うさぎとかめ

ひとやすみ、ひとやすみ・・・

九州豪雨

2017年07月12日 | 日々のこと
避難所から避難、疲弊 先見えず「もう勘弁」 九州豪雨
07.11 06:00
西日本新聞

 食べかけの弁当を抱えて逃げる女性、子どもの手を握り締めて車に乗り込む母親。福岡県朝倉市杷木古賀では10日、上流にあるため池が決壊の恐れがあるとして周辺住民約650人に一時、避難指示が出された。避難先からさらなる避難を迫られた住民たち。自宅の復旧作業をやめて走りだした人もいる。「もう勘弁して」。災害に振り回される人々たちに、心身ともに疲れがのしかかる。

 同市杷木古賀の朝倉光陽高。午後1時ごろ、携帯電話から一斉に警報音が鳴った。「えっ、ため池壊れるの」「はよ逃げな」。避難者に緊張が走った。近くの「上野ため池」が決壊する恐れがあり、避難所の同校を含む地域に避難指示が出された。「急いで避難します」。職員の声で、避難者たちは市のバスや警察の車両、マイカーに乗り込み、数キロ離れた「再避難先」に向かった。

 「慌てて出たけん、何も持ってこれんかった」と肌着姿の上野宗一さん(60)。豪雨が襲った5日以降、家族で同校に身を寄せていた。校舎での寝泊まりに慣れてきたばかりだった。「ため池も危ないんじゃないかと心配していた」。70代女性はタオルを口元に当て、目を潤ませた。「避難生活はもう嫌だ」

 農業の島田一幸さん(43)は柿畑や田んぼの様子が気になり、自宅に戻っていたときに携帯の警報音が鳴った。「はよ逃げるぞ」と妻と息子に声を掛けて車で学校へ。さらに別の場所への避難を指示された。「雨が小降りになってきていたから少しほっとしていたのに。いつまで続くのか」

 再避難先となった多目的施設「サンライズ杷木」(同市杷木久喜宮)。既に受け入れていた避難者約130人に加え、同市杷木古賀からの避難者100人超が入ることになり、支援物資の保管場所だった部屋が開放された。

 「こっちは大丈夫」。家族に電話をかけ無事を報告する女性。入り口前の階段では男性が座り込み、汗を拭っていた。部屋の隅では高齢女性がバッグを抱きかかえて眠っていた。「まだ避難せないかんとか」「もう疲れた」。口々に愚痴がこぼれた。

 ため池決壊の恐れがなくなったとして、避難指示は午後7時10分に解除された。50代の男性は洋服や貴重品をバッグに詰め直し、車に乗り込んだ。自宅に戻るという。「行ったり来たりできつかった。今夜は家でぐっすり寝たい」。塚本英喜さん(74)は、より安全なこの施設に残ることを決めた。「家は電気も水も通らず、土砂まみれ。風呂は入れてない。本当は家を早く片付けたいが、また避難するのはつらいし、怖い」

 先行きが見えない被災者たち。11日は現地に再び激しい雨が降る恐れがある。
=2017/07/11付 西日本新聞朝刊=
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山本真希さんのHM☆ヨーグル... | トップ | 長芋とカラーピーマンのマヨ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。