うさぎ! 書きまつがい! 映画! 音楽! お笑い!

平凡な日常だからこそ楽しんだもの勝ち!
http://twitter.com/usako_usagiclub/

45歳、ブスだけど、27歳の彼氏に会いにロシアに行ってみた (4)

2014-01-31 23:59:59 | ロシア関連
早速ですが、「45歳、ブスだけど、27歳の彼氏に会いにロシアに行ってみた (3)」の続きを。

バスはすぐにモスクワ・シェレメーチエヴォ空港のターミナルDに到着し、私は先を行く他のお客さんにそのままついていく形でエスカレーターに。2Fに上がるとまずはパスポートコントロール。外国人用の窓口で順番を待っていたら、隣の窓口がオープンしたので、そちらに向かう。担当は30代くらいの女性。"Hello." とパスポートを出すと、まずは中身を確認。パスポートの写真のページとビザのページ(たぶん)を手元の小さなスキャナーでスキャン。「飛行機で隣だった男性が言ってた「入国カードは自動」ってこのことだったのね」と納得。ロシア語で何か質問されたので、ちょっとパニクり、"I don't speak Russian." と返答すると、「情けない女ね」という表情の後、一瞬日本語のような言葉を小さくつぶやく。さらにロシア語で質問され、最後の単語がモスクワだったことは聞き取れたので、「モスクワ滞在は何日?」と聞かれたと判断し、"I'm going to St. Petersburg." と返答。「ふぅん」という表情をした後、パスポートとほぼ同じサイズの紙が挟み込まれたパスポートを返却してくれました。これが出国する時に提出する書類ね。ソチオリンピック直前のテロ対策で、入国審査にすごく時間がかかるのではないかと心配していたのですが、待ち時間も含めて入国手続きにかかったのは10分ちょっと。予想外に早く到着ロビーに出ることができました。

今度は乗り継ぎのために到着ロビーから出発ロビーに移動…と思いきや、建物の中の英語表記が見づらくどう行けばよいかわからない(いや、事前にちゃんとロシア語を勉強しとけってことですよね、はい)。なんとか「出発」の表示を見つけ、エレベーターで3Fに。出発ロビーはかなり広く、人であふれているけれど、パッと見た感じ、いかにも日本人なのは私だけ。搭乗ゲートを確認するために、あちこち歩き回ってフライトボードを探すも見当たらない。焦りながら歩いていると、私が大好きなチョコレート菓子、スニッカーズの自販機を発見。しかもサイズが大きい! と思ったら、その自販機の近くにフライトボードが! っていうか、フライトボードというより30インチもなさそうなモニターにフライト情報が表示されているだけ。この広い出発ロビーにこんなに小さいモニター1台だけ!? とりあえず、サンクトペテルブルク行きの自分のフライトを確認するも、搭乗ゲートの表示はなし。「先にセキュリティチェックを受けろってことね」と判断し、セキュリティチェックの場所まで移動。

セキュリティチェックを済ませ、奥に進むとやっと搭乗ゲートが表示されているモニターを発見。ゲートに進む前にトイレに行っておこうと思い、女子トイレに入ると、個室は足元ががっつり見えるタイプのドア。個室自体は大きいのに、便器は日本より小さめで、便座も少し汚れている。「やっぱり日本のトイレが世界一かも」と思わされた瞬間でした。トイレを出て、搭乗ゲート付近まで行くと、出発を待つ人がわんさか。いろいろな顔立ちの人がいるけれど、東アジア系の顔は私を含め3人だけ。空いた椅子に座ると数分もしないうちに搭乗のアナウンス(ロシア語のみ)。人々がゲートに押し寄せる。日本人なら1列か2列に並ぶところだけれど、ここでは団子状態。とりあえず一番後ろに並び、ラッシュが解消された後に搭乗。ちなみにロシアでは国内線でも搭乗時にパスポートの提示が必要です。

機体はエアバスA321。私の席は窓側なので、先に座っていた廊下側の金髪の美しい女性に "Excuse me..." と英語で話しかけると、すぐに席を立ってくれました。"Thank you." とお礼を言うと、"You are welcome." と英語で返してくれてホッ。乗客がどんどん乗り込み、うまっていく座席。その様子を見て思ったのが、「ロシアは白人の国、モバイルの国」。多民族国家といえども、やはり人種としては圧倒的に白人で占められているし、スマホやタブレット、iPadをいじっている人がとにかく多い。隣のおじさんなんか飛行機がボーディングブリッジを離れてもスマホ見ているし。というわけで、ついにサンクトペテルブルク・プルコヴォ空港に向けて出発。窓から外を見て不思議だったのが、星がほとんど見えないこと。緯度が高すぎるせい? それとも空気が汚れているの? モスクワ―サンクトペテルブルク間のフライトは1時間と少しですが、それでも厚切りハムと厚切りチーズのサンドイッチが出されました。食べ終わった頃にはもう着陸の準備がスタート。機体はしだいに降下し、サンクトペテルブルクの夜景が眼下に。東京の夜景と決定的に違うのは、明かりがオレンジか黄色しかないこと。そうこうしているうちにスムースに着陸。もちろん、ここでもボーディングブリッジではなく、タラップで降機し、サンクトペテルブルク・プルコヴォ空港のターミナル1までバスで移動。ついにサンクトペテルブルクに到着しました!

今回はこの辺で。続きはまた後日ということで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

45歳、ブスだけど、27歳の彼氏に会いにロシアに行ってみた (3)

2014-01-30 12:03:12 | ロシア関連
早速ですが、「45歳、ブスだけど、27歳の彼氏に会いにロシアに行ってみた (2)」の続きを。

機体がボーディングブリッジから離れたのが13時ジャスト。予定より5分早かったのですが、長かったのがその後。出発ラッシュだったのか離陸は13時18分。モスクワでの乗り継ぎ時間に余裕がない私にはそれだけでちょっとがっかり。でも、無事に出発できただけでも感謝すべきだった、とすぐに反省。

機長の挨拶の後、キャビンアテンダントの女性がロシア語と英語でアナウンス。その際、「このフライトでは映画上映がありません」と言われ、ちょっとショック。ヒマ、つぶせるうかしら…。続いて別の女性が日本語でアナウンス。声の音量が聞き取りづらい。独特なアクセントの日本語でした。私が乗ったB767のシートは濃いブルーの合成皮革張り。布ではなく合成皮革のシートは私にとっては初めてでした。紺色のクッション(枕?)にはソチオリンピックのロゴの刺繍が。そもそも枕も機内で見るのは初めてだった気がします。ふと外を見ると美しい富士山と美しく連なる雪山。幸いなことに天気にも恵まれた出発でした。

(ここからは日本に帰る飛行機の中で書いている記事です)機体は上昇を続け、窓からはスキー場と思われる場所などいろいろ見えたのですが、ここでは省略。機体が日本海上空に入ったのは恐らく13時45分くらい。そして飲み物のサービスがスタート。おしぼり(ペーパータオル)はソチオリンピック仕様になっていて、描かれている模様がとてもきれい。私が選んだのはオレンジジュース。Richというブランドの、果肉も少し入っているもの。家を出てからほぼ4時間まったく水分を取っていなかったこともあって、とてもおいしい。



食事が提供されるまでしばし「地球の歩き方」を読みながら、サンクトペテルブルクでどこに行くかなどを検討。一番使う交通手段は地下鉄になることを予想し、どの駅周辺にどんな観光施設があるかをメモ。そうそう、前にグルジア料理のレストランで食べたハチャプリ(グルジアのパン)も食べたいな…などと考えていると昼食の時間。メニューはきゅうりの柴漬け(?)の海苔巻き、卵焼きのお寿司、スモークサーモンと茹でたエビの入ったサラダにごまドレッシング。メインは白身魚にマッシュポテトとグリーンピースが添えられ、ホワイトソースがかけられたもの。このホワイトソースが濃厚でとてもおいしい。現地のビーフストロガノフのソースもこんな感じなのかも。デザートはコーヒーソースが添えられたコーヒーケーキ。パンは表面にところどころ小さな粒がついているもの。でも、お腹がすでにいっぱいなのでバッグに入れて持っていくことに。



ランチの後も地球の歩き方をチェック。日本時間の15時15分、気がつくとすでにロシア上空。その後も窓から見える風景をいろいろメモしたのですが、これも割愛。太陽が雲海に沈んでいく、その時の夕陽が本当に美しかったです。廊下側に座る隣の男性が席を立ったので、私も席を立って機内後方のお手洗いに。後方の3人かけシートを一人で占領し、横になって寝ている人多数。確かに、定員に比べて搭乗口付近で待つ人が少ないと思っていたけれど、やはり、このフライトは空席だらけだったということ。私が予約した時点では残り7席しかなく、慌てたけれど、その後に大量にキャンセルが出たのかしら?

日本時間の18時、思いがけずアイスクリームが配られ、テンション急上昇。「エッセル スーパーカップ 超バニラ」の機内用の小さなサイズのもので、喉の乾きもあって最高においしかった。もう2つくらい食べられるほど。機内でアイスクリームをいただいたのは初めてな気が。

日本時間の20時頃、機内の明かりがついてドリンクのサービス。続けてディナーも。かぼちゃのサラダ、ビーフパストラミ、チキンのごぼう巻き、カルボナーラのタリアテッレの上にチキンのグリルがのったもの、黒パンとミルキーウェイ(チョコレート菓子)の小さいサイズのもの。正直先に食べたランチの方が豪華でおいしかったんだけど、ひょっとしてキャビンアテンダントさんが順番を間違えたんじゃ…?



前方のスクリーンには Western Syberian Lowland の上空を通過中との表示。地上にぽつぽつと明かりが見え、ホッとする。さらに3時間が経過し、ついに機体はモスクワ・シェレメーチエヴォ空港への着陸準備。そういえばキャビンアテンダントさんから入国カードをもらってないことに気がつき、隣の男性に「入国カードってもう配られましたか?」と質問すると、「今は自動になっていて、書く必要がないんですよ」とのこと。「自動」の意味がよくわからなかったけれど、とりあえず「そうなんですね。ありがとうございました」とお礼。

機体は降下し続け、いよいよ着陸。「アエロフロートのパイロットはロシア空軍出身者が多くて、操縦技術が素晴らしく、着陸したことも気がつかなかった」みたいなことを何かで読んだので、非常に期待していたけれど、実際は着陸もそれほどスムースではなく、ちょっとがっかり。あと、少し驚いたのが飛行機から降りる際、ボーディングブリッジは使用せず、なんとタラップを機体につけて降りるという点。



タラップなんて2001年にイスラエルのテルアビブ空港以来! 当然のことながら先にビジネスクラスの乗客がタラップを降り、先に専用のバスでターミナルまで移動。私たちエコノミークラスの乗客はその後にタラップを降り、座席のほとんどない大きなバスに詰め込まれる。心の準備なしに突然モスクワの寒さに立ち向かうことになったわけですが、思っていたほど寒くはありませんでした。エコノミーの乗客が全員バスに乗り込み、バスのドアが閉まった時にふとタラップを見ると、清掃スタッフと思われる防寒着に身を包んだ人々がタラップ下で待機。寒い中大変ね…。

とりあえず今回はこの辺で。続きはまた後日ということで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

45歳、ブスだけど、27歳の彼氏に会いにロシアに行ってみた (2)

2014-01-29 13:00:07 | ロシア関連
早速ですが、「45歳、ブスだけど、27歳の彼氏に会いにロシアに行ってみた (1)」の続きを。

出発の前日、アエロフロートのWebで私が乗る飛行機の東京行きのフライトに遅れが発生していないかをチェック。ローマ発モスクワ経由東京行きだったのですが、幸いモスクワには定刻よりも早く到着した模様。これでモスクワ-東京間に遅れが出なければ、私のフライトが遅れることもないはず、と安堵。ついでに私のフライトスケジュールを再確認すると、すでにオンラインチェックインができる状態になっているではありませんか!「え、これで今チェックインしたら、明日いい席を取るために朝早く出発しなくていいやん!」と東京-モスクワ間、モスクワ-サンクトペテルブルク間ともにほいほい座席を選び、チェックイン!「ボーディングパスをメールする」というボタンがあったので、「あ、これで携帯画面を見せればボーディングパス代わりになるわけね」と思い、そのまま送信。しかし、メールで送られてきたのはボーディングパスのpdfファイル。「これを印刷してボーディングパスとして使ってください」とのこと。なにいぃぃぃぃ! 私、家にプリンタないのにぃぃ! 近所にネットカフェもなく、pdfファイルをプリントできる環境がないっ! 成田空港でもネットが使える場所はあっても、印刷までできそうなところはなさそう。いろいろ考え、成田空港に向かう前に、通勤で使用している定期券で一駅の隣町まで行き、そこにあるネットカフェで印刷することにしました。それでもチェックインは終わっているので、ぎりぎりに成田到着でも大丈夫だろうとタカをくくり、家を出る時間を当初の予定より1時間遅らせた私。このせいで次の日に悲劇が起ころうとは考えてもみませんでした。

そんなこんなでいよいよ出発当日。飛行機が事故にでも遭い、結局Aに会えない可能性もあるので、彼に「これが最後かもしれないから」と長めのメッセージを送信。荷物は写真のとおり。体重計で測ってみると、バックパックは6.7kg、ショルダーバッグはちょうど1kgでした。



家から一駅のネットカフェに向かう電車の中、そのチェーン店の会員カードを忘れたことに気がつき、パニック。旅行で使わないカードはすべて財布から抜いてしまっていたのです。「うわー、やっちゃった。でも最悪また新規会員になればいいか」と考え、お店に到着。カードを忘れたことを店員さんに告げると、「お名前が確認できるもの、ありますか?」と言われたので、クレジットカードを渡しました。「生年月日を教えてください」と言われたので、それも申告。店員さんはパソコンの画面から残念そうな表情で視線を私に移し、「お客様は他店でカードをお作りになっているため、ここでは情報が確認できません。新規でお申し込みいただくことになります」とのこと。もちろんそのつもりだったので、「わかりました」と答えると、「それでは健康保険証か運転免許証をお願いします」と店員さん。ガーーーン! もちろん健康保険証も運転免許証も旅行にはいらないと、家に置いてきたーーー! 私:「すみません、これから旅行に行くのでどちらも持っていません」、店員さん:「身分が確認できるものをお持ちでないと会員登録はできないので…」。ごもっとも。私はあっさりあきらめお店を出ました。

どうする、どうする? 家に帰って保険証を取ってくる? いや、それだとフライトに間に合わなくなるかもしれない。アエロフロートに電話して、印刷した紙がなくても搭乗できないか聞くことにしました。万が一の時のためにスマホの電池はできるだけ使いたくなかった(今考えるとたかだか電話番号を調べるのにそれほど電池を使うとも思えません。冷静な判断ができなくなっている証拠ですね)ので、わざわざ公衆電話に100円玉を入れ(テレフォンカードはちゃんと持っているのに、わざわざ小銭を使ったのも冷静な判断ができなくなっている証拠です)、104でアエロフロートの電話番号を確認。すると、「アエロフロートでのお届けはありません」という信じられない回答! 代わりに成田空港の電話番号を聞き、そこに電話し、アエロフロートの番号を教えてもらいました。つまり、100円の無駄遣い、2回目。

そしてアエロフロートに電話(3回目の100円の無駄遣い)し、事情を説明すると、「紙がなくても大丈夫です。バッグドロップカウンターでチェックインしてください」とのこと。とりあえずほっとしたものの、わざわざpdfファイルを印刷するために隣町まで来た私は何だったんだと悲しくなりました。公衆電話を出て駅に向かう途中、成田方面への電車が目の前を通りすぎ、愕然。この騒動で予定よりも15分近く時間をロスしていて、これはかなりヤバイんじゃ…と再びパニック。スマホで成田空港までの時間を調べると、京成の普通から特急に乗り換えて成田空港に着く時間は一番早くて12時55分。フライトは13時5分、搭乗予定時間は12時25分、チェックインの時間も必要だし、ドコモのカウンターにも立ち寄りたいし、もちろん出国手続きもしなくちゃいけないし、時間足りなくない? その時間より早く空港に着く方法はただ一つ、逆方向の日暮里に行き、そこからスカイライナーに乗って成田に向かうこと。でも日暮里での乗り継ぎ時間がたった4分しかなく、スカイライナーにも乗れないかもしれない! どうする、どうすると考える間もなく成田方面の普通電車が到着。「スカイライナーに乗る!」と意を決した私はその電車を見送り、すぐ後に逆側のホームに来た上野行きの電車に乗ったのでした。

日暮里につくと駅員さんに「すみません、45分発のスカイライナーに乗りたいんですが!」と聞くと、私が慌てていることを察してくれたのか「早くあそこの券売機で特急券を買ってください」との返答。なんとかクレジットカードで切符を買い、ホームへのエスカレーターを上がっている途中で成田空港行きのスカイライナーが到着。何とか列車に滑り込み、ギリギリセーフ。間一髪で間に合いました。ちなみに新しいスカイライナーには初めて乗ったのですが、速いし、部分的に窓から見える風景も在来線とは違うし、乗り心地も快適でとても良かったです。

スカイライナーに乗ってから気がついたのは、ネットカフェで必要だった身分証明書はパスポートでも良かったのではないかということ。はー、今頃こんなことに気がつくなんて…などと考えていたら、あっと言う間に成田空港に到着。お客さんがみなスーツケースを押している中、バックパックは私だけ。日暮里で買った切符を改札に通すと、駅員さんに「お客さん、乗車券も出してください」と呼び止められました。何のことかわからずオドオドしていると別の女性の駅員さんが、「さっきのは特急券だったんです。パスモとかお持ちですよね?」ああ、そういうことか! 海外だけでなく、旅行自体にも遠のきすぎて、乗車券と特急券の違いすら忘れていた私でした。というわけで、パスモで再び改札を抜け、北ウィングの出発カウンターに直行。

アエロフロートのカウンターは閑散としていて、お客さんは一人だけ。でもそこがバッグドロップの窓口だったため、その男性の後ろに並びました。そのお客さんへの対応が終わるのを私が辛抱強く待っていると、「お客様もチェックインですか? あちらのカウンターでどうぞ」とやっとスタッフさんから声が。「オンラインチェックインしているのでこの窓口じゃないとダメですよね?」と聞くと「あちらでも大丈夫です」とのこと。なんだよー、早く言ってくれよー。というわけで、そちらの窓口で手続き。カウンターの女性:「液体は一切機内に持ち込めませんが、手荷物に入っていないでしょうか?」、私:「ジップロックの袋に入れているので大丈夫ですよね?」と逆に質問すると「いえ、1月11日からソチオリンピックが終わるまで液体は一切禁止です。モスクワで没収されてしまいます」とのこと。マジィィィ? 私:「乗り継ぎ時間が短いので預けたくないんですが…」、女性:「それではモスクワで没収されてしまいますが、よろしいですね?」、私:「いえ、それは困ります。じゃあ、預けます」というわけで、必要な物だけ取り出し、バックパックを預けました。搭乗券を私に手渡した後、「サンクトぺテルブルクまでスルーにしてありますので、モスクワでの引き取りは必要ありません」とのこと。どうか、荷物が無事でありますように…。

それからドコモの窓口に向かいました。カウンターのお姉さんに「ロシアにこれから行くんですが、現地のWi-Fiだけ使うにはどうすればいいですか?」など質問。丁寧に教えてくれて、マニュアルのようなものももらえました。ドコモユーザの方で海外での携帯電話やスマホの使い方に不安がある方は出発前に立ち寄ることをおすすめします。

時刻は12時前。お腹は減り、喉も渇いてはいるものの、機内食があるので、飲食店で食べるわけにもいかないし、液体を機内に一切持ち込めないのでペットボトルを買うのももったいない。というわけで、そのままセキュリティチェックに。平日の昼間なのにかなり混雑している様子。そのまま出国手続きに行くと、こちらは混雑なしでちょっと拍子抜け。そのまま搭乗口に向かいました。出発準備中のアエロフロートの機体には Л. Толстой というキリル文字。L.トルストイ、つまり作家のトルストイの名前がつけられていました。1枚写真を撮り、搭乗時間まで待機。搭乗口周辺にいるお客さんの数はどう考えても定員よりはるかに少なく「飛行機、ガラガラかも」と予想。12時30分過ぎに搭乗開始。チーフパーサーと思われる太ったロシア人の中年男性が私の顔を見て「コンニチワ」と挨拶。隣の席には20代後半から30代前半くらいに見える日本人男性。「すみません」と声をかけて窓際の席につくと、母親に出発する旨のメールを送信。

とりあえず今回はこの辺で。続きはまた後日ということで。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

45歳、ブスだけど、27歳の彼氏に会いにロシアに行ってみた (1)

2014-01-28 12:46:52 | ロシア関連
この記事を書いている私は今ロシアのモスクワに向かう飛行機の中(残念ながら記事をアップロードするのは日本に帰ってからのはずですが)。このブログの愛読者様ならすぐピンとくると思いますが、これから書くのは「44歳、ブスだけど、27歳に告白してみた」シリーズの続編で、私がついにAに会いに行き、その後どうなったかという話。あ、以前は秘密にしていました(でもカンのいい方はきっと推測していたでしょうね)が、Aはロシア人で現在サンクトペテルブルク在住なのです。

まずは簡単に旅の手配について。航空会社は時間的に一番無駄がなく、かつ料金も安いアエロフロート・ロシア航空のモスクワ経由東京-サンクトペテルブルク間のフライトにしました。いろいろな格安航空券のサイトをチェックしましたが、一番安かったのはHISとDeNAトラベル。アエロフロートは予約の際にパスポート番号が必須で、HISのサイトではオンライン予約申し込み時にパスポート番号も入力しなければならず、断念(そう、実はサンクトペテルブルク行きを決めた時の私は有効なパスポートすら持っていなかったのです)。一方、DeNAトラベルだと予約申し込み時にはパスポート番号の登録は必須でなかったので、DeNAトラベルを選びました。でも、予約申し込み後すぐに「早急にパスポート番号を登録してください」とメールが来て「パスポートは現在申請中で、来週月曜日には受け取れるのでもう少しだけ待ってください」と電話でお願いしたという次第。パスポート受領後、すぐにDeNAトラベルのサイトでパスポート番号を登録し、なんとか無事にフライト予約完了。

ビザについてはいろいろ面倒だったので、代行申請サービスを利用しました。費用はかかりますが、とてもスムースな対応をしてくれたので、任せて良かったと思っています。

実は海外旅行は8年ぶりの私。これまで留学は二度経験、海外旅行はもちろん、昔は海外出張にも何度か行っていたのに、すっかり海外から遠のいてしまっていました。機内に液体を持ち込むには透明なプラスチックの袋に入れておかないといけないことすら知らず、友達からその話を聞いてびっくりしたほど。さらに、私はロシア語がほとんど話せない!というわけで、気分はまるで海外旅行初心者。ロシア語会話本2冊に「地球の歩き方 ロシア2012年~2013年版」も買って、慎重に旅の準備を進めました。

荷物で一番心配だったのは服装。この時期のサンクトペテルブルクは最高気温が-10度なんて当たり前。「10年前に北京で1年間暮らした時(北京も寒さが厳しいので)はどんな服を着てたっけ?」と思い出しつつ、友人たちの意見も参考にし、基本的にはユニクロのヒートテック、ネル生地の長袖シャツ、ユニクロのウルトラライトダウンのパーカー、その上にフードつきの防寒コートを着ることに決定。もう一つ悩んだのが、Aへのおみやげ。これについてはまた後日書くつもりです。

この時期は日本からサンクトペテルブルクへの直行便がなく、モスクワ経由にせざるをえなかったのですが、乗り継ぎ時間が往路では1時間35分、復路では1時間10分と非常に短いのも不安でした。荷物を預けると余計な時間がかかると思い、手荷物としてバックパックを使うことに決定。まさか45才になってもバックパックで旅するとは思ってもみませんでしたw

飼っているうさぎについては当初これまで何度か利用したペットホテルに預けるつもりだったのですが、電話をかけてもつながらず、どうやら廃業してしまったよう。どうしようかといろいろWebを検索してたどりついたのが、あるペットシッターさん。留守中に鍵を預け、家に入られるのはかなり不安だったのですが、一度家に来ていただき、直接お話をして、お願いすることに決めました。

とりあえず今回はこの辺で。続きは後日書かせていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年に観た映画+目標の達成度(4)

2014-01-25 23:59:59 | 映画!
1月1日の日記で、2014年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。1/19から1/25までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

7 1/21 ビフォア・ミッドナイト ○ (ル・シネマサービスデーで1,000円)
8 1/25 フランケンシュタイン ◎に近い○ (おごってもらったので0円)

合計 2作品(2回) 1,000円

はい、今週も2本しか観ていません。今回は『フランケンシュタイン』をおごってもらったので、1回あたりの料金は500円! このブログで映画を「おごってもらった」って書くの、たぶん初めてじゃないですかねw というわけで、今回も余裕でセーフです。

さて、今週お勧めしたい映画は『フランケンシュタイン』。英国ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台を、最新技術によりデジタル映像化し世界の映画館で上映する「ナショナル・シアター・ライヴ」。ラッキーなことに私はベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーがダブル主演し、ダニー・ボイル監督が演出した『フランケンシュタイン』を旅先のサンクトペテルブルクで一足先に観ることができました。私が観たのはベネディクト・カンバーバッチがフランケンシュタイン博士、ジョニー・リー・ミラーが怪物役のバージョン。事前知識ゼロで観たので、冒頭のジョニー・リー・ミラーの衣装と演技に完全に度肝を抜かれました。さらに、ベネディクト・カンバーバッチもあの怪物を演じると聞いてびっくり。ジョニー・リー・ミラーがあまりにもハマっていたので、ベネディクト・カンバーバッチの怪物というのが正直想像できません。ちなみに演出がダニー・ボイルだと知ったのも作品を観た後。でも、演出は言うまでもなく、キャスティングにも非常にボイルらしさを感じました。というわけで、まったく作品の紹介になっていませんが、絶対に観る価値のある作品だと思います。日本での公開は2月14日。ぜひ劇場でご覧ください。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。

あと、2014年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行く」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行く
今週はジムで
1/19 HIPHOP 60分
1/22 ヨガ 45分
を実践しましたので、目標クリア!

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
今週はついに目標の22%台に突入! さあ、どれだけ維持できるか!?

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
今週は23日から旅に出ていたため、19日から23日朝までの数値です。起床後と夜に測定した数値の1週間の平均値が、上116、下が83。上が改善、下は先週と同じでした。

目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける
今週も去年終わらせることができなかった大掃除の続きを。炊事の方はダメでした…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Deathswitch.com をご存知ですか?

2014-01-22 16:10:24 | 日記
どんなに若くて健康的でもいつ死ぬかわからない、それが人間ですよね。例えば今このブログを書いている私が、1時間後に交通事故に遭い、即死する可能性だってあるし、たとえ死ななかったとしても、脳に重大なダメージを受け、昏睡状態がずっと続く可能性もあるわけです。突然そんなことが起こっても、いや突然そんなことが起こったからこそ、家族や大切な人に伝えなければならないことがあるはず。でも、あらかじめ遺言や大切な人へのメッセージを書いておいて「遺言はここに置いておくからね」なんて言ったりしたら、家族は「遺言なんて縁起でもない!」「あなたは自殺でもする気なの?」なんて余計な心配をかけかねないです(私の母親なんかきっと泣き出すと思います)。

じゃあ家族や大切な人に余計な心配はかけずに、でも万が一の時に重要なことを伝えるにはどうすればいいか、考えてみました。私が考えついたのはFacebookやTwitterなど多くの人が毎日ログインするSNSなどで「遺言自動送信オプション」みたいなものを作ってもらい、そこに万が一の時のために送信したいメッセージを暗号化して保存しておき、ある一定期間ログインがなければ、「ログインが○日間ないけど、あなたは無事ですか?」のような確認メールが本人に送信され、それに対しても何のリアクションもない場合は、本人が亡くなったかあるいは事故等で危険な状態に陥っているとみなし、保存しておいたメッセージが登録していた人物のメールアドレスあてに自動送信される、という仕組み。遺言としては法的効力を持たないかもしれませんが、何もしないでおくよりは残された人々にとって良いように思います。

というわけで自分で「結構いいアイディアやん。お金貯めてこんなサービス立ち上げてみようかしら」なんて思ったのですが、ググってみたら、似たようなサービスはすでにいくつもありましたw それらの中でも私が一番良いと思ったのが、Deathswitch.com のサービス。私が考えていたことと酷似しているのですが、まずは Deathswitch.com の会員になり、メッセージと送信先を登録。また、Deathswitch.com からの生存確認の頻度や、万が一の状況になった場合のメール送信のタイミングもあわせて設定しておきます。メッセージは英語でのみ書けるのかと思っていたのですが、メールで問い合わせたところ、何語で書いても問題ないようです。また、メッセージにはファイルを3つまで添付可能で、まさに至れり尽くせり。ちなみに無料で利用できるのは1つの送信先のみで、メッセージに添付ファイルをつけることもできません。複数の送信先・メッセージにする、ファイルも添付する場合は有料となります。

あと、メッセージは何語で書いても良いと書きましたが、サイト自体はすべて英語で書かれていて、送信メッセージの冒頭に表示される説明文も英語です。なので実際に使用するなら英語がある程度読めなければならないと思います。とは言っても決して難しい英語で書かれているわけではないので、興味がある方はまずはサイトを覗いてみてください。

ちなみに私はすでに会員登録し、メッセージと送信先、生存確認の頻度とメッセージ送信先のタイミング、すべて設定済みです。これで万が一私に何か起こっても大丈夫!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

עברית

2014-01-20 13:06:01 | ヘブライ語
".ביפן יש אומר "אם הרוח נושבת מקבלי דלי עושה רווח.
.משמעות הדבר היא, כל אירוע יכול להביא תועלת בדרך לא צפויה
?למדתי עברית ולמדתי שהאימרה נכונה. איך
.עכשיו יש לי חבר רוסי מפני שלמדתי עברית

.כפי שאתם יודעים, קשה לבטא עברית כראוי כשלא נכתבות תנועות בטקסט
.Forvo לכן התחלתי להשתמש מילון מקוון הגייה שנקרא
.Forvo בכל פעם שאני רוצה לדעת איך לבטא מילים עבריות, אני מתייעצת על
.במקביל אני מוצאת מילים יפניות לבטא נשארות בלי הדגמת ההגייה
.הצטערתי מאוד על זה
.אז התחלתי לבטא מילים יפניות
.יותר מאלף מילים

.יום אחד קיבלתי הודעה מאדם רוסי
.הוא לומד יפנית
.Forvo-הוא הודה לי על ההיגוי שלי של המילים היפניות ב
.הייתי מאוד מופתעת כי אף אחד לא הודה לי על ההגייה שלי עד אז
.מאז התחלנו להתכתב. אנחנו מחליפים הודעות כמעט כל יום
.שישה חודשים חלפו. עכשיו אנחנו נעשים חברים טובים

.כך קרה שיש לי חבר רוסי
.עם זאת, זה לא סוף הסיפור
.אמנם למדתי עברית קשה מאוד
?אבל אני צריכה להפסיק את זה. למה
.מפני שאני רוצה ללמוד רוסית, לדבר איתו ברוסית
.זה נשמע מוזר
.אבל לימוד עברית גרם לי להפסיק ללמוד עברית
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年に観た映画+目標の達成度(3)

2014-01-18 21:09:21 | 映画!
1月1日の日記で、2014年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。1/12から1/18までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

5 1/14 ソウルガールズ ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
6 1/16 スノーピアサー ○ (試写会で0円)

合計 2作品(2回) 1,000円

はい、今週も2本しか観ていません。今回は試写会に行けましたので、1回あたりの料金は500円! 余裕でセーフです。

さて、今週お勧めしたい映画は『ソウルガールズ』。オーストラリアの先住民族アボリジニの4人組女性ボーカルグループ「サファイアズ」をモデルにした物語。歌がどんなにうまくてもアボリジニであるという理由だけで差別を受ける彼女たち。もともとはカントリーを歌っていた彼女たちがソウルミュージックと出会い、ベトナム戦争下でアメリカの兵士たちのために歌うことに。この作品で一番印象的だったのが、選曲。最初から最後まで歌が本当に素晴らしく、特にリードボーカル、ジュリー役のジェシカ・マーボイの歌に聴き惚れました。驚いたのは『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でアイルランド訛りの警察官を演じたクリス・オダウドの歌声。今回は「サファイアズ」のマネージャー、デイヴ役だったのですが、あんなに歌がうまいとは予想外でした。音楽だけでなくラブストーリーとしても楽しめる作品です。ぜひ劇場でご覧ください。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。

あと、2014年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行く」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行く
今週はジムで
1/12 HIPHOP 60分
1/15 ヨガ 45分
1/17 ピラティス 45分
を実践しましたので、目標クリア!

