応用化学科構造有機化学研究室

構造有機化学研究室のホームページのようなものです

ようこそ構造有機化学研究室へ

2017-12-31 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

          

ようこそ構造有機化学研究室へ





このホームページについて

研究内容

メンバー(2017年度(平成29年度)版更新しました)

連絡先


卒業生近況(2017年版更新しました) (Just updated!)

大学ホームページ


応用化学科ホームページ

その他のリンク

Last update: May 01
2017

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

お知らせ

2017-12-30 23:00:00 | 構造有機化学研究室(基本設定)

             

平成29年

1月6日(金) 講義スタート

1月10日(火) 応用化学科教室会議

1月11日(水) グループミーティング

1月13日(金) 日本化学会 就職交流会(東京)


1月14日(土)ー15日(日) 大学入試センター試験

1月17日(火) 応用化学科教室会議

1月18日(水) グループミーティング

1月23日(月) 工学府入試委員会

1月25日(水) グループミーティング

2月2日(木) 応用化学自由研究発表会

2月3日(金) プラサド君論文公聴会

2月10日(金) 明専塾(ダイセル)

2月23日(木) 卒論発表会

2月25日(土) 一般入試(前期日程)

3月3日(金) 修論発表会

3月9日(木)ー12日(日) プトラ大学(マレーシア)訪問

3月12日(日) 一般入試(後期日程)

3月16日(木)ー19日(日) 日本化学会第97春季年会(慶応大学)

3月24日(金) 卒業式

4月3日(月) 研究室スタート

4月3日(月) 応用化学科安全講習会

4月4日(火) 新入生懇談会

4月5日(水) 入学式

4月6日(木) 研究室新歓コンパ

4月7日(金) 講義スタート

4月14日(金)ー15日(土) 新入生合宿研修

4月18日(火) 応用化学入門

4月27日(木)ー28日(金) 日本化学会九州支部第1回幹事会、講演会(長崎大学)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サーフサイドカフェ

2017-05-01 12:53:00 | 福岡ローカル

       

この時期の晴天の日が、おそらく最も南カルフォルニアらしい気候である。 

       

       

       

そんな日、福岡近郊で、これまた南カルフォルニアの雰囲気を最も味わうことができる場所がある。 

         

       

       

糸島に2年ほど前にオープンした「パームビーチ ザガーデンズ」である。 

       

       

       

       

       

       

       

非常に人気のあるレストラン「パームビーチ」の向かいに、ここには「サーフサイドカフェ」の他、いくつかのショップがあり、海を背景にした抜群のロケーションである。 

       

       

       

厳密には、海岸線の雰囲気が少しは違うが、青空をバックにすると、LAから、さらに南のビーチを彷彿とさせる光景である。 

       

個人的にはお勧めの場所である。

       

From Face Book: We enjoyed so-called “Southern California” at Palm Beach the Gardens located in Itoshima peninsula on a sunny day.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度日本化学会九州支部幹事会(工場見学)

2017-04-30 11:29:33 | 行事(大学関係)

       

九州支部第1回幹事会の二日目は、三菱重工業を見学させて戴いた。 

       

       

まずは資料館に立ち寄った。 この史料館は、1985年に開設されたもので、1857年に長崎溶鉄所として始まった長崎造船所の長い歴史が詰まっている。 

       

       

       

       

       

展示物は900点にも及び、どれも見応えのあるものであった。 

        

        
わが国最初の国産陸用蒸気タービンで、1908年(明治41年)にイギリスパーソンス社との技術提携により製作された。

        

       

また史料館の赤煉瓦の建物は、1898年(明治31年)に建設されたもので長崎造船所に現存する最も古い建屋で、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」にも登録されている。 

        
海上自衛隊の艦船も多く建造されている。

       

        

        

        
91式魚雷も展示されていた。 これは旧日本海軍が開発した航空機用魚雷で真珠湾攻撃にも使用されたものである。

        
1970年(昭和45年)高速回転中の50トンの大型タービンローターが破裂するというタービン史上に残る事故を経験した。 破裂の起点と疲労破面を含む破片を回収し展示してある。

       
  
        

        
2002年に建造中に火災を起こしたダイヤモンドプリンセス

工場敷地内には、いろいろと興味を引くものも多かったが、撮影は禁止されていた。 

       

実は、訪問した前日の27日に、三菱としては最後の大型客船となるアイーダ・ペルラの引渡し式が行われたようで、建造されたばかりの船を遠くから見ることができた。 巨額の損失を受け、三菱重工は、昨年の10月、大型客船事業から撤退すると発表しており、最後の大型客船となる。 

       

このアイーダ・ペルラは、総トン数約12万5000トンで、全長300m、18のデッキ、1643の客室を有する大型客船である。 あれだけ強かった日本の造船業も曲がり角に来ているようで、寂しさとともに心配である。

         
       

From Face Book: We visited the museum of Mitsubishi Heavy Industrial Group exhibiting its history. I also had a chance to see the big cruise ship that had been just built at the dockyard of Mitsubishi. It’s a pity this ship could be the last one among many cruise ships ever built here.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度日本化学会九州支部幹事会(懇親会)

2017-04-29 13:39:12 | 行事(大学関係)

       

九州支部幹事会、講演会終了後、「花おか」という店で懇親会を行った。 

       

       

酒を酌み交わしながら、大学や化学の話をするのは、ほんとうに楽しいものである。 

       

       

ただ、どの大学でも予算削減、人員削減、受験生減、理由なき改組、雑用の増加等々、あまり明るい話題はない。 

       

長崎大学教授のS先生は、現在、電気化学会九州支部長であるが実は大学時代の同級生で、ほんとうに久しぶりにお会いすることができた。 また、私と同じ合成化学科のご出身であるM教授、本学S先生の元学生のU助教にも会うことができた。 

       

       

       

懇親会終了後、有志だけで二次会に出かけた。 

       

       

       

ここでも大いに盛り上がった。 数名は三次会に突入したが、明日のこともあるので、ここでホテルに戻ることにした。 楽しい長崎に夜であった。

       

From Face Book: I had a nice dinner with the representative members of Kyushu branch, followed by enjoying more alcohol and nice foods at another place. What a wonderful night it was!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年度日本化学会九州支部幹事会(講演会)

2017-04-28 22:40:57 | 行事(大学関係)

       

日本化学会九州支部第1回幹事会が長崎大学で行われた。 

       

       

       

これは九州地区の大学幹事、そして企業幹事の方が、年に一度、一同に会して支部関連の協議事項や報告事項について意見交換を行う場である。 

       

       

       

       

       

会場の長崎大学まで、JR浦上駅から路面電車に乗ることができた。 ちょっとした楽しみである。 

       

昨今の会員減少、予算削減は支部にとっても避けて通れない問題であるが、特効薬などないのが現状である。 ただ、予算的には厳しくなっているが、いかに中高生に化学に対して興味を持ってもらうかの活動は必須であると思っている。 今年度は支部長であるが、庶務幹事のO先生、会計幹事のY先生、そして事務局のMさんの多大なご協力で円滑な会議進行が行えた。 

       

また、今回は本部から副会長のT先生(元熊本大学学長)もお迎えして、いろいろと化学会全体の話も伺えた。 

       

       

その後、文教ホールで第1回講演会も行った。 

       

       

長崎大学のS先生、三菱重工のF氏、そして副会長のT先生にも講演をお願いした。 

       

       

講演会には、多くの長崎大学の学生諸君も参加してもらった。 最後に、本幹事会、講演会の開催に関して、長崎大学のA先生、S先生には心から感謝したい。

       

From Face Book: The annual meeting of Kyushu branch of Chemical Society of Japan has been held at Nagasaki University. The representative members of universities and corporations located in Kyushu area have attended to discuss many issues concerning the branch.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機器利用者講習会

2017-04-27 05:35:10 | 行事(大学関係)

       

有機系の研究には必要不可欠な質量分析とNMRの講習会がA先生により新4年生に対して行われた。 両機器とも使用頻度が非常に高く、まだ何とか更新できてはいるが、今後、大きな故障等が起こるとどうなるか分からない。 いつも綱渡り状態である。

       

From Face Book: The users’ meeting for Mass and NMR apparatuses

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支部合同大会会場下見

2017-04-26 12:11:02 | 行事(大学関係)

       

7月1日に行われる第54回化学関連支部合同九州大会の会場となる北九州国際会議場の下見に同行した。 

       

今回は電気化学会九州支部の担当ということで、支部幹事の九大のH先生、また日本化学会九州支部からは、九大のO先生、事務局のMさん、そして私が参加した。 

       

       

       

       

この大会には、毎年、参加しているが、大会当日以外に訪れるのは初めてで、いろいろと準備段階から打ち合わせることが多く、やはり主催側は大変である。 

       

       

       

ポスター会場、講演会会場、控室、会議室、懇親会会場とすべて、ここの関係者と廻ることができた。 

       

       

       

また、地元「ギラヴァンツ北九州」のホームスタジアムである今年完成したばかりの「ミクニワールドスタジアム北九州」が、この国際会議場に隣接している。

        

From Face Book: Visiting Kitakyushu International Conference Center to check the venue for the joint symposium of Kyushu branches of chemistry-related societies in advance.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

面白い本

2017-04-25 06:02:35 | 日々思うこと

       

先日、福岡市のシリコンバレー視察の集まりで知り合った方が、面白い本を出版されたので購入して読んでみた。 今までとは異なった視点からみたコミュニケーションに関するもので、本年度は、私の研究室に7名の女子学生がいるので、いろいろと参考になった。 お勧めの1冊である。

       

From Face Book: A friend of mine (one of my FB friends) has published a unique book concerning the communication from a viewpoint of young woman.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡空港新ターミナル建設ー24

2017-04-24 10:17:22 | 福岡空港国内線再整備

       

福岡空港第一ターミナルの解体工事がようやく終了したようで、自宅バルコニーから大型機の駐機場も見ることができるようになった。今後、この場所に平行誘導路が増設される予定である。 

       

       

       

       

また、暖かくなり、バルコニーで離発着する航空機を眺めながら時間を過ごすことができるようになった。 

       

       

       

       

       

休日など、ここで本を読んだり、音楽を聞いたりするのが大好きである。 

       

       

       

       

国内線12社、国際線約24社が運行させており、発着数は、羽田、成田に次ぐ国内3番目ではあるが、滑走路が1本しかなく、1時間あたり約30便の離発着が行われていることになる。 

       

       

       
       ANAのSTAR WARS JET B767-300 レジはJA604A

       

       

       

       

これは約2分に1回という山手線なみの超過密運行になっている。 当然、機種も多様で、思いつくだけでもB777、B767、B787,B737,A330、A321,A320,DHC-8、ERJ-175,ERJ-170,DHC-8などが就航している。 
 

       

From Face Book: The former terminal building No.1 has almost disapperared. Looking at taking off and touching down of the aircrafts every two minutes at Fukuoka airport from my place.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつまで続くのか?

2017-04-23 06:41:36 | 日々思うこと

       

外国人(中国人)向けの免税店は、この近くだけでもイオンモール福岡に隣接している大きな免税店も含め数店舗あるが、中国人観光客による「爆買い」も、近年、減少傾向にあるようで、以前ほど、大型バスで乗り付ける姿はあまり見なくなった。 

       

       

しかしながら、まだまだ需要はあるようで、福岡空港近くの以前スーパーマーケットだった場所にできた免税店には、多くの中国人観光客が立ち寄っていた。 

       

       

いまだに、炊飯器、魔法瓶、ウオッシュレット、化粧品、おむつ等が売れているのだろうか? いずれにせよ、このようなブームは必ず終わるので、その後の閑古鳥が鳴いている姿を想像するのは難しくはない。

       

From Face Book: Is a shopping spree by Chinese tourists still going wild?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BARU&DINING GOHAN

2017-04-22 07:00:43 | グルメ

       

次女の勤務する会社が「みなとみらい地区」にあるので、出張等で上京し、夜、時間のある時は、一緒に食事をすることにしている。 

       

       

       

       

とにかくこの界隈は、ありとあらゆる種類のレストランがあり、何でも好きなものを食べることができる。 さらに、東京ほど混み合っていることもなく、非常に快適に過ごすことができる。 

       

       

       

今回は、最近、次女が使ってみて良かったというレストランに行くことにした。 

       

       

       

みなとみらいセンタービル3階にある「BARU&DINING GOHAN」というイタリアン&スパニッシュ料理の店である。 30種類以上のタパス(小皿料理)が低価格で提供されており、ほんとうに気楽に食事を楽しめた。 

       

       

ちなみに、このビルの1階には、イタリアの高級車マセラティの正規ディーラーが入居している。

       

From Face Book: I had a dinner at the restaurant called “BARU&DINING GOHAN” with my daughter.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

境内でカン蹴り

2017-04-21 12:22:44 | 日々思うこと

       

ほんとうに久しぶりに訪れた場所である。 実際に足を踏み入れたのは約50年ぶりかもしれないが、不思議なことに当時の情景が鮮やかに蘇って来た。 

       

       

       

小学生(室見小学校)の頃、ほぼ毎日のように遊んでいた「神社」の境内である。 

       

色は塗り替えられてはいるが、佇まいは当時のままであり、その後ろの公民館も変わっていなかった。 

       

今は、入れないようになっていたが、本殿の中に忍び込むのが、ちょっとしたスリルと罪悪感で楽しかった。 

       

広場では、「カン蹴り」ばかりしていた。 空き缶1個で、何十人もの小学生が何時間も遊んでいた時代であった。 また、何と呼んでいたのかは忘れたが、ふわふわボールを投げ合い、キャッチの仕方で進める歩数が決まっており、最終的に敵にぶつけるような遊びもよくやった。 これも安いボール1個で十分楽しめた遊びであった。 

       

時の流れから取り残されたような空間がぽつんと残っていた。 そして、境内に聳える木々は、きっと走り回っていた我々の姿も見ていたはずである。

       

From Face Book: I had a chance to visit the yard of the shrine we used to play some 50 years ago. We used to spend hours playing with just one can or one ball.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゆとりの空間

2017-04-20 12:15:32 | グルメ

       

好天に恵まれた休日、久しぶりにキャナルシティ博多にある「ゆとりの空間」で昼食を取った。 

       

       

場所は、グランドハイアットビルの地下1階とはなっているが、“キャナル”に面した非常に良い場所にある。 

       

       

       

       

       

著名な料理研究家である栗原はるみ氏プロデュースのレストランで、全国に10店舗ほど展開している中の一つがここキャナルシティ博多店で、野菜を中心としたオリジナル料理のビュッフェスタイルになっている。 

       

       

       

       

       

また以前、栗原はるみ氏が様々な料理関係の用語を英語で解説されているのを見たことがあり、非常に面白いと感じたことがあった。 

       

       

       

店内からバルコニーに出ることもでき、太陽の下での食事もでき、個人的にお気に入りの場所である。 ちなみに、このキャナルシティ博多、訪問客の半分以上は、中国、韓国からの観光客のような気がする。 

       

From Face Book: The restaurant called “Yutori no Kukan” produced by Harumi Kurihara, famous cookery writer, is located at Canal City Hakata. We visited this place for lunch on sunny day. This restaurant provides various vegetable food as a buffet.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成績 最優秀賞

2017-04-19 08:35:27 | 日々の出来事

       

4月から当研究室に配属されたO君に、成績優秀ということで、「鳳龍奨学賞 最優秀賞」が与えられた。 

       

楯と賞状であるが、本人にとっても大きな励みになることは間違いない。 卒論研究も多いに頑張って欲しいものである。

       

From Face Book: One of the undergraduate students in my lab has been awarded the special prize for recognition of his excellent academic record.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加