うさぎ! 書きまつがい! 映画! 音楽! お笑い!

平凡な日常だからこそ楽しんだもの勝ち!
http://twitter.com/usako_usagiclub/

映画で英語を楽しむ(1)

2012-03-29 23:14:44 | 映画!
突然ですが、みなさんは英語の映画を字幕版で観る時、出演者が話している英語がどんな英語なのか気にしますか? 私はかなり気にします。例えばアメリカが舞台の映画なら、登場人物がその地域の訛りで話しているかとか、イギリス人とアメリカ人が登場する設定の映画ならイギリス英語とアメリカ英語がちゃんと使い分けられているか、とか。私は大学では「英米語」を専攻し、授業でもアメリカ人やカナダ人、イギリス人の先生たちの英語を聞いていたはずなのですが、アメリカ英語の地域ごとのアクセントやイギリス英語とアメリカ英語の区別がなんとなく分かるようになったのは4年生の時にアメリカ留学してからでした。なので、学校や大学で普通に英語の授業を受けただけでは、そのような区別がつかないのも無理はないかもしれません。でも、なんとなくでもその違いが分かるようになると、俄然作品への理解も深まり、映画を観るのがさらにおもしろくなると思うのです! というわけで、今日は「英語の違いを楽しめる映画」をいくつかご紹介したいと思います。

『タイタニック』
イギリス英語とアメリカ英語の違いがはっきり分かる代表的な作品ではないかと。アメリカ英語はジャック(レオナルド・ディカプリオ)、マーガレット(キャシー・ベイツ)など、イギリス英語はローズ(ケイト・ウィンスレット)、彼女の婚約者キャルドン(ビリー・ゼイン)、タイタニック号の船員など。4月7日に再び劇場公開されますので、この機会にぜひ!(訂正とお詫び: 4月7日の再公開時に早速『タイタニック 3D』を観に行ったのですが、どうやら私が完全に勘違いしてたようで、ローズもキャルドンもアメリカ英語を話していました。イギリス英語を話していたのは船長をはじめとするタイタニック号の船員、タイタニックを設計したトーマス・アンドリューズ、キャルドンの使用人スパイサー・ラブジョイなどでした。大変失礼しました。)

『マリリン 7日間の恋』
現在公開中の映画でオススメなのはこの作品。マリリン・モンロー(ミシェル・ウィリアムズ)はもちろんアメリカ英語、彼女に恋に落ちる青年コリンやサー・ローレンス・オリヴィエ(ケネス・ブラナー)、デイム・シビル・ソーンダイク(ジュディ・デンチ)はイギリス英語。ちなみにこの映画にも登場するマリリンの夫アーサー・ミラーはアメリカ人ですが、彼を演じたダグレイ・スコットの言葉は自然なアメリカ英語には聞こえませんでした。ググってみると案の定、スコットランド出身。マリリンの仕事上のパートナー、ミルトン・グリーン(アメリカ人)を演じたドミニク・クーパーもイギリス人ですが、彼の英語の方がより自然なアメリカ英語だったと思います。

『ノッティングヒルの恋人』
ロンドン西部のノッティング・ヒルの書店主ウィリアム(ヒュー・グラント)とハリウッド女優アナ(ジュリア・ロバーツ)のラブストーリー。エルヴィス・コステロが歌う主題歌 "She" も素晴らしいですよね。

『ジュリエットからの手紙』
こちらもアメリカ人女性とイギリス人男性の恋愛もの。主人公ソフィー(アマンダ・セイフライド)はアメリカ英語、彼女から手紙をもらうクレア(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)とクレアの孫チャーリーはイギリス英語。チャーリーがソフィーの英語にケチをつけるところもおもしろい。ちなみにチャーリーを演じているクリストファー・イーガンはイギリスではなくオーストラリアの俳優さんです。

まだまだご紹介したい作品はたくさんあるのですが、とりあえず今日はこの辺で。続きはまた後日書かせていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近公開された(される予定)の洋画を時代設定順に並べてみようかと

2012-03-26 23:45:05 | 映画!
最近公開された(される予定)洋画をですが、時代設定が1890年代~1930年代のものが多いと思いませんか? つまり、第一次世界大戦前から第一次世界大戦、そして大恐慌を経て第二次世界大戦前までの時代。というわけで、それらの映画を時代設定順に並べてみました。

1891年 『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(舞台はヨーロッパ、製作はアメリカ)

1914年~1918年 『戦火の馬』(舞台はヨーロッパ、製作はアメリカ)

1919年~1972年 『J・エドガー』(舞台はアメリカ、製作もアメリカ)

1927年~1932年 『アーティスト』(舞台はアメリカ、製作はフランスとベルギー)

1930年代 『ヒューゴの不思議な発明』(舞台はフランス、製作はアメリカ)

1930年代 『恋人たちのパレード』(舞台はアメリカ、製作もアメリカ)

上記の作品はたまたま公開時期が重なっただけですが、私が生まれるよりもはるかに昔のことをこれらの映画をとおして学べるのは非常に興味深いと思います。

そして、この時代こそまさに映画が誕生し、大きく発展していった時代。その映画について描かれているのが『ヒューゴの不思議な発明』と『アーティスト』です。この2作品は先日のアカデミー賞でも多くの部門にノミネートされ、話題を呼びました。私がこの2作品で注目したいのは、これらがアメリカとフランス(とベルギー)の製作者によって互いの国の当時の映画業界が描かれていることです。『ヒューゴの不思議な発明』はフランスのパリが舞台ですが、製作はアメリカ。一方『アーティスト』はアメリカのハリウッドが舞台ですが、製作はフランスとベルギー。結果的に、アカデミー賞の作品賞を制したのは『アーティスト』でしたが、これは1930年前後のハリウッドへの郷愁と賛辞とも言えるのではないかと思います。

ちなみに『アーティスト』は公開前なので私はまだ観ていませんが、予告編を観るだけで泣いてしまうので、4月7日の公開が非常に楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年に観た映画(12)

2012-03-24 22:59:43 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。3/18から今日3/24までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

今年2回目なので通し番号なし 3/18 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
71 3/19 ニーチェの馬 △ (前売券で1,500円)
72 3/20 恋人たちのパレード ○ (前売券で1,300円)
73 3/20 最高の人生をあなたと ○ (Bunkamuraル・シネマサービスデーで1,000円)
74 3/20 長ぐつをはいたネコ IMAX 3D 吹替版 ◎ (2,200円)
75 3/21 世界最古の洞窟壁画 3D 忘れられた夢の記憶 ○ (レディースデーで1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 3/23 マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 ○ (ユナイテッドシネマ会員サービスデーで1,000円)
76 3/24 マリリン 7日間の恋 ○ (TOHOシネマズ シネマイレージカードポイントで0円)
77 3/24 さすらいの女神(ディーバ)たち △ (ギンレイホールシネパスポートで0円)

合計 7作品(9回) 9,300円

今回は『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』と『長ぐつをはいたネコ』と『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』をリピートしましたが、長ネコについては前回は字幕版でしたので、別作品としてカウントしました。今週映画にかけたお金は平均して1回あたり1,033円で、残念ながらアウト! いや、聞いてください、本当はセーフにすることもできたのです。というのも『恋人たちのパレード』を観たシネマート新宿は、火曜日はポイントカードメンバーなら1,000円で映画が観られるのに、そのことをすっかり忘れていた私はわざわざ1,300円で前売券を購入。『恋人たちのパレード』を1,000円で観ていたら平均額は1,000円ちょうどだったのに…orz。

さて、今週観たものでオススメなのは『マリリン 7日間の恋』。まず、キャスティングが素晴らしいです。サー・ローレンス・オリヴィエ役のケネス・ブラナー、デイム・シビル・ソーンダイク役のジュディ・デンチ、ヴィヴィアン・リー(=サー・ローレンスの妻)役のジュリア・オーモンドらの抜群の安定感! ケネス・ブラナーはただサー・ローレンスを演じるだけではなく、サー・ローレンスが演じている人物も演じなければならないわけで、最高に難しい役どころではないかと思うのですが、見事としか言いようのない演技。ジュディ・デンチが演じたデイム・シビルは本当に素敵な女性で、彼女が出演した作品を観たくなるほど。ジュリア・オーモンドのヴィヴィアンは、顔は似ているとは思いませんでしたが、「あぁ、やっぱりこんな女性だったんだなぁ」と納得のできる役作り。

そして、マリリンを演じたミシェル・ウィリアムズは体型がマリリンそのもので、後ろ姿やシルエットは本人かと思ったほど! さすがに顔や声はそっくりとまではいきませんでしたが、それでも引いて撮影されたダンスシーンではマリリンがそこにいるようでした。実は私はマリリンの出演した映画は『ショウほど素敵な商売はない』しか観たことがないのですが、その中のマリリンは脇役なのにオーラがハンパない! ミシェルのマリリンにはそこまでオーラはなかったような気がしますが、彼女の天真爛漫さは十分に表れていたと思います。映画を観ながら「いやー、かわいいなぁ」と何度思ったことか! そしてあの上目遣い。もうねぇ、こういうかわいさとかセクシーさとかは私を逆さ吊りにしてどんなに揺さぶっても絶対出てこないもので、あれがたとえ計算づくしのかわいさとかセクシーさであったとしても、それで世界中の人々を魅了しちゃったんだからもうどうでもいいじゃん!という感じでした。

そのマリリンに恋をする、エディ・レッドメイン演じるコリンが彼女を「女神(goddess)」と表現しているのですが、マリリン・モンロー並みにgoddessのような女優さんって出現していないような気がしませんか? 美しい女優さん、演技力がハンパない女優さん、セクシーな女優さんはたくさんいます。でも、神がかったような天性の魅力を持っている女優さんはマリリンくらいかも。『マリリン 7日間の恋』の中でサー・ローレンス・オリヴィエはマリリンを相手役に選んだことを後悔するようなセリフを何度も言うのですが、最後は彼女の持って生まれた才能に対して賛辞を述べるのです。あのサー・ローレンス・オリヴィエが!ですよ! あ、マリリン・モンローやサー・ローレンス・オリヴィエを知らなくても恋愛映画として十分楽しめる作品だと思います。ぜひ劇場でどうぞ!