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
せっかく先週23%台まで落としたのに、三連休で再び26%台まで上昇。今週は24%台までしか落とせず自己嫌悪。

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
起床後と夜に測定した数値の1週間の平均値が、上118、下が83。今週も上下ともに先週よりも少し数値が悪くなってしまいました。

目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける
今週も去年終わらせることができなかった大掃除の続きを。炊事の方はパエリャを作ってみました。シーフードをふんだんに使って大満足。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラストスパートだよ、ヘブライ語 (6)​

2014-01-17 23:59:59 | ヘブライ語
水曜日はヘブライ語基礎・中級講座の基礎Ⅳコースの第5回目の授業でした。授業が始まる前、先週提出した作文(に先生が赤字を入れたもの)と先生が一部表現などを修正し、テキストエディタで打ち直したものが返却されました。その内容をチェックし、締め切りまでに再度提出すれば、授業の最終日に修了証がもらえるはず。作文の最終稿はこのブログにもアップするつもりですので、お楽しみに(日本語訳はつけませんので、オンライントランスレーター等をご利用ください)!?

今回の授業は「初めてのヘブライ語 (11)」やそれ以降でも何度か出てきた、前置詞を表す文字 ל の後につけて「~に」を表現する人称接尾辞の復習からスタート。例えば「私に」であれば「לי (リ)」「あなたに」であれば「לך (男性に対してはレハ、女性に対してはラフ)という形。もちろんこれらの単語を使った文章の発音と訳も練習。続いて「初めてのヘブライ語 (8)」以降何度も出てきた、所在、存在(「ある」「ない」など)をあらわす「イエシュ」と「エイン」の復習。こちらは30以上の例文を使ってたっぷり発音と訳の練習。

お次は「初めてのヘブライ語 (9)」で出てきた名詞につく人称接尾辞のおさらいと、語尾が ה で終わる女性名詞のパターンの学習。この場合、語尾の ה が ת に変化して接尾辞がつきます。例えば「彼の律法」だと「תורהו」ではなく「תורתו (トラト)」に、「私の律法」だと「תורהי」ではなく「תורתי (トラティ)」になるという具合。もちろん発音と訳の練習問題にも挑戦しました。

ガラリと変わって今度は「与える」を意味するパアル動詞「נתן (ナタン)」の現在形・過去形・未来形・命令形を学習。もちろん性・数によって変化するのですが、これが今まで学んだパターンとは違うかなり不規則な変化。というわけで、これも丸暗記するしかなさそうです。一通り変化を学んだ後は発音と訳の練習。

続いて、このブログでも二度すでに登場しているヨナタン・ゲフェンの「הצריך הזה (ハツァリーフ ハゼ、この「しなければならない」というやつ)」というタイトルの詩の発音と訳に挑戦。文法的には単純なのですが、新しい単語が多くて訳すのは一苦労でした。ググってみるとこれも歌になっていました。興味がある方はこちらで聞いてみてください。歌詞にぴったりのけだるいメロディーと歌い方です。

今度は「איריס עייפה (イリス アイエファ、イリスは疲れている)」というタイトルの文章の発音と訳。ここで難しかったのは「ואז בלי לחשוב הרבה」という一文の訳。直訳すると「それではたくさん考えることなしに」となりますが、こなれた日本語がなかなか出てこずに苦労しました。「じゃあ、深くは考えないってことで」みたいな感じでいいんですかねw

授業の最後は「החומה - שער האריות (ハホマ ― シャル ハアラヨット、城壁 ― ライオン門)」という文章の発音と訳に挑戦。ライオン門はエルサレム旧市街の城壁にある門の一つで、オスマン・トルコのスレイマン大帝による城壁の修復事業において作られたもの。なぜライオンなのか、ということが説明されていたのですが、これが非常に興味深かったです。どんな由来か気になる方はぜひ「ライオン門 オスマン・トルコ スレイマン大帝」でググってみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年に観た映画+目標の達成度(2)

2014-01-11 23:59:16 | 映画!
1月1日の日記で、2014年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。1/5から1/11までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

3 1/7 バックコーラスの歌姫たち ○ (ル・シネマサービスデーで1,000円)
4 1/10 大脱出 ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)

合計 2作品(2回) 2,000円

はい、今年は「観る回数を100回以下にする」のも目標になっているため、今週も2本しか観ていません。今回も2本とも1,000円でしたので、1回あたりの料金ももちろん1,000円! セーフです。

さて、今週お勧めしたい映画は『バックコーラスの歌姫たち』。マイケル・ジャクソン 、ミック・ジャガー、ブルース・スプリンスグスティーン、スティーヴィー・ワンダー、スティングなど有名なアーティストたちのバックコーラスを務めている/いた人々(タイトルは歌姫となっていますが、男性もいます)を描いたドキュメンタリー。彼らやスターたちのインタビュー映像だけでなく、古い映像もふんだんに使用されています。特にティナ・ターナーの若い頃のダンスには度肝を抜かれました。ソロデビューできた女性がいる中、まったく違う道に方向転換する女性もいて、音楽業界だけでなく、他の分野でも、実力があっても光が当てられず、夢をあきらめる人々がいることを思い起こしました。でも、結局一番重要なのは、神から与えられた才能をどう使うかなんだろうなぁと。音楽が好きな方に特にお勧めしたい作品です。ぜひ劇場でご覧ください。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。

あと、2014年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行く」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行く
今週はジムで
1/5 HIPHOP 60分
1/8 ヨガ 45分
1/10 ピラティス 45分
を実践しましたので、目標クリア!

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
今週の始めは休暇明けということもあって体脂肪率は26%台でしたが、週の終りには23%台まで落としました! この調子で22%台までいきますわよ!

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
起床後と夜に測定した数値の1週間の平均値ですが上117、下が82。上も下も先週よりも少し数値が悪くなってしまいました。

目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける
今週も去年終わらせることができなかった大掃除の続きを頑張りました。が、炊事まで頑張る気力は残っておらず、たいしたものは作れませんでした…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラストスパートだよ、ヘブライ語 (5)​

2014-01-09 22:19:38 | ヘブライ語
水曜日はヘブライ語基礎・中級講座の基礎Ⅳコースの第4回目の授業でした。「ラストスパートだよ、ヘブライ語 (1)」で書いたとおり、Ⅳコースの修了証をもらうためには作文の提出が必要なのですが、1月は忙しくて書く時間がないことを予想し、去年のうちに作文を書き上げた私は、早速、授業の前に先生に提出。もちろん提出の早さではクラスで一番でした。先生は作文にさっと目を通し、内容について私に2つほど質問。恐らく来週の授業で添削されたものが返却され、それを清書して2月12日までに再度提出すれば、なんとか修了証はもらえるはずです。とりあえず、ホッ。

もちろん作文を提出したからといって授業をおろそかにすることはできません。今回最初に学んだのはパアル動詞の受動分詞、いわゆる受身の形です。例えば、「モーセはその窓を閉める」は「.משה סוגר את החלון (モシェ ソゲル エット ハハロン)」になりますが、窓を主語にした「その窓は閉められている」という受身の文章は「.החלון סגור (ハハロン サグール)」になります。סוגר (ソゲル) の受身が סגור (サグール)というわけです。もちろん、この受動分詞も主語の性・数によって変化します。というわけで、受動分詞を使った文章の発音と訳の練習と、主語の性・数に合わせて変化させる問題に挑戦。

あと、イスラエルではお店のドアなどで「פתוח (パトゥアフ)」や「סגור (サグール)」という受身の表示をよく見かけるそうですが、どういう意味かわかりますか? פתוח は開いている、つまりお店は営業中、סגור は閉まっている、つまり閉店しているということです。ちなみにレストランのテーブルに「שמור (シャムール)」という表示があったら、守られている、つまり予約席ということだそうです。

続いては前回の授業の「身体の状態を表す形容詞」の復習。前回は単語の発音と性・数による変化を学ぶだけにとどまりましたが、今回はこれらの形容詞が使われた文章の訳や主語の性・数によって変化させる練習に挑戦。さらには「動詞 ハヤ」(「少し慣れてきたヘブライ語 (7)」参照)を使って文章を過去形にも変化させる練習も。私は相変わらず動詞の過去形の変化も苦手で、回答に四苦八苦してしまいました。

お次はガラリと内容が変わって、連結語と形容詞。前回の授業で復習した連結語に形容詞を付けて修飾する場合、形容詞は連結語の後につきます。連結語+形容詞で注意しなければならないのは、その形容詞が連結語の核名詞を修飾しているのか、属名詞を修飾しているのかを観察すること。例えば「מלך עיר גדול (メレフ=王、イール=町、ガドール=偉大な)」だと、「偉大な」は「王」を修飾するのか「町」を修飾するのかおわかりになりますか? メレフは男性名詞、イールは女性名詞で、その連結語を修飾するガドールは男性形なので、「偉大な」は「王」を修飾していることがわかります。「つまり町の偉大な王」ということです。

また、形容詞によって修飾されている連結語に定冠詞がつく場合は、連結語の属名詞と形容詞の両方に定冠詞がつきます。例えば「מלך העיר הגדולה (メレフ ハイール グドラー」などですが、この場合は「偉大な」がグドラーと女性形になっていますので、町を修飾することになり、「偉大なその町の王」ということになります。このように連結語が男性名詞と女性名詞にきっちり分かれている場合は、簡単なのですが、男性名詞どうしの連結語や女性名詞どうしの連結語だと、それにつく形容詞が核名詞を修飾しているのか、属名詞を修飾しているのかパッとわかりません。このような場合はその一文だけでなく、コンテクストで判断するしかないようです。

授業の最後は連結語につく述語としての形容詞について学習。連結語に形容詞が述語としてつく場合は、原則として核名詞に性と数を合わせます。例えば「その王の娘は賢い」だと「.בת המלך חכםה (バット ハメレフ ハハマ)」になります。連結語の述語として形容詞が使われている文章の発音と訳をひととおり練習した後は、連結語につく形容詞が修飾語なのか述語なのかを判断する問題の練習。例えば「.נערי המלך החזקים」だと「その王の強い若者たち」という意味ですので、形容詞 חזקים は修飾語です。「.מי הנהר רבים」なら「その川の水量は多い」ですので、形容詞 רבים は述語となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

44歳、ブスだけど、27歳に告白してみた (8)

2014-01-07 22:30:18 | ロシア関連
あっと言う間に3週間も経ってしまいましたが、「44歳、ブスだけど、27歳に告白してみた (7)」の続きを。

18. 香港行きは中止
「正月休みに香港で会おう!」とAが提案してくれたものの、この時期の日本から香港の往復航空券は最低でも20万円ということにすっかり心が折れそうになった私。でも、Aにはなんとしても早く会いたかったので、思い切ってAにこんなことを聞いてみました。「正月休みの香港は航空券が高すぎるので、私があなたの国のビザを取って、1月の下旬か2月にあなたに会いに行ってもいい?」

Aからどんな反応があるかちょっと不安だったのですが、彼からの返事は「香港行き中止を提案してくれてうれしかった。正直、香港には行きたくなかったんだ。でも、ビザを取らずに早く会うには香港が便利だと思って…」とのこと。「本当は行きたくなかったのに、私に会うために香港行きを提案してくれたんだ」と知り、Aの気遣いに胸が熱くなりました。

というわけで、結局、私がAの国に行くことになりました。ヨーロッパで行ったことがあるのはイタリアだけの私にとってまったく初めての国。フライトとホテルは予約済み、ビザも無事にGET、出発の準備は着々と進んでいます。心配なのは言葉。私はAの国の言葉がほとんど話せないし、Aも日本語は全然ダメで英語も苦手。スマホにAの国の言葉の辞書をインストールしたり、指さしでコミュニケーションできる会話本を買ってはみたものの、どこまで意思疎通できるか想像がつきません。とにかく、少なくとも空港で無事に会えるよう、携帯電話でSMSメッセージができるようにはしました。

というわけで、不安だらけではありますが、7ヶ月もの間パソコン上で文字だけのやりとりを続け、紆余曲折ありつつもAとついに会えるなんて夢のようです。いや、本当に会えるのかわかりませんが、とりあえずこの「44歳、ブスだけど、27歳に告白してみた」シリーズはこれで終わりにしたいと思います。醜いおばさんの体験記を最後までお読みくださり、ありがとうございました。

