きぶんしだい

自分勝手なBLOGです。TB&コメント大歓迎(記事に関係ないものはこちらの判断で削除させていただきます)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『嫌われ松子の一生』

2006-06-03 | 映画<カ行>
                   中谷美紀主演『嫌われ松子の一生』

を観てきました

●あらすじ● は4月13日の記事で取り上げてますのでそちらをご覧ください

http://blog.goo.ne.jp/usapin0428/e/d69031a553c4f9d3f04855628b63faf4


まず感想は「面白い」でした

原作そのままだと、残酷すぎますよね・・・(読んだ方はお解かりだと思いますが)
それをさすが中島哲也監督☆コミカルに仕上げておられます。
まるでちょっとしたミュージカル!


出演者もカナリ豪華
中谷美紀・瑛太・谷原章介・劇団ひとり・ゴリ・カンニング竹山・黒沢あすか・武田真治・香川照之・柄本明・荒川良々・宮藤官九郎 などなど・・・他にもたくさん☆


中谷美紀さん すごくきれいでした。歌もかわいい☆

私的にAIの歌があの場面では合ってない様な・・・気もしましたが。
OKなんでしょうかね?イメージと違ったわ



(ここネタバレ↓)
そして最後のダイジェストみたいに主要メンバーが歌って出てくるんですが・・・

私の大好きな 武田真治 が出てない!!!彼って完璧主要メンバーでしょ???

だってそうやん!映画は出番ホンマに短かったけど、かなりの重要人物☆
原作ではむっちゃ出てくる役やし・・・

どーなってるんだ??

でも私のまたまた好きな宮藤官九郎は出てたwちょいとHAPPY☆
あの姿似合うねーー、彼♪


てな感じでですね、カナリ観てて楽しかったですよ。
柴崎コウでしたっけ?は必要だったのか???????

微妙です・・・




今年のオススメ映画ベスト5には入りそうにないですが、
本日のオススメ映画でございます


原作の方が私は好きナンやけど、これは別物と考えるべきやね、キット。



ということで皆様見に行ってくださいませ

(最近映画か音楽ネタしか書いてないなぁ・・・)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『さよならリフレイン』 | トップ | 旅に出る前の一仕事 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました! (こーいち)
2006-06-03 04:02:31
こんばんは。

TBありがとうございました!

中谷美紀さんは熱演でしたねw

僕も柴咲コウの役割は??でした。

笑うに笑えない話ですけど、

すごく楽しめる映画でしたね♪



この記事だけgooブログにTBできないという

不思議な現象が起きていまして。。

また後でトライしてみますね。
ありがとうございます。感謝。 (冨田弘嗣)
2006-06-03 04:10:41
 トラックバックありがとうございます。しかし、全員が全員、褒めて、大絶賛している中、私は辛辣、毒舌、酷評を書いています。それなのに、トラツクバックしてもらって、申し訳ありません。中島さんは、映画進出第二作目で大監督になったようです。異端の映画評ですが、これからもよろしくお願い致します。ありがうございました。  冨田弘嗣
Unknown (たこ)
2006-06-03 06:17:01
原作ぐらぃ、読んでみようかしら…(^-^;)
TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-03 09:05:54
こんにちは♪

映像もキャラも強烈で驚きまくりでした。

一見の価値はある映画だと思います。

原作とは別ものと考えたほうがいいですね~。
なんだか (hana)
2006-06-03 10:24:40
ちょっと気になるわぁ~。

キャストはほんっっっまに豪華やね!!

目の保養だ☆



映画は見に行かないと思うけど、原作にはちょっと惹かれたかも・・・
Unknown (はたちゃん)
2006-06-03 13:40:10
⇒こーいちさん

コメントありがとうございます。

原作の方のしゅうの彼女はかなりいい役でしたが、

映画のほうの柴崎コウは微妙でしたね・・・

「●ズベキスタン」で笑わせようとしたんでしょうかね?(ちょっと笑ってしまいましたがw)

これからもよろしくおねがいします



⇒冨田弘嗣さん

コメントありがとうございます。

映画はホントに観る人によって感想が違うのが面白いんだと思いましたよ。

じゃないとみんな期待しすぎちゃう映画ばっかりになってしまいますw素直な意見でいつも楽しく読ませていただいてます。これからもよろしくお願いします。



⇒たこさん

結構すぐに読めるよ。上下巻やけど、パーっと読んじゃってくださいw



⇒ミチさん

こちらこそTBありがとうございます。

原作読んでないと平気?と聞かれますが

まったく問題ないってかむしろ全く別物だと思いますよね。

感想も180度私は違いました。



⇒hana

原作読んで、読んで~☆

映画はまたTVでやりそうやしね

テレビ局がスポンサーやし
Unknown (さおり)
2006-06-03 17:33:57
やっぱ。おもしろいんだ!!

見に行こうかまよってたから

はたちゃんのブログで見に行こうと

決意できた笑



ありがと^^
⇒さおりちゃん (はたちゃん)
2006-06-03 23:37:51
いえいえ、そういっていただけるとうれしいです。

映画は、娯楽映画!って感じでした

笑いまくったわw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
嫌われ松子の一生 (映画評論家人生)
ナビオTOHOプレックス 長い期間、同じ予告を何度も見せられた。撮影の進捗状況にあわせて、違った長めの予告も何度も見せられた。正確ではないが、50回は見せられた。こういうことをされると、期待は膨らむ
嫌われ松子の一生 (ネタバレ映画館)
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
すべっている「嫌われ松子の一生」 (再出発日記)
監督・脚色:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子私は「下妻物語」の中島監督を愛している。だから今回はあえて苦言を呈したい。「シカゴ」を真似たミュージカル、原色、ソフトフォーカスを多用した回想場面と現実場面との対比、等 ...
嫌われ松子の一生 (5125年映画の旅)
『下妻物語』の中島哲也監督最新作。下妻が好きなので期待してたんですがこれはちょっと・・・・・。 僕はこの映画に明るいコメディを求めて観に行きました。この映画は確かにコメディ要素が満載でしたが決してコメディではない。ここが僕には致命的でした。 ...
「嫌われ松子の一生」80点。 (mountain77 D.Reverse side)
「嫌われ松子の一生」hp 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 怒涛の映像と、斜めにザクッと切り込む陽気な音楽。 「松子は幸せだったのか、不幸だったのか。。。」 そんな陳腐な疑問は必要ないくらいにあらゆる人生に賛辞を贈る映画。 ヴィヴ ...
『嫌われ松子の一生』 (京の昼寝~♪)
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌わ ...
実は愛されていた。『嫌われ松子の一生』 (水曜日のシネマ日記)
波乱に満ちた人生を送った、ひとりの女性の物語です。
映画「嫌われ松子の一生」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。 ケバケバし ...
嫌われ松子の一生/memories of matsuko (我想一個人映画美的女人blog)
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった~{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作の ...
『嫌われ松子の一生』 (ラムの大通り)
----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。 前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。 「う~ん。これはある意味、スゴい問題作だね。 どう評価していいのか、 一言で言えばこんな映画観たことがない。 これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビー ...
嫌われ松子の一生・・・・・1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映
嫌われ松子の一生 (Akira's VOICE)
色彩豊かに歌い上げる人間への愛に満ちたドラマ!
嫌われ松子の一生 (シネマクロニクル)
「下妻物語」の中島監督がまたやってくれました。 痛快悲劇とでもいいますか。 煮ても焼いても笑えない松子の一生。 なのに、笑って笑って笑ったあとに泣きました。 司会のTBSアナ安東さんも泣いたそうな…。 どこで…?
嫌われ松子の一生 (迷宮映画館)
ベストセラー小説、『嫌われ松子の一生』が映画になった!福岡で生まれた川尻松子。歌が好きで、勉強もできたどこにでもいそうな普通の女の子。親の望むまま、中学校の先生になり、順風満帆の未来が見えてたはずだった。のだが・・・。 お金を盗んだ、盗まないの ...
嫌われ松子の一生 (おやつは300円までよ。)
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、etc... Official Site 5/27、公開 「下妻物語」の中島哲也監督が大ベストセラーになった「嫌われ松子の一生」を映画化。 まるでディスニー映画のような究極のファンタジー映像。悲惨な物語を彩る華 ...
嫌われ松子の一生 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
「嫌われ松子の一生」を見てきました。 山田宗樹の同名ベストセラー小説を 「下妻物語」の中島哲也監督が映画化。 不幸な悲恋の生涯を遂げた松子というヒューマンストリードラマ。 主演の松子には「電車男」でエルメス役を演じた、 中谷美紀が波乱万丈の川尻松子 ...
映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』 (海から始まる!?)
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ?主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ?その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ?宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス! ...
★「嫌われ松子の一生」 (ひらりん的映画ブログ)
たまには邦画でも・・・(なんでーーー) たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー) 下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー) 見てみることにしてみました。 そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。
嫌われ松子の一生(映画館) (ひるめし。)
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな~って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった ...
嫌われ松子の一生 (めざせイイ女!)
♪ま~げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父親はい...
嫌われ松子の一生 06年134本目 (猫姫じゃ)
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの? ...
◆試写会・嫌われ松子の一生 (映画大好き☆)
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ~笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県 ...
嫌われ松子の一生 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 130分 監督 中島哲也 原作 山田宗樹 脚本 中島哲也 音楽 ガブリエル・ロベルト 、渋谷毅 出演 中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 (allcinema ONLINE) 解説: 『下妻物語』 ...
映画・嫌われ松子の一生~悲劇かコントか、時々ミュージカル! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ...