応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

ようこそ構造有機化学研究室へ

2017-12-31 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

          

ようこそ構造有機化学研究室へ





このホームページについて

研究内容

メンバー(2016年度更新)

連絡先


卒業生近況(2017年版更新しました) (Just updated!)

大学ホームページ

応用化学科ホームページ

その他のリンク

Last update: February 21
2017

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017-12-30 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

             


平成28年


12月3日(土)、10日(土) 北九州市民カレッジ(応用化学担当)

12月6日(火) グループミーティング

12月10日(土) 第27回産学ユースフォーラム(九大伊都キャンパス)

12月13日(火) 新藤教授(九大先導研)特別講義

12月12日(月) プラサド君専攻内審査

12月14日(水) グループミーティング

12月15日(木) 工学府入試委員会

12月16日(金)ー17日(土) 第10回有機π電子系シンポジウム(京都)

12月19日(月) 応用化学科教室会議

12月20日(火) 応用化学科 忘年会

12月21日(水) グループミーティング

12月21日(水) 工学府教授会

12月26日(月) 研究室4年生 中間発表会

12月26日(火) 研究室 忘年会


平成29年

1月6日(金) 講義スタート

1月10日(火) 応用化学科教室会議

1月11日(水) グループミーティング

1月13日(金) 日本化学会 就職交流会(東京)

1月14日(土)ー15日(日) 大学入試センター試験

1月17日(火) 応用化学科教室会議

1月18日(水) グループミーティング

1月23日(月) 工学府入試委員会

1月25日(水) グループミーティング

2月2日(木) 応用化学自由研究発表会

2月3日(金) プラサド君論文公聴会

2月10日(金) 明専塾(ダイセル)

2月23日(木) 卒論発表会

2月25日(土) 一般入試(前期日程)

3月3日(金) 修論発表会

3月9日(木)ー12日(日) プトラ大学(マレーシア)訪問

3月12日(日) 一般入試(後期日程)

3月16日(木)ー19日(日) 日本化学会第97春季年会(慶応大学)

3月24日(金) 卒業式

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旧大野木場小学校

2017-02-21 12:14:51 | 旅関連

       

雲仙岳災害記念館から車で15分ほどの所に
大野木場砂防監視所(大野木場砂防みらい館)と、どうしても見ておきたかった「旧大野木場小学校」がある。 

       

       

       

       

この大野木場砂防監視所は、砂防工事実施中の工事従事者の安全確保を目的として、上流域の監視、作業員の緊急避難場所、無人化施工操作室の機能を有する施設として建設された。 

       

       

       

写真・パネル等による災害の状況・復興の様子や雲仙・普賢岳噴火災害で培われた無人化施工技術等を紹介するためのパネルや映像を展示されている。 

       

このシステムは、
火砕流が到達する危険な警戒区域内において、ブルドザによる押土・集土、バックホウによる掘削・積込み、ダンプトラックによる搬出という一連の除石作業を全て遠隔操作で行うという素晴らしいものである。 3階からは火砕流堆積物の状況や土石流災害を防ぐための砂防施設が見える。 

       

       

       

       

       

そして隣接して、あの「旧大野木場小学校」の廃校舎がある。 

       

       

       

       

平成3年9月15日18時54分に発生した大火砕流に伴う強烈な熱風(火災サージ)で、付近の民家等153棟とともに大野木場小学校は全焼した。 

       

       

       

       

当時、避難が徹底し人的被害はなかったもののこの自然災害の驚異を継承する火砕流遺構として当時の姿で保存されている。 多くの言葉よりも、目の前に残っている校舎が全てを物語っている。

       

From Face Book: Ruins of Oonokoba elementary school caused by the pyroclastic flow

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲仙岳災害記念館(2)

2017-02-20 12:26:11 | 旅関連

       

平成大噴火シアターでは、雲仙普賢岳噴火に伴う火砕流、土石流を直径14メートルのドーム型スクリーンで再現されており、約7分間の映像と音声に合わせて観覧席が上下左右に揺れたり傾いたり、目の前から火砕流をイメージした熱風が噴き出す仕掛けがあり、火山災害のすさまじさを感じることができる。 

       

       

       

       

       

       

シアターを出ると、そこは「火砕流で焼き尽くされた風景」が再現されており、実際に被害を受けた折れ曲がったバス停や自転車、焼け焦げた電柱や電話ボックス、最後まで残っていた報道関係者のカメラや車両など、凄惨な風景を見ることができる。 

       

       

       

       

       

2階の展示ゾーンでは、「雲仙・大火砕流378秒の遺言」が上映されている。 これは、火砕流の犠牲となった日本テレビ所属のカメラマン小村孝司さんが使用していたカメラが、何と平成17年に14年ぶりに発見され、そこに残されていたテープを復元し、その実写映像を基に編集し制作されたNHKのドキュメントである。 

       

       

       

       

火砕流の直前の様子を写した映像には報道カメラマンの使命みたいなものを感じた。 火砕流の熱によって原型を留めていないテレビカメラも展示してあった。 

       

       

火山大国に住む日本人と宿命に思いを馳せると同時に、日本人の復興における逞しさも感じることができた。

       

From Face Book: Mt.Unzen Disaster Memorial Hall (2)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲仙岳災害記念館(1)

2017-02-19 07:09:11 | 旅関連

       

平成3年6月3日に起きた雲仙普賢岳の大火砕流は今でも鮮明に記憶している。 

       

       

「火砕流」という言葉も、多分初めて聞いた。 民間人や地元の消防団員、報道関係者など43名が犠牲となった大参事であった。

       

       

この雲仙普賢岳は前年の11月17日に198年ぶりに噴火したこともあって、多くの報道関係者が取材を続ける中で起きたため、その一部始終が記録に残っているという自然災害となった。 

       

       

火砕流に伴う土石流により多くの家屋や田畑が埋没し、さらに海までも埋め、新しい陸地ができたということである。 

       

       

       

そして、その場所に、この大災害を後世に残すべく、平成14年に建てられたのが、「雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)」である。 「がまだす」とは島原地方の方言で「がんばる」という意味だそうである。 多分、世界唯一のこの種の施設であるが、その展示内容は、量、質とも素晴らしいものになっており、4時間ほど滞在した。 

       

       

       

       

       

1階の展示ゾーンは、「姿を変えた雲仙岳」、「火山としての雲仙岳」、「世界の中の雲仙岳」、「平成大噴火」、「噴火と予知」、「予知から防災へ」、「雲仙噴火の歴史」、「火山との共生」の8つのコーナーに分類されている。 

       

       

       

床下がガラス張りの部分には、火砕流によってなぎ倒された木々と火山堆積物を床下40メートルにわたって展示されており、時速100キロメートルで走るといわれる火砕流の速さを赤い光で体感できる。

        

       

From Face Book: Mt.Unzen Disaster Memorial Hall (1).

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卒業生来学

2017-02-18 14:23:54 | 行事(大学関係)

       

22年度修士を修了した卒業生が、会社説明会も兼ねて来室してくれた。 勤務先は「関西ペイント」だが、実は、これまで私の研究室から3名が入社している。 同じ会社に3名の研究室出身者がいるのはここだけである。 こうやって、企業の中で頑張っている姿を見るたびに、この仕事を続けて良かったと思うものである。

From Face Book: The former student in my lab visited us to tell the company he is working for to the students.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パスポート必要残存有効期間

2017-02-17 11:57:39 | 日々の出来事

        

現在所有しているパスポートの有効期限が半年先の今年8月だったので、何も考えずにのんびりしていたが、3月初めに本学の海外オフィスがあるマレーシアのプトラ大学を訪問することになり、ちょっと調べたところ、入国時に6ヶ月の有効残存期間が必要ということがわかった。 

       

今のままだと数週間足らないことになるので、慌ててパスポートセンターで継続更新の手続きを行った。 危うく渡航できないところだった。

       

From Face Book: There should be a definite term remaining on the passport.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

有機化学基礎期末試験(2016)

2017-02-16 12:39:00 | 行事(大学関係)

       

後学期担当している「有機化学基礎」の期末試験を行った。 クゥオーター制が導入され、これまで以上に試験期間が慌ただしくなった。

From Face Book: The exam of Fundamentals of Organic Chemistry


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

話題のうどん店

2017-02-15 13:21:32 | グルメ

       

最近、某テレビ番組で紹介されたこともあり話題になっている博多のうどんであるが、そんな中の一つである「大地のうどん」に寄った。 

       

       

ここのうどんは、北九州の小倉にある「津田屋官兵衛」の流れをくむ「豊前裏打会」の加盟店ということで、厳密には麺にコシがなく柔らかい博多のうどんとは違い、細くコシがあり透き通った麺である。 

       

聞いたところでは、詳しいことはわからないが、
「注文が入ってからうどん玉をのばし、切って、ゆでて締めます。 うどん玉は、その日の気温によって夜使う麺用、お昼に使う麺用と分けています。時間をずらして気温や天候をみながら熟成させています」と言うことである。 

       

       

そして何より特徴的なのが、大きなサイズのごぼう天で、これは良い。

       

From Face Book: We stopped by a very hot noodles shop.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とっとっと食堂

2017-02-14 12:39:22 | グルメ

       

島原外港の近くにあり、有明海の多種多様な魚介類を豊富に揃えている「とっとっと食堂」にランチに立ち寄った。 

       

       

この建物は、島原藩主・松平家の歴史的にも貴重な穀物倉庫を改装したもので、内部は天井も高く、2階もあり広い空間となっている。 

       
  
       

       

この「とっとっと」であるが、博多弁の「とっとっと」とほぼ同じ意味ということである。 訳すと、「その席、とっとっとー?」=「その席、誰かのためにとっていますか?」となる。 ちょっと意外であった。 

       

       

店の前には、大型の円形生簀があり、島原沖で獲った新鮮な魚が泳いでおり購入もできるそうである。 

       

       

この食堂は島原市の湊新地町の船着き場の近くに建っているが、ここの湊は1864年、あの勝海舟、坂本龍馬一行が、長崎に行くために、熊本から船で着いたところで、ここから。雲仙を越え長崎へ向かっている。 

       

       

幸運にも、ちょうど島原鉄道を走る1両編成のキハ2500形を見ることができた。 既に、島原外港以南が廃止されており、現状を考えると、残った路線もそう遠くない将来に廃止されてしまうだろう。

       

From Face Book: We had a lunch at the seafood restaurant called “Tottoto “.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超高速カーフェリー(オーシャンアロー)

2017-02-13 07:39:25 | 旅関連

       

たぶん日本ではなかなか乗ることのできない超高速カーフェリーが熊本と島原の間に就航しているので乗ってみた。 

       

       

       

       

知る限りでは、直江津と小木(佐渡島)を結ぶ高速カーフェリー「あかね」が就航しているようであり、また、残念ながら運行休止となってしまった青函航路で就航していた同様な超高速カーフェリーが運行していた。 

       

       

       

「オーシャンアロー」号で熊本港と島原外港を約30分で結んでいる。 

       

       

       

       

このタイプの高速船は、SSTH(超細長双胴船)と呼ばれており、所謂、没水部が細長い二つの船体を連結した形になっている双胴船で、これまでは、何となく小型船というイメージが強く、フェリーのような大型船にはあまり応用されていなかったようである。

       

       

       

       

       

全長72m、全幅12.9m、旅客定員430名、積載車両、乗用車51台(または大型バス9台)で、時速約50~60キロで走行する。 

       

       

       

餌がもらえるのがわかっているのか、出港する時には、たくさんのカモメがデッキに集まっていた。 

       

       

わずか30分の乗船時間だったので、船内を探検するのも大変だった。

       

From Face Book: High-speed car ferry "Ocean Arrow"

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワシントン・ユニオン駅

2017-02-12 10:37:42 | アメリカのこと

       

ようやくワシントンユニオン駅を訪れる機会を得た。 

       

       

とても鉄道の駅とは思えない重厚かつ歴史を感じさせる素晴らしい駅舎である。 

       

       

       

構内も、
29mの天井高を有する主待合室の大きな円蓋空間、また、建物正面のアーチの上には「鉄道の発展」と称される六体の巨大な彫像等、どこかの博物館を思わせるような造りになっており、鉄道ファンではなくても、歩き回るだけで楽しい場所である。 

       

       

       

アムトラックの他、いくつかの鉄道も乗り入れており、年間の利用客は約3000万人ということである。 

       

       

       

今回は、ワシントンユニオン駅に乗り入れているMARC(メリーランド通勤鉄道)の電車に乗ることができた。 

       

       

アメリカでは珍しい電化区間が多い地域である。 今回は乗ることができなかったが、ここワシントンからボストンまで、アメリカ唯一の高速列車(アセラエクスプレス)が運行している。 近い将来、ぜひ乗りたいものである。

       

From Face Book: Washington Union Station and MARC

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第131回明専塾(ダイセル)

2017-02-11 19:43:20 | 行事(大学関係)

       

第131回明専塾が行われた。 今年度、応用化学科の明専塾の担当なので、今回は「ダイセル」にお願いして開催することにした。

       

       

       

この明専塾は、多くの本学卒業生が活躍している企業に来学してもらい、在校生に仕事や会社のことなどを話して戴くもので、本学の同窓会組織(明専会)が後援している。 

       

       

       

       

       

通常の会社説明会とは異なり、本学出身という共通の土俵からの話題提供ということもあり、個人的には、良い企画だと思っている。 

       

       

       

       

講演会終了後は、簡単な懇親会も行われ、OBと在校生との交流の場ともなった。 このような企画は、他大学ではあまりないのではないだろうか。

       

From Face Book: The alumni working for “DAICEL” corporation made a presentation about their job to the students.


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国立自然史博物館

2017-02-10 12:40:59 | アメリカのこと

       

博物館のカテゴリーとして最も興味があるのが、何と言っても「
国立自然史博物館」である。 

       

       

       

動植物から化石、鉱石、そして隕石に至るまで、そのコレクション数は膨大である。 

       

       

       

その質、量とも間違いなく世界トップクラスの自然史博物館である。 とても数時間で回れるものではない。 

       

       

この内容で、繰り返すが無料である。 余談だが、トランプが大統領に就任以来、あのダイナミックで「カッコイイ」アメリカが消えつつある。 非常に寂しい。

       

From Face Book: National Museum of Natural History at the national mall in Washington, D.C.

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私費外国人留学生入試

2017-02-09 12:14:52 | 行事(大学関係)

       

私費外国人留学生の選抜が行われた。 主に、中国、韓国からの留学生が多いのだが、皆、日本語の習得という関門を越えており、目的意識は高い。 

       

       

彼らにとっては、外国語で試験を受けていりわけだが、今、どれだけの日本人高校生が英語での入学試験に耐えることができるのだろうか。

From Face Book: The examination for admission for international students

コメント
この記事をはてなブックマークに追加