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画のあのシーンを自分でやってみたい

2012-03-20 23:40:57 | 映画!
突然ですが、映画で観たシーンで自分も実際にやってみたいことってありませんか? 私は1つだけあったのですが、今日、映画『恋人たちのパレード』を観て、2つになりました。そのシーンを説明する前に、『恋人たちのパレード』について少しだけ。Yahoo!映画の作品紹介を引用すると、「アメリカが大恐慌を迎えていた時期を舞台に、両親の死をきっかけに移動サーカス団に入ることになった青年の運命を描くサラ・グルーエンの小説「サーカス象に水を」を映像化」。主人公の青年ジェイコブをトワイライトシリーズのロバート・パティンソン、彼と恋に落ちるサーカス団の女性マーリーナをリース・ウィザースプーン、サーカス団の団長でマーリーナの夫でもあるオーガストをクリストフ・ヴァルツが演じています。

この映画、現時点では劇場公開はシネマート新宿とシネマート心斎橋だけ。実際に作品を観てみると、日本でたった2つの劇場でしか上映されないのが本当に残念。脚本、キャスティング、演出、役者の演技、撮影、編集、いずれもなかなか良いクオリティだと思いました。私の中で特に新鮮だったのは、当時のアメリカのサーカス団がどのように移動し、どのように団員や動物たちを管理し、どのようにテントを張り、どんな興行を行い、そしてお客さんはどんな服装でサーカスを見に来ていたのかがわかったこと。あと、ヴァンパイアのイメージしかなかったロバート・パティンソンが普通の青年も演じられることにもちょっとびっくりしました(本人には失礼ですが、私にはトワイライトシリーズの彼のイメージが強烈だったので)。しかも、サーカス団の動物を扱う獣医というかなり難しい役どころで、演技以前にまず動物たちと仲良くなる必要があったと思うのですが、役柄どおり本当に動物を愛し、彼らと理解し合えているように見えました。リース・ウィザースプーンも馬や像を乗りこなすだけでなく、見事な曲芸も披露し、とても素晴らしかったです。上映期間はもうそろそろ終わりそうですが、機会がある方にはぜひ観ていただきたいと思います。

で、本題の映画のシーンで実際にやってみたいことの1つ目ですが、「走る列車を追いかけて飛び乗ってみたい」。これはいろいろな映画に出てくるシーンですが、私の中で一番印象に残っているのは『スラムドッグ$ミリオネア』。まだ幼いジャマールと彼の兄サリームはなんとか汽車に乗れますが、少女ラティカは懸命に走りながら手を伸ばすもののサリームに拒絶される、せつなすぎる場面。あと、最近の映画では『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でも、わりと序盤に主人公イーサンとIMF分析官ブラントが列車を追いかけ、飛び乗るシーンがありましたね。走りながら目の虹彩で生体認証を受けているのが印象的でした。このシーン、今の日本でやったらそれこそ鉄道会社や乗客に迷惑かけますし、そもそも今の電車/列車のスピードだと走って追いかけられるのか非常に疑問。外国だと実現可能な鉄道はあるかもしれませんね。もちろんわざわざその国に行って実践するつもりはありませんがw

もう一つのやってみたいことは「走る列車の屋根の上に上る」。このシーンも『スラムドッグ$ミリオネア』に出てきましたし、『闇の列車、光の旅』も強烈に印象に残っています。今日観た『恋人たちのパレード』でも主人公ジェイコブと団長オーガストが次の都市へ夜中に移動するサーカス団の列車の上を歩くシーンがあり、「おもしろそう! やってみたい!」と。これも現在の日本では絶対不可能ですよね。いや、昔からダメな気がします。外国でもたぶん難しいのではないかと。でも、列車の屋根の上からどんな景色が見えるだろうって思いませんか? こういうことこそユニバーサル・スタジオで実現させてほしい! ライドやキャラクター・ショーなども良いですが、登場人物になりきって映画のシーンを経験できる、そんなアトラクションをぜひ企画してほしいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(4)

2012-03-19 13:09:29 | 映画!
3/14の日記「ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(3)」にも書いたとおり、プレミアム・ラウンジのサービスの質にがっかりした私ですが、それでもやはり入会費5,000円と年会費25,000円の「元」は取らなければならないので、相変わらず足繁くユナイテッド・シネマ豊洲に行っています。というわけで、どれだけノルマ残高が減ったかのご報告。

3/10 時点のノルマ残高 12,840円 (3/10の日記では7,840円と書きましたが、3/14の日記で5,000円プラスになってしまいました))

3/11 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

3/12 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

3/14 サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス320円。

3/17 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

3/18 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)、ペプシコーラSサイズ(290円)、Breatheのプレミアムラウンジでアイスティー(800円)、カフェラテ(850円)でマイナス2,660円。

サービスしてもらった合計金額 まさかの5,140円!
3/19現在のノルマ残高 7,700円

あ、3/18の「Breatheのプレミアムラウンジでアイスティー(800円)、カフェラテ(850円)」ですが、これは友人とユナイテッド・シネマ豊洲内のラウンジBreatheで3,700円分の食事をして(えぇ、3/14の日記ではリピートしなさそうなことを書きましたが、1週間もしないうちにがっつり再来店した私です)、サービスしてもらったものです。実はプレミアメンバーズの特典の1つに「Breatheフードメニュー1000円以上ご注文でアルコール類を含むドリンク一杯プレゼント」があり、今回はこれが適用されたというわけです。ちなみにこの時はスモークサーモンのマリネ、クアトロフロマッジ、ニョッキのグラタンを注文しましたが、今回はなぜか(!?)あまり待たずに料理が運ばれ、またどれもおいしくて、友人も満足してくれました。

ユナイテッド・シネマ豊洲プレミアメンバーズの申込期間は3月31日まで。入会してみます?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年に観た映画(11)

2012-03-18 09:04:07 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。3/11から昨日3/17までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

66 3/11 ヒューゴの不思議な発明 3D 字幕版 ○ (ユナイテッド・シネマ豊洲一般席ご鑑賞券で1,000円*)
67 3/12 おかえり、はやぶさ △ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
今年3回目なので通し番号なし 3/14 戦火の馬 ◎ (レディースデーで1,000円)
68 3/16 ももへの手紙 △ (試写会で0円)
69 3/16 マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 ○ (TOHOシネマズレイトショーで1,200円)
70 3/17 長ぐつをはいたネコ 3D 字幕版 ◎ (ユナイテッド・シネマ豊洲一般席ご鑑賞券で1,000円*)

合計 5作品(6回) 5,200円

今回は『ヒューゴの不思議な発明』と『戦火の馬』をリピートしましたが、ヒューゴについては前回は2Dでしたので、別作品としてカウントさせていただきます。一方『戦火の馬』はカウントには入れませんので、今回観たのは合計5作品、6回となります。あと、『ヒューゴの不思議な発明』と『長ぐつをはいたネコ』の料金に「ユナイテッド・シネマ豊洲一般席ご鑑賞券で1,000円*」と書いていますが、これはユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズに入会した時にもらった鑑賞券で観たので、実際に窓口で支払った金額は0円です。ただ、3月6日の日記「ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(1)」で書いたとおり、プレミアメンバーズになるために30,000円かかったので、この鑑賞券で映画を観た場合には1,000円使ったということにしたいと思います。というわけで、映画にかけたお金は1週間で平均して1回あたり867円で、今回もセーフ!

今週観たものでオススメなのは『長ぐつをはいたネコ』。ドリームワークスの人気シリーズ『シュレック』のスピンオフで、第84回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされていました。私は『ヒックとドラゴン』を観て以来、ドリームワークスの3Dアニメの大ファンなので、今回もかなり期待していたのですが、その期待を裏切らない素晴らしい作品でした。ドリームワークス3D作品の真骨頂とも言える、高低差の激しいシーン満載で、ぜひ3Dで観ていただきたい映像。また、猫たちの毛の質感も素晴らしく、観終わった後、すぐさま動物にモフモフしたくなる仕上がりです。字幕版は日本では少しの劇場でしか公開されていませんが、主人公プス役のアントニオ・バンデラス、キティー役のサルマ・ハエックのスペイン語訛りの英語と、ハンプティ・アレクサンダー・ダンプティ役のザック・ガリフィアナキスのアメリカ英語のコントラストが良かったです。もちろん日本語版も気になっているので、後日IMAXで観る予定。あの素晴らしい映像がIMAXになったら…と考えると非常に楽しみです!

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画館で食べやすい、においの少ない食べ物を考えてみる

2012-03-16 01:49:03 | 映画!
突然ですが、みなさん、映画館の売店で売られている食べ物がいまいちだと感じたことはありませんか? 例えば、映画館の定番、ポップコーンは(劇場にもよりますが)一人で食べるには量が多すぎる。職場からそのままレイトショーに駆けつけたのに、晩御飯代わりになる食べ物が置いていない。本編上映前には「食べ物のにおいには気をつけて」と言っているわりにはピザや焼き肉バーガーなど、ニオイが気になる食べ物を売っている。そして、何よりも値段が高い・・・などの理由で、売店は利用せずに、コンビニ等で適当に食べ物を買ってきて、館内で食べる人も多いと思います。これって映画館にとってもお客さんにとってももったいないことじゃないですか?

逆に考えると、これらの問題点が解決できれば、映画館もお客さんもハッピー、ってことですよね。つまり適度な量、適度な値段、かつ映画館という環境に合うにおいの少ない食べ物を売れば良いわけです。そもそも、こういうことはまずは劇場で働く人が考えることであって、ただの映画ファンにすぎない私がなんでこんなことを言ってるんだろうって感じですがw

まず私が考えたのはサンドイッチ。コンビニで売っているようなサンドイッチではつまらないので、サブウェイのサンドイッチみたいに野菜たっぷりで食べ応えのあるもの。これなら晩御飯の代わりになると思います。しかし、サンドイッチには大きな問題が。味付けのためのドレッシングにはたいていお酢が入っていて、これが結構におうのです。なので、お酢の入っていないドレッシングが開発できれば、実用化できる気が。お酢の代わりにレモン汁とかいいかもしれないですね。お酢のにおいがダメでもレモンの香りなら映画館でも大丈夫!?

次に考えたのはおにぎり。これも晩御飯の代わりになりますよね。パリパリ海苔のついているものは海苔のかけらがぽろぽろ落ちるので、海苔はしっとりタイプか使わない方向で。あと、ツナマヨネーズやエビマヨのようにマヨネーズで味付けしているものはお酢のにおいがするのでNG。そのほか焼肉やキムチなどニオイが強いものもダメ。個人的には影のロングセラー、赤飯(!)がにおいもなくベストではないかと思うのですが、手作り感を出すなら天むすなどもいいですね。

あと、ポップコーンの売り方なのですが、もっとサイズのバリエーションを増やすか、いっそのこと量り売りでもいいのではないかと。人によっては塩味少しとキャラメル味少しを食べたい人だっているかもしれません。映画を観終わったあと、他のお客さんによって食べ残された大量のポップコーンが出口で捨てられているのを見るのはとても悲しいものです。これからの映画館は「エコ」でなければ!

最後に、もしこの日記を映画関係者の方がご覧になり、上記のアイディアで使えそうなものがあれば、遠慮なく実用化を検討していただきたいと思います・・・なーんて、そんなこと実現するわけないかw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(3)

2012-03-14 01:33:11 | 映画!
突然ですが、残念なお知らせです。私が3月10日の日記「ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(2)」で絶賛したユナイテッド・シネマ豊洲で非常にがっかりする出来事がありました。別のお店でひどい目に遭ったということであれば、「もうこの店には二度と来ない!」と心に誓ってそれで終わりにしますが、つい最近絶賛したばかりで、しかもこのブログに影響を受け、高い会費を払ってプレミアメンバーズになられた方や、現在メンバーになることを検討されている方もいらっしゃるかもしれませんので、この場でご報告することにしました。そのがっかりする出来事とは・・・

3月11日(日)、私は映画『ヒューゴの不思議な発明』の3D字幕版を観るために、ユナイテッド・シネマ豊洲に行きました。ららぽーと豊洲に到着したのが午後1時くらい。映画が始まるのは2時45分なのに、なぜそんなに早く来たのでしょう? もちろん、ユナイテッド・シネマ豊洲内にある、海の見えるラウンジ "Breathe" の「プレミアム・ラウンジ」を試してみたかったから。ここはプレミア・ペアシート利用者のための専用スペースなのですが、プレミアメンバーズも利用できるのです。早速 "Breathe" に行ってプレミアム・ラウンジの利用を希望するも、なかなか上階に行かせてくれない。やっとGOサインが出て階段を上がると、目に飛び込んでくる『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の数々のパネル。もちろん音楽もスター・ウォーズのサントラで、スター・ウォーズ全面押しの様相。

ラウンジはまぁまぁ混雑していて、私は窓際のテーブルに案内されました。ガラス越しに見えるのは晴海の高層ビル群やレインボーブリッジ、お台場のいろいろな建物、そしてもちろん海。素晴らしい眺め! でも、その日は晴れていて、私のテーブルにはさんさんと直射日光が降り注ぎ、暑いくらい。日焼け止めは塗ってきているけれど、絶対に日焼けする! おまけにすっごくまぶしい。いくら景色が良くてもそういうテーブルに長々とはいられない。この席に客を案内するスタッフの感覚が理解できませんでした。その上、料理を注文しようとウェイターさんに「すみません」と声をかけるものの、なかなか来てくれない。やっと来てくれたウェイトレスさんにオーダーした後、まぶしすぎるので席を変えてほしい旨お願いすると、「ただいまお席が空いておりません。ブラインドをお閉めいたしますので、お席が空くまでお待ちください」とのこと。ちなみに、窓際ではない席は何度も空きましたが、私が空いた席に案内してもらうことは最後までありませんでした。

ちなみにこの日のランチメニューはペペロンチーノ、ニョッキのグラタン、カレーライス、フレッシュトマト&バジルパスタの4種類。私がオーダーしようとしたニョッキのグラタンはすでに売り切れ。フレッシュトマト&バジルパスタにニンニク入りかどうか聞くと、入っているとのことでこれも断念。仕方なくカレーライスを注文しました。それにしてもランチ4種類のうち3つが臭いが気になる料理って…。シネコンの中にあるラウンジなので、当然食事をした後に映画を観る可能性があるわけじゃないですか? 本編の前に食べ物の臭いには気をつけるよう注意喚起する映像を出しているのに、映画館で出される料理が臭いの強いものなのはいかがなものかと思いました。

そんなことを考えながら料理を待つこと数十分。料理が運ばれてくるのが遅すぎる! 私より後に来たお客さんがもう食べ始めているのに、私にはセットのサラダすらまだ来ない! 座席を変えてくれと言ったせいで、お店から意地悪をされているのかと思ったほどです。やっとサラダとオレンジジュースが運ばれ、食べ始めるものの、テーブルが異常に低くて、ものすごく前かがみにならないと食べられない。他の人から見れば、さぞかし姿勢の悪い人間だと思われたことでしょう。ラウンジということで普通のレストランのようなテーブルは置かないポリシーなのでしょうが、それだったら逆にメニューは飲み物だけにして、食べ物は置かない方が良いとすら思いました。特にデートでこのラウンジを利用するなら、窓際の席はやめておくか、あるいは食べ物はオーダーしないことをお勧めします。

そしてついに運ばれてきたカレーライス。味は悪くなかったですが、食べづらいことに変わりありません。それでもなんとか完食し、今回の本当のお目当てだったフルーツタルトを注文。ついでにアイスカフェラテもお願いし、ウェイターさんも「フルーツタルトとアイスカフェラテですね?」と復唱したにもかかわらず、10分後に運ばれてきたのはタルトのみ。はぁ…。映画が始まる時間を考えるとそれほど余裕もなく、そもそも文句を言う気力も完全になくなっていたので、パサパサのタルトを水で流し込み、会計を済ませ、ラウンジを出ました。

素晴らしい景色が楽しめたのは最初の5分だけで、後はブラインドとにらめっこ。いただいたのはカレーライスとサラダ、オレンジジュース、フルーツタルトで合計2,300円。みなさんは私がコストに見合う時間を過ごせたと思われますか? 少なくとも私はあの料理と低レベルのサービス、そしてかなりひどい座席環境に2,300円の価値があるとは感じませんでした。1,500円でも高いと思ってしまうほどです。プレミアメンバーズの特典として10,000円の食事券をもらいましたが、残念ながら私個人としては10,000円の価値はないと言わざるをえません。かといって今から退会することもできないので、私の選択肢としては1つだけ。ポップコーンとソフトドリンクの無料サービスを徹底的に利用するのみ! 10,000円だったノルマを15,000円に引き上げ、ひたすらノルマ達成、いやそれをはるかに超えるほどの特典利用をめざしますw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年に観た映画(10)

2012-03-11 02:16:46 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。3/4から昨日3/10までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

62 3/4 ポエトリー アグネスの詩 ○ (テアトルシネマグループ会員カードで1,300円)
63 3/5 ドライヴ ○ (試写会で0円)
64 3/7 100,000年後の安全 ○ (CLUB-SPICE会員価格で800円)
今年2回目なので通し番号なし 3/9 戦火の馬 ◎ (ユナイテッドシネマ会員サービスデーで1,000円)
65 3/10 シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム ○ (109シネマズデーで1,000円)

合計 4作品(5回) 4,100円

今回は『戦火の馬』をリピートしたので、合計4作品、5回。少なっ! 映画にかけたお金は1週間で平均して1回あたり820円で、今回もセーフ!

先週観たものでダントツお勧めなのは前回も紹介した『戦火の馬』! 2回目も号泣! まだ観ていない方はぜひご覧ください! あと、『ドライヴ』と『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』もかなり良かったです。『ドライヴ』は「疾走する純愛」という宣伝文句ですが、物語の展開はゆっくりめ。でも、純愛であることに間違いはありません。ライアン・ゴズリング演じる主人公の冷酷無情さと愛情深さのギャップが良いです。あと、彼が腕を組んで佇んでいるシーンがとても素敵。私の中で腕を組んでいる時のかっこよさNo.1俳優!(まぁ、こんなこと褒められても本人はまったくうれしくはないと思いますがw)

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』は前作『シャーロック・ホームズ』以上にスローモーションを多用した外連味のある映像が○。悪役以外の主要な登場人物のほとんどが前作のままなので、できれば事前に『シャーロック・ホームズ』を鑑賞しておくことをお勧めします。もちろん、観ていなくても十分楽しめるとは思いますが、言葉・映像の情報量がハンパなく多いので、物語についていくのが大変かも。私はずいぶん伏線を見逃したので、また観に行くつもりです。あと、この映画も私としては「イギリス英語万歳!」な作品ですが、1つだけ疑問に思ったことが。この作品の時代設定は1891年で、序盤に tycoon という単語(意味は「大物」。「大君」(日本国大君の略)に由来)がシャーロックの口から出てきます。私は tycoon は20世紀に造られた単語だと思っていたのですが、1891年に tycoon って普通に使われていたんですかねぇ? ご存じの方がいたら、ぜひ教えてください。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(2)

2012-03-10 02:44:50 | 映画!
いやー、ダメですね、やっぱり。ブログを3日も更新しないとアクセス数が減ること、減ること! というわけで、正直ネタはないのですが、3/6の日記「ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!」の続編を書いてみようかと。

プレミアメンバーズの会員になった翌日にポップコーンのバター醤油味のSサイズ(400円)とサントリーウーロン茶のMサイズ(320円)をサービスしてもらったわけですが、今週は水曜日と金曜日にもポップコーンSサイズとウーロン茶MサイズをGET。前回のノルマ(!?)残高9,280円から1,440円を引いて、元を取るまであと7,840円。かなりいいペースじゃないですか? 早ければ3月中にノルマ達成できるかも!? あ、あと映画鑑賞チケットも1枚引き換えました。日曜日に『ヒューゴの不思議な発明』の3D版を観る予定です。

私のプレミアメンバーズ特典利用報告は以上。ここからはプレミアメンバーズについてではなく、ユナイテッド・シネマ豊洲のスタッフさんたちの素晴らしさを感じたエピソードを紹介したいと思います。あ、もちろんユナイテッド・シネマ豊洲から頼まれたわけではなく、すべて自分の実体験です。

エピソード1. 前売券
『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 1』の公開前日、まだ前売券を手に入れていなかった私は、別の作品を鑑賞するために来ていたユナイテッド・シネマ豊洲のチケット窓口の男性にトワイライト・サーガの前売券を扱っているか聞いてみました。その男性は「少々お待ちください」と言った後、どこかへ行ってしまい、私は一人窓口で待つこと数分。その男性は窓口に戻ってくると丁寧な口調でこう言いました。「申し訳ございません。こちらではトワイライト・サーガの前売券は扱っておりません。近隣の○○(別のシネコンの名前)で扱っていないか問い合わせてみたのですが、そちらでも置いていないそうです。ただ、今日中であればコンビニでも前売券は購入可能ですので、そちらでお求めになられるのはいかがでしょうか?」 えぇぇぇぇ! わざわざ他の劇場にまで電話してくれたのぉぉぉぉ! もちろん口には出しませんでしたが、そこまで調べてくれるとは想像もしていなかったので、心遣いがうれしかったです。そして、そのスタッフさんのアドバイスのおかげで、コンビニで無事にトワイライト・サーガの前売券を購入することができました。

エピソード2. ドリンクのサイズ
プレミアメンバーズに入会した翌日、特典でもらえるポップコーンとウーロン茶を売店でオーダーした時の話。ポップコーンのMサイズは量が多すぎるので、最初からSサイズに決めていたのですが、問題はドリンクのサイズ。私がそこにいた男性のスタッフにSサイズをオーダーすると「えっ、Sサイズでよろしいですか?」と確認。私が「えーっと」と迷っていると、その男性は片手にSサイズのカップ、もう片手にMサイズのカップを持ち、「これぐらいの大きさです」と大きさの違いがはっきりわかるよう見せてくれました。お店には収入にならないので、大きなサイズを提供する方が損をするのに、そんなセコい考え方は微塵も表には出さず、Mサイズを勧めてくれる心の広さ! もちろんSからMにサイズを変更しましたよw

エピソード3. ポイント復活
ユナイテッド・シネマ豊洲は毎週金曜日が「会員デー」で、ユナイテッド・シネマのメンバー(プレミアメンバーズではなく、CLUB-SPICEという会員制度)なら1,000円で映画が観られます。で、私は金曜日に『戦火の馬』を観るために、ネットで座席を予約をしたのですが、Web上で「大人(会員割引)」を選択しなければならなかったところ、誤って「2ポイントで1000円鑑賞」を選んでしまったのです。料金はどちらも1,000円なので、クレジットカード決済する時もそのミスに気付かず、予約完了メールで手続きを間違えたことを知った次第。料金は同じでも、3ポイント損する(チケット購入に2ポイント使い、このチケット購入自体もポイントに加算されないため)ことになるので、大ショック! 後日、絶対ムリだろうと覚悟はしつつも、思い切ってチケット窓口の女性に変更できないか相談したところ、快くポイントを失った2ポイントを復活してくれた上、チケット購入の1ポイントを加算してくれたのです。これには本当に感激しました。

他にもエピソードはあるのですが、今回はこの辺で。ユナイテッド・シネマ豊洲、素敵なシネコンだと思いませんか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(1)

2012-03-06 22:49:12 | 映画!
私がよく行く映画館の1つ、ユナイテッド・シネマ豊洲。この劇場に「プレミアメンバーズ」なるものがあることを知ったのは確か去年の暮れ。入会金5,000円、年会費25,000円で、「こんな高いのありえねー!」と思い、特典内容を確認することさえしなかった私。

ところが、最近になって特典を詳しく見てみると「映画鑑賞チケットプレゼント」や「映画鑑賞時ソフトドリンクサービス」、「映画鑑賞時ポップコーン食べ放題」、「Breathe(ユナイテッド・シネマ豊洲内にある、海の見えるラウンジ)食事券10,000円分プレゼント」などがかなり魅力的。特に映画鑑賞チケットは3D映画(通常料金2,000円)も観られる一般シート券が10枚分ということで、全部を3D映画鑑賞に使えばもうそれだけで20,000円相当。それにBreatheで10,000円分の食事をすれば、入会金5,000円+年会費25,000円=30,000円の元はきっちり取れるのです!(しかも次年度更新する際は入会金は無料!)

というわけで、調子ぶっこいて先日プレミアメンバーズに入会してしまった私! でも、ですよ。去年の12月30日の日記「2012年の目標」や毎週土曜日か日曜日に更新している「2012年に観た映画」シリーズでも書いているとおり、私は「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下」で観なければならない身。いくら3D 映画とは言え、料金2,000円の映画を2,000円相当の鑑賞チケットで観て喜んでいる場合ではないのです!

じゃあ、どうする? 鑑賞チケットを1枚2,000円相当だとは考えず、1,000円相当だとみなすとすると、元を取るにはあと10,000円得しなければなりません。となると、手っ取り早いのは会員の有効期限である2013年3月31日までに「映画鑑賞時ソフトドリンクサービス」と「映画鑑賞時ポップコーン食べ放題」で10,000円分を使うこと! 例えば1回の鑑賞でポップコーンの季節のフレーバーSサイズ(400円)とサントリーウーロン茶のMサイズ(320円)をサービスしてもらうと合計720円。これなら14回映画を観るだけで元が取れます! 楽勝じゃん!

というわけで、早速会員になった翌日にポップコーンとウーロン茶をタダでGET! 元を取るまであと9,280円。これから時々このブログでどれだけ元が取れたかご報告させていただくつもりですw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の人間ドック受診史上最高に健康な体になる!(最終結果編)

2012-03-05 00:45:04 | 日記
1月16日の「自分の人間ドック受診史上最高に健康な体になる!(めざせ高校生のカラダ!)」で書いたとおり、2月15日の人間ドック受診のために、1月15日から1ヶ月間ダイエットに励んだ私。まずはダイエットスタート時の数値、目標に設定した数値、実際の数値は2月16日の日記「自分の人間ドック受診史上最高に健康な体になる!(中間報告編)」で比較したとおりですが、ついに最終結果が送付されてきたので、ここで内容をご報告したいと思います。

まず、受診結果は以下の画像のとおり(今回もボケててすみません)。



今年はオールA、つまり完全な円形をめざしていたのですが、なんと「腎機能・膵機能」「脂質」「血液検査」の3項目がB! 去年は「肥満度」と「脂質」の2項目のみがBで残りはAだったのに、数値的には今年の方が悪くなっていたのです!

「ケッ、全然ダメじゃん!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも、ちょっと弁解させてください。まず、「腎機能・膵機能」ですが、血清アミラーゼは基準値内、リパーゼは基準値が「17~57」のところ、私の数値が「58」で「1」オーバーしているだけ。「脂質」は総コレステロールも中性脂肪もLDL(悪玉)コレステロールも基準値内で、HDL(善玉)コレステロールの基準値が「40~90」のところ私の数値は「93」でこれもわずか「3」オーバー。そもそも善玉コレステロールって名前なんだから多ければ多いほど良いんじゃないですか!? いろいろWebも見てみましたが、善玉コレステロールを減らす方法は見つけられず、どうすりゃいいの?という感じです。

最後に「血液検査」。いろいろ検査項目がある中、数値が良くなかったのは、血清鉄。基準値が「50~170」のところ、私の数値は「175」で「5」オーバー。去年の数値は「117」で大幅に増加しているのですが、貧血を予防するために毎日「MEGMILKプルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト」を飲んでいるのがどうやら裏目に出てしまったようです。調べたところ、数値が基準値より高い場合は溶血性貧血、再生不良性貧血、白血病、サラセミアなどの疑いがあるとのこと。そんなこと言われても、どうやってコントロールすりゃいいの…。1日に1本「MEGMILKプルーンFe 1日分の鉄分のむヨーグルト」飲んでいるのを2日に1本に減らすとか?

