので、ボストン在住の友人と夕食をとった。 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

メインは、またcodを選んだ、その他、ウズラの肉(初めて食べた)など、どれも洗練された味で、ついついワインも飲み過ぎてしまった。 

       

       

翌日、某企業で打合せを行った後、ランチもまたイタリアンレストランになった。 

       

       

ボストンのノースエンドという地区はリトルイタリーとも呼ばれており、多くのレストランがあり、また特に味が良いので評判の地域だそうである。 

       

       

       

店員どうしはイタリア語で会話していたようである。 

       
       イタリア版シャンパン スプマンテ

       

       

       

よく、アメリカを旅行した方で、アメリカの料理はハンバーガーとホットドッグしかなくまずいという話を聞くが、一体、どこで何を食べているのだろうか。 不思議でしかたがない。 このイタリア街に限らず、世界すべての国からの移民が住み、そして本物のそれぞれの国の料理 が食べられ、さらに、各国料理がアメリカという地で新しく進化した料理も多い。

        

       

       
       リトルイタリーの街並み

 

From Face Book: I enjoyed a good Italian cuisine at a dinner and a lunch in Boston.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アセラエクスプレスでボストンへ | トップ | USS コンスティテューション... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL