応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

ようこそ構造有機化学研究室へ

2017-12-31 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

          

ようこそ構造有機化学研究室へ





このホームページについて

研究内容

メンバー(2016年度更新)

連絡先


卒業生近況(2017年版更新しました) (Just updated!)

大学ホームページ

応用化学科ホームページ

その他のリンク

Last update: January 22
2017

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017-12-30 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

             


平成28年


12月3日(土)、10日(土) 北九州市民カレッジ(応用化学担当)

12月6日(火) グループミーティング

12月10日(土) 第27回産学ユースフォーラム(九大伊都キャンパス)

12月13日(火) 新藤教授(九大先導研)特別講義

12月12日(月) プラサド君専攻内審査

12月14日(水) グループミーティング

12月15日(木) 工学府入試委員会

12月16日(金)ー17日(土) 第10回有機π電子系シンポジウム(京都)

12月19日(月) 応用化学科教室会議

12月20日(火) 応用化学科 忘年会

12月21日(水) グループミーティング

12月21日(水) 工学府教授会

12月26日(月) 研究室4年生 中間発表会

12月26日(火) 研究室 忘年会


平成29年

1月6日(金) 講義スタート

1月10日(火) 応用化学科教室会議

1月11日(水) グループミーティング

1月13日(金) 日本化学会 就職交流会(東京)

1月14日(土)ー15日(日) 大学入試センター試験

1月17日(火) 応用化学科教室会議

1月18日(水) グループミーティング

1月23日(月) 工学府入試委員会

1月25日(水) グループミーティング

2月2日(木) 応用化学自由研究発表会

2月3日(金) プラサド君論文公聴会

2月10日(金) 明専塾(ダイセル)

2月23日(木) 卒論発表会

2月25日(土) 一般入試(前期日程)

3月3日(金) 修論発表会

3月9日(木)ー12日(日) プトラ大学(マレーシア)訪問

3月12日(日) 一般入試(後期日程)

3月16日(木)ー19日(日) 日本化学会第97春季年会(慶応大学)

3月24日(金) 卒業式

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

America The Beautiful

2017-01-22 00:11:12 | アメリカのこと

       

アメリカで新大統領が誕生した。 アメリカ国民が民主的に選んだトップであることは間違いないが、これまでのトランプ氏の発言や、就任演説を聞く限り、今後の世界情勢に不安を感じると同時にやはり一抹の寂しさを感じてしまう。 これまで、アメリカは様々な問題を抱えながらも、世界に門戸を開いてきた唯一の大国であった。 政情不安な国、経済が破綻している国に生まれた多くの若者にとって、ある意味、アメリカは唯一、そして最大の夢だった。 南カルフォルニア大学留学時の恩師であるOlah教授も、ハンガリー動乱の最中、国を捨てて最終的にアメリカに渡った方である。 1994年には、ノーベル化学賞を受賞されている。 もし、アメリカという舞台がなければ、おそらくノーベル賞受賞もなければ、化学史に名を残すこともなかったであろう。 このように、大学関係者の中にも、アメリカに渡ることによって地位を得ることができた人は多い。 個人的には、アメリカのこのような受容性、そして多様性が大好きである。 この多様性について、アメリカには打算的であって欲しくはない。 また、アメリカが信じる価値観が脅かされる場合、賛否は当然あるものの、世界最強の軍事力をもって世界に裏側まで駆け付け、自国の若者に多くの犠牲が出ながらも、その価値観を守ろうとする国など、これまた他にはない。 それと同時に、日本のような同盟国にとって、これほど心強いものはない。 以前、サンディエゴの軍港に行った時、大きな文字で「Freedom is the No.1 choice」と書いてあり、感動したことを、今でも鮮明に記憶している。 この自由を守ることにおいて、アメリカには打算的であって欲しくはない。 そして、いつまでも、こんなアメリカであって欲しい。

From Face Book: America the beautiful

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改組で忙殺

2017-01-21 09:04:25 | 大学のこと

       

今や大学の恒例行事になってしまった改組であるが、本学も平成30年度からの学部改組に向けて慌ただしい。 同時に大学院の改組も進行している。 どうも改組を定期的に行わないと、あの大学は何もやっていないと見られるような風潮があるようで、表現は適切ではないかもしれないが、「とにかく変える」ことにしているようである。 その結果、まあ必然ではあるが、組織や制度が長続きしない。 本学の某学科は、鳴り物入りで作られたが、約10年で消えてしまう。 在学生がかわいそうである。 卒業生も然りである。 現在、このような改組に伴うカリキュラムや時間割等の変更作業に若手の教授の先生方が忙殺されている。 これでは、研究活動にじっくり取り組むことなどできない。 最近の日本の学術論文数の減少は顕著であるが、当たり前である。 その他、学生の就職の世話、学生の短期海外派遣の付き添いなど、とにかく「雑用」ばかりである。 私が30年前に滞在した南カルフォルニア大学では、少なくともここで述べたような仕事は一切ない。 また、組織も何にも変わっていない。 それでも、スタッフ数は1.6倍、ノーベル受賞者2名、入学倍率は約6倍である。 言いたいことは、組織を変えなくても、教員の数は増え、研究成果も上がり、志願者も増えているということである。 翻って、改組を行うたびに、教員は削減され、研究の時間もなくなり、受験生は減少している。 やはり変である。

From Face Book: All faculty members in our department have been very busy for other trivial matters other research activities.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陶花

2017-01-20 12:41:54 | グルメ

       

博多区に隣接する粕屋群の篠栗町の小高い山の中に、ユニークな形の白い建物のレストランがあるので寄ってみた。 

       

国道201号線から力丸ダム方面へ曲がり、県道92号線を5分ほど登り、小道に入ると、その建物が見えてくる。 



       


       


       


       


       



ちょうどランチタイムで満席だったので、隣りのギャラリーで待つことになったが、そのギャラリー様々な器類やその他小物で溢れており、楽しい街時間となった。 



       



       



白を基調としたシンプルな店内で、ここの名物のカレー御膳と牛すじの煮込み御膳を注文した。 

       

       

       

       

古い音楽雑誌とBGMの取り合わせが、ちょっとだけ日常から遠ざけてくれた。 ただ、大きく開かれた窓の外には緑に囲まれた景色が見えるのだが、これまた日本の宿命なのか、こんな場所まで
無骨な電線が張ってある。 すべて台無しである。 もちろん、このレストランには何にも責任はないのだが、どうにかならないものだろうか。



       



From Face Book: There is unique-shaped restaurant on the hillside in Sasaguri.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧研究所の解体(箱崎キャンパス)

2017-01-19 12:26:13 | 大学のこと

       

日曜日の昼下がり、久しぶりに九大箱崎キャンパスを歩いてみた。 

       

       

       

正門の左側に鎮座していた旧生産科学研究所と旧応用力学研究所の歴史ある建物が解体されている最中であった。 

       

       

私が学生の頃、所属していた合成化学科から数名は、生産科学研究所の研究室に配属されていたので、特に馴染みの深い場所である。 

       

工学部防音教室にも足場が組んであり、解体される日も近いようである。 1976年の3月3日から5日までの3日間、この建物で入学試験を受けたことを鮮明に覚えている。 まだ、一期校と二期校とに分かれていた時代である。 

       

       

       

       

そして、戦争にも生き延びた応用化学科の建物も、いよいよ撤去されるようである。 

       

       

       

最近移転したばかりの理学部は、早々に更地になってしまったようである。 

       

真相はわからないが、多分、歴史的にも新しい建物だったので、保存という選択肢は、最初からなかったのだろう。 

       

       

       

工学部地区は、移転して10年近い歳月が流れており、廃墟のようになってしまっている。 

       

以前は、休日でもたくさんの教職員で賑わっていたキャンパスであるが、誰一人歩いていない。 

       

ここが、こんなに静かな場所だったとは、今まで気づかなかった。 冷たい風に乗って、ふと懐かしい香りがしたのは気のせいだったのだろうか。

From Face Book: The historic building of the former research institute is being demolished and the former buildings of faculty of science have gone.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若松バンド

2017-01-18 12:17:09 | 旅関連

       

せっかく終着駅の若松駅まで来たので、この界隈を散策してみた。 実は、若松駅から洞海湾に面する海岸通りは、他の街ではなかなか触れることができない独特の趣きがある地区で、「若松バンド(bund)」と呼ばれている。 

       

       

駅前から少し歩くと商店街にぶつかるのだが、ご多分に洩れず閑散としている。 

       

       

ここ北九州に限らず、ほとんどの地方都市の典型的な情景になっている。 このような場所を歩くと、世界3位の経済大国の姿も感じられず、押し寄せる人口減少、高齢化の大波を乗り切れるのか、非常に不安ではある。 

       

       

       

商店街から海岸に抜けると、「ごんぞう小屋」にぶつかる。 
「ごんぞう」は、まだ機械化される前、石炭を船から陸への荷揚げ荷下ろしを行う労働者のことであり、当時の過酷な労働が偲ばれる。 

       

       

また、そばには荷揚げ等に使用したと思われる雁木が残っている。 

       

       

少し歩くと、石炭会館という古い建物が見えてくるが、明治38年(1905年)の建造で、今も使われている。 

       

       

       

さらに海沿いに進むと、非常に華やか建物が目に入る。 旧古河鉱業若松ビルで、大正8年(1919年)に建てられたものである。 レンガ造り二階建てのルネサンス様式の建造物である。 

       

そして、時を遡ったかのような雰囲気の建物がある。 この上野ビルは、三菱合資会社の若松支店として大正2年(1913年)に完成し、ドイツ製の煉瓦で建造されているとのことである。 

       

隣接して建っている切妻造の煉瓦倉庫には、よく見ると三菱の社章が残っていた。 

       

       

さらに若戸大橋を仰ぎ見る場所にあるのが、これまた歴史を感じさせる栃木ビル、このビルは大正9年(1920年)に建設された鉄筋コンクリート造である。 

       

このそばには、出入船舶見張り所跡もある。 

       

       

そして、少し歩くとわかちく資料館がある。 これは民間会社の若築建設()の3階にあるにある資料館であるが、この地域の石炭産業の歴史を非常に詳しく解説されており、非常に見応えのある素晴らしい内容になっている。 入場無料である。

       

       

       

       

最後は、この時代、良く存続しているなあ、と感心させられるのと同時に、まだ動いている姿を見ると嬉しくなってしまう若戸渡船である。 約130年の歴史のある渡船で、ここ若松から本学がある戸畑まで、約3分で結んでいる。 

       

       

       

       

運賃100円、冷たい風に吹かれながらのわずか数分の船旅であるが楽しいひと時であった。 

       

       

       

戸畑渡し場から戸畑駅まで歩き、再び折尾駅に向かった。 電車、船の運賃、そして昼のうどん代を合計しても1000円程度であったが、私にとっては、紛れもなく“旅”である。 何も、遠くの知らない場所にお金をかけて行くことだけが、“旅”ではない。 ふだん使っている道でも、いつもとちょっと違う角で曲がって欲しい。 そこには、きっと新鮮な光景が目に飛び込むだろう。 さらに、いつも歩いている道を逆に歩くだけでも、随分と違う感覚があるものである。 それもまた、小さな“旅”である。

       

From Face Book: I was just walking around Wakamatsu bund.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

架線式蓄電池電車(若松線)

2017-01-17 11:56:43 | 鉄道と航空機

       

ようやく若松線を運行している架線式蓄電池電車に乗ることができた。 

       

       

正式には、BEC819系で愛称は「DENCHA」である。 リチウムイオン電池を搭載した蓄電型の電車で、架線区間で充電し、非電化区間では蓄電池を利用して走るもので、10分の充電で約90キロの走行が可能である。

       

       

       

       

もしかしたら、交流電化区間を走行することで充電するものとしては、世界で初めてかもしれない。 乗ってみると、加速度、走行音、振動等、通常の電車とほとんど変わらない感じがした。 

       

       

若松線とは呼ばれてはいるが、正式には筑豊本線の一部である。 終点の若松まで5個の駅がある。 折尾駅を出ると北九州市街地の古い街並みを抜けるよう走るのだが、日本でも非常に珍しくなってしまった複線未電化路線である。 

       

       

このような光景を見ると、過去の栄光と現在との落差を感じてしまう。 石炭最盛期の頃は、この複線を10分間隔で長編成の石炭列車が筑豊の各炭田から若松港まで大量の石炭を運んでいた。 

       

       

当時は、終点若松駅は何と日本一の貨物取扱駅であった。 しかし、石油へのエネルギー変換とともに急速に需要がなくなり、時代から取り残されてしまった姿がそこにはある。 実際、若松駅横には当時の広大な貨車操車場跡を偲ぶことができる。 このような行き止まり駅は、個人的には大好きな場所である。 

       

       

実は、学生の頃、日本中のこのような行き止まり駅を全て巡ろうと考えたのだが、途中で頓挫してしまった。 しかし、今でもこのような場所に来ると、ワクワクするものである。 

       

       

また、こんな場所で食べる立ち食いうどんほど美味しいものはない。 ただ、北九州市の人口減少に伴い、利用客は減り続け、今は1日、1300人程度である。 

       

       

今回の新型蓄電池電車導入により、ぜひとも利用客が増えて欲しいものである。 そのためにも、JR九州には、鹿児島本線電化区間との相互乗り入れを実現してもらいたい。

       

From Face Book: I travelled from Orio toWakamatsu terminal by the brand-new dual energy charge train.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第20回就職交流会

2017-01-16 13:02:42 | 行事(大学関係)

       

日本化学会主催の就職交流会に今年も出席した。 

       

企業採用担当の方と効率よくお会いできる機会であるが、時間が限られており、お話ししたい企業との時間が取れないことも多い。 

       

       


前半の1時間半は、各ブースにおられる約70社を、こちらから自由に訪ねることができ、後半の1時間半は、大学側(今回は約78大学、学部)を企業が訪ねることになっている。 

       

       

嬉しいことだが、後半は休みなく、いろいろな企業の方が訪ねてくれた。 

       

日本の製造業、頑張っているなあと強く感じた。 

       

       

冬場の晴天に恵まれたので東京に向かう飛行機から、富士山、そして眼下に伊豆諸島利島、伊豆大島を見ることができ、三原山火口もうっすら確認することができた。

        

       

From Face Book: I have attended the meeting of academy and industry interchange on job hunting.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡空港新ターミナル建設ー23

2017-01-15 13:32:44 | 福岡空港国内線再整備

       

改築工事が進む福岡空港ターミナルであるが、内装工事も順調に進んでいるようである。 

       

       

       

先週、ターミナル2階にかなりの規模のフードコート「ザフードタイムズ」がオープンした。 

       

       

これまでこのようなちょっと立ち寄れる場所がなかったので、早めに空港に着いた人には便利だろう。 

       

       

       

現在、地元の店中心に8店舗(1店舗は2月オープン予定)が開業しているようである。 ただ、このフードコートの英語表示が非常に、私には読みづらかった。 

       

       

       

       

また、既に、昨年の10月と12月に随時オープンしている3階レストランエリア(デリシャスレーン)にも寄ってみた。 

       

       

ちなみに、福岡空港内の商業施設名は「グリーンブルー」ということである。 

       

The brand-new food court called “The foodtimes” has just opened in the terminal building of Fukuoka airport.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐電

2017-01-14 09:00:58 | 鉄道と航空機

       

以前から乗ってみたかったが、なかなか機会がなかった嵐山本線、嵐電に乗ることができた。 

       

       

       

これは、四条大宮から嵐山までの約7.2キロを結ぶ京福電気鉄道の路線である。 

       

       

       

100年以上の歴史があり、現在は全部で13の駅がある。 

       

       

       

         

京都の古い町並みの軒先をかすめながら走る場所もあり、他ではなかなか味わうことができない電車である。 

       

From Face Book: Arashiyama line of Keifuku Electric Railroad Company

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都鉄道博物館(4)

2017-01-13 06:14:47 | 鉄道と航空機

       

ここでは本物の蒸気機関車が牽引する客車に乗車することもできる。 

       

       

       

       

梅小路機関車庫と接続する片道500mの展示運転線を、客車2両を牽引して約10分で走行する。 

       

       

       

       

       

どうもここで使用する蒸気機関車は4種類ほどあるようで、当日は、C61形蒸気機関車2号機であった。 これは、1948年製造で、宮崎機関区で活躍していたものである。 

       

       

       

       

       

それにしても、電車とは異なり、動きだす前の煙や水蒸気を見ると、機械が動いているという実感が湧いてくるもので、なかなか良い。 

       

明治37年に造られた旧二条駅舎が博物館の出口となっていた。

       

       

From Face Book: Kyoto Railway Museum (4)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都鉄道博物館(3)

2017-01-12 12:45:23 | 鉄道と航空機

       

この鉄道博物館は旧梅小路蒸気機関車館に隣接してできたものであり、改良後、
梅小路蒸気機関車庫となっている。 

       

これだけの蒸気機関車が日本で一番古いコンクリート造りの扇形機関庫に並ぶ姿は、やはり圧巻である。 

       

       

       

また、転車台も、今では歴史の遺物となってしまった。 可能なら回転する姿を見たいものである。 

       

ただ、私が鉄道に興味を持つようになった小学生時代には、既に、蒸気機関車からディーゼル機関車へと急速に転換が行われていた時代であり、それほど蒸気機関車には馴染みはない。 

       

       

       

それでも、小学生の低学年までは、自宅そばの筑肥線を蒸気機関車が客車を牽引しており、自宅の庭まで黒い煙に覆われていたことは記憶している。 

       

       

       

1902年製の1070型蒸気機関車、1935年製のC55型蒸気機関車、1938年製のC58型蒸気機関車、1928年製のC53型蒸気機関車等、まさに日本の激動の時代と共に生き抜いた車両である。

          

From Face Book: Kyoto Railway Museum (3)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研究室スタート(2017年)

2017-01-11 12:46:54 | 大学のこと

       

2017年の研究室活動も本格的に今週からスタートした。 これから修論、卒論、博士論文と追い込みの時期に入って、いろいろと忙しくなる。 また、今年の春の日本化学会の年会が従来より1週間ほど早くなっているが、卒業式と重ならないので日程的には助かっている。

From Face Book: The year of 2017 has started in my lab.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シフク(429)

2017-01-10 12:56:55 | グルメ

       

自宅から車で10分程度の場所に、最近、異常に人気が出ている「ラーメンショップ」がある。 

       

       

ここは、4年ほど前にオープンした店であるが、ここ博多では珍しく豚骨ではなく、鶏ベースのラーメンで、とにかく、ネット上で非常に評判が良いので寄ってみた。 

       

最初に行った時は、あまりの行列に止めたが、2回目に食べることができた。 

       

豚骨ラーメンで育ったようなものだが、意外に鶏塩も悪くはないという印象であった。 

       

       

名前は、シフク(429)で、場所は空港近くの多くの会社や倉庫が並ぶ地域で、決して飲食店の立地としては良くないのだが、やはり味が人を寄せるのだろう。

       

From Face Book: We stopped by the ramen shop called “429” to have the ramen noodle based on chicken soup.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加