埼玉県所沢市 ペットロスカウンセリング メルシー

ペットロスカウンセリング メルシー
HP http://merusy.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニマルコミュニケーターとしてやらないこと

2016-12-07 23:24:19 | アニマルコミュニケーター
ペットロスカウンセリグ・アニマルコミュニケーター・アニマルレイキ 動物と人の架け橋 メルシー



ここ数回あったので、こちらでしっかりとお話をしたいと思います。


アニマルコミュニケーターとして、というより、私はやらないと言う方がいいかもしれません。
他のアニマルコミュニケーターはやっている方もいるので。


私は


今、生きているか?死んでいるか?



これはやりません。
分からないの?と聞かれたりもしますが、それが分かったとして何か変わるのかな?と思います。

逃げてしまって、今どうしているのか?ということで聞かれることが多いです。

もちろん、コミュニケーションをとるとお話をしてもらることが多いです。
その中で天国なのか生きているかは何となく分かります。


私は、動物と人の架け橋をする役目です。

動物にも人にも聞いても仕方のないことはなるべく聞かないことにしています。
それを聞いてこれから役に立つことは聞きます。
でも…聞いてもどうしようもないことは聞かない。


アニマルコミュニケーターもアドラー心理学の教えを取り入れてやっていきます。

アドラー流 アニマルコミュニケーター
アドラー流 アニマルレイキ



人間のことも見えるんですか?と聞かれますが、その動物に関わる人との魂(潜在意識)とは映像として見えます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペットロスになってからの対応 | トップ | 明けましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アニマルコミュニケーター」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。