いろいろ言い訳(?)してしまいすみません。Bが3項目もあったのはもちろん悔しいですが、逆に来年こそ「自分の人間ドック受診史上最高に健康な体」になれるようはしっかり調整しようと思いましたよ。再び、めざせ高校生のカラダ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012年に観た映画(9)

2012-03-04 02:51:38 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。2/26から昨日3/3までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

55 2/26 顔のないスパイ △ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
56 2/26 トスカーナの贋作 ○ (ギンレイホールシネパスポートで0円)
57 2/29 英雄の証明 △ (レディースデーで1,000円)
58 3/1 ヒューゴの不思議な発明 2D 字幕版 ○ (映画サービスデーで1,000円)
59 3/2 戦火の馬 ◎ (ユナイテッドシネマ会員サービスデーで1,000円)
60 3/3 映画ドラえもん のび太と奇跡の島 アニマルアドベンチャー △ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
61 3/3 Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち △ (テアトルシネマグループ会員カードで1,700円)

合計 7作品(7回) 6,700円

今回は一度もリピートしなかったので、合計7作品、7回。映画にかけたお金は1週間で平均して1回あたり957円で、今回はセーフ! 1日の映画サービスデーのおかげで水・木・金・土の4日連続で映画を観る羽目(!?)になり、スケジュール的にはかなりきつかったです。

先週観たものでダントツお勧めなのは『戦火の馬』! 号泣しました! 個人的には今まで観たスピルバーグ監督作品の中で一番の傑作。とにかく主人公の馬ジョーイの演技が素晴らしい! 他の動物も含めて、どうやってこういうすごい演技を引き出すことができたんだろうと感心しきり。その動物たちの細かい表情や動きを見事に捉えた撮影。特に疾走する馬の映像はすごい臨場感と迫力でした。

物語の主要な舞台は第一次世界大戦の戦場で、戦争の悲惨さやその状況下での人間の卑劣な行為も描かれているのですが、私個人はこの映画のテーマは動物と人間、動物と動物、そして人間と人間の関係ではないかと思いました。ペットを飼ったことがある方なら、動物と心が通じ合った瞬間の感動にきっと共感できると思いますし、また、戦場の敵同士がそれぞれの立場を超越して馬を助けるシーンは誰でも心を動かせると思います。

あと、馬を育てるアルバートという青年の言葉が思いやりに満ちていて、癒されました。アルバートから馬を借りるニコルズ大尉の話し方もステキ。他にも素晴らしいセリフ満載で、シナリオ本が出版されたら絶対に買います! イギリス英語万歳!

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

現金0円で生きてみる(後編)

2012-03-01 12:58:44 | 日記
2月28日の日記「現金0円で生きてみる(前編)」で書いた、一昨日2月28日の午前10時22分から「現金ゼロの状態で、何日間(何時間!?)生きていけるか」の実験結果が残念ながらもう出てしまいました。というわけで、実験開始から実験終了までをかいつまんでご報告します。

まずは2月28日ですが、お昼は自分で作ったお弁当を持ってきていたので、出費はゼロ。他に必要なものはファミリーマートでTポイントカードを使って買いました。とは言っても無駄使いできるほどポイントはないので、お買いものは控えめに。ボクササイズのためにジムに行く交通費はもちろんPASMOを利用。夕食はいつものサブウェイでSUB CLUB CARDを使って精算。その日の出費は以上。いくらクレジットカードやプリペイドカードを持っていても、現金0円だとお金を使うのは控えてしまいますね。

昨日2月29日の朝はローソンでチョコを購入。もちろんPontaカードを使いました。お昼は前日と同じく手作りのお弁当。おやつのお菓子はTポイントカードを使ってファミマで購入。晩御飯も前日と同様サブウェイ。この日は水曜日(レディースデー)だったので、仕事の後、丸の内ルーブルで映画『英雄の証明』を鑑賞。この時のチケットはあらかじめ購入済みだったので、出費はなし。

映画を観終わった後、ヒューマントラストシネマ有楽町で3月3日に観る予定の『pina /ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』の座席を予約するつもりだったのですが、「HTCって支払いにクレジットカードかプリペイドカードが使えたっけ???」とちょっとパニック。カードが使えないと恥をかくことになるので、現金で支払うことに決め、21時過ぎにとうとうキャッシュカードでお金を引き出してしまいました。ここで実験終了。現金0円で過ごせた時間は約34時間38分でした。

その後HTC有楽町に行き、プリペイドカードが使えることがわかりましたが、料金は結局現金で支払いました。実験開始当初は24時間もてばたいしたものだと思っていたのですが、東京はいろいろなところでカードが使えるので、頑張ればもっと記録を伸ばせたと思います。あと、同僚からのメールで「逆に絶対現金でないとダメなケース」も発見。結婚や出産のお祝いは何か品物を贈るケースを除いて現金ですよね。あとお香典も。祝儀、不祝儀の時もいつかカードを使う日が来るのでしょうか!? 来なさそうですね、なんとなくw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加