ひょっとするとAと実際に会うまで/会った後の出来事や、Aの国の旅行記をまたアップさせていただくかもしれません。お楽しみに!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014年に観た映画+目標の達成度(1)

2014-01-04 23:59:10 | 映画!
1月1日の日記で、2014年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。1/1から1/4までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

1 1/1 パリ、ただよう花 ○ (映画サービスデーで1,000円)
2 1/1 ハンナ・アーレント ◎に近い○ (映画サービスデーで1,000円)

合計 2作品(2回) 2,000円

「え、たった2本?」と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、今年は「観る回数を100回以下にする」のも目標になっているため、基本的に週2回のペースになってしまいます。がっかりされた方、申し訳ありません。『ハンナ・アーレント』は2012年に鑑賞しており、今回は2回目の鑑賞でしたが、年が違いますので、1回目としてカウントしています。今回は2本とも1,000円でしたので、1回あたりの料金ももちろん1,000円! 1年を通してこの調子で行ければと思います。

さて、新年最初にお勧めしたい映画は『ハンナ・アーレント』なのですが、実はこの作品については「2012年に観た映画(43)」で書いていますので、今回は『パリ、ただよう花』について書きたいと思います。この作品、予告編と「どんなにセックスを重ねても、愛には届かない」というキャッチフレーズから、主人公ホア(花)が気まぐれに男性遍歴を重ねるだけの物語かと思っていたのですが、実際はちょっと違っていました。ホアはただのふしだらな女性というわけではなく、真実の愛を探しているだけという印象を持ちました。しかも、ホアが関係を持つ男性はみな彼女に対して常に誠実とは言えず、彼女が気の毒に見えるシーンも少なくありません。特にマチューの言動は時々本当に意味不明で個人的にも腹立たしく感じました。が、マチュー役のタハール・ラヒムの演技は素晴らしく、これもこの作品の見どころとなっていると思います。はたしてホアは真実の愛を見つけられるのか、劇場でお確かめいただければと思います。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。

あと、2014年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行く」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行く
今週はジムで
12/29 HIPHOP 60分
1/3 ウォーキング1時間
を実践しました。12/29は今年ではありませんが、今日はまだ4日ですし、12/29は今週ですので、目標はクリアしたとみなします。

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
暴飲暴食の年末年始にはこれは不可能ですw 体脂肪率は25%後半と26%前半の間でとどまりました。来週からは頑張るぞ!

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
起床後と夜に測定した数値の1週間の平均値ですが上116、下が80。去年から同じことを書いていますが、やはり下が高めなのを何とかする必要があります。

目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける
新年早々2日から大掃除(去年終わらなかったので)。クリームシチューも作りました。私にしては頑張ったと思います。エコは・・・来週から頑張ります。

どの目標も通常の生活に戻る来週からが本当の勝負。やったるでぇー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年の私の重大ニュースと2014年の目標

2014-01-01 22:47:54 | 日記
新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします!

2013年1月3日の日記「2013年の目標」で5つの目標を立てましたが、12月30日および31日の日記でご報告したとおり、私の努力不足で残念ながら2つしか達成できませんでした。で、普通はこの流れで2014年の目標を発表するものでしょうが、その前に2013年の私の重大ニュースを発表したいと思います。

10位 年末年始の連休で家事とエコに目覚めた

9位 Twitterのフォロワー数が400を超えた!

8位 このブログの訪問者数の目標を達成した!
これはちょっと説明させてください。「2013年の目標」には書いていなかった(というか書くと結果に影響が出かねないので書けなかった)のですが、実はこっそり「このブログの1日の訪問者数を毎日100以上でキープする」という目標を立てていたのです。で、1年を通した結果ですが、訪問者数は100を下回ったことは皆無、その上ほぼ毎日200~300あり、多い日には500を超えることもありました。みなさま、ありがとうございました!

7位 下半期、映画館に行くのが億劫になった

6位 ついに更年期障害が始まった!(詳細は「更年期障害」シリーズをご覧ください)

5位 Forvoを使い始めて、エディタにもなって、新しい外国人の友達ができた!(詳細は「Forvo」シリーズをご覧ください)

4位 長年の夢だったヘブライ語を勉強し始めた!(詳細は「ヘブライ語」シリーズをご覧ください)

3位 ポール・マッカートニーのライブを観た!(詳細は「PAUL McCARTNEY OUT THERE JAPAN TOUR」シリーズをご覧ください)

2位 頸椎症になって将来は半身不随になるかもと不安だったけれど、薬で治った!(詳細は「頸椎症になりまして。」シリーズをご覧ください)

1位 44歳で彼氏ができた!(詳細は「44歳、ブスだけど、27歳に告白してみた」シリーズをご覧ください)


上記の重大ニュースをふまえ(?)、今年の目標は以下に決定しました。

目標1. 週に最低2回はジムに行く
2013年と同じ目標ですが、今年もこれに挑戦したいと思います。

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
これも2013年と同じ目標ですが、去年はダメダメだったので、早く22%以下に落として、それをずっとキープしたいと思います。そのためにも目標1で掲げたとおりジムにきっちり行きます!

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
2013年の正式な目標ではありませんでしたが、去年の8月から起床後と寝る前に血圧を測り始め、このブログでも1週間の平均値を報告をしています。というわけで、今年は正式にこれを目標にして頑張って血圧を管理したいと思います。

目標4. 家事をきちんとやる&エコを心がける
ざっくりした書き方ですが、2013年は映画を観すぎて家事(特に掃除と炊事)がおろそかになっていたので、2014年は週に1回はきっちり丁寧に家を掃除し、ちゃんとした料理も作ろうと思っています。あと、2013年はオンラインショッピングを利用しすぎて段ボール箱やら緩衝剤も頻繁に捨てなければならなかったので、ゴミを減らす等のエコを心がけるつもりです。

目標5. 劇場で映画を観る時は1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする
去年は「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る」でしたが、「劇場で映画を観る時は1,000円以下で観る」です。この違い、わかりますか? 去年までは1年を通して映画料金の平均額が1本あたり1,000円以下で観られれば良かったのですが、今年は平均ではなく1回1回の料金を必ず1,000円以下にする、ということです。あと、2013年はいろいろな理由で劇場に行く・劇場で映画を観るのが億劫になってきたので、今年は観る映画を厳選し、回数を100回以下にするつもりです。

というわけで、今年は上記5つの目標を達成できるよう頑張るつもりです! もちろん成果はこのブログで報告しますので、お楽しみに!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加