うさぎ! 書きまつがい! 映画! 音楽! お笑い!

平凡な日常だからこそ楽しんだもの勝ち!
http://twitter.com/usako_usagiclub/

ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (16)

2016-12-13 12:38:28 | 日記
早速ですが、「ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (15)」の続きを。

9月8日(木)
この日の早朝のニュースは台風13号に関する情報が中心だったと思います。私はロビンさんが無事に下山中であることを祈りながら、東京駅に行き、午前6時50分発箱根桃源台行きの高速バスに乗車、御殿場駅に向かいました。バスの外は風雨が激しくなったり、穏やかになったりの繰り返しで、ロビンさんはずぶ濡れになっているのではないかと心配しました。バスは8時20分に無事に御殿場駅に到着し、私はそのまま須走口五合目行きのバス乗り場に向かいました。(下の写真は御殿場駅)



すると、バスのチケットを販売する窓口には「台風により本日の登山バスは運休」という貼り紙が! ロビンさんと会うはずの須走口五合目に行けない! 目の前が真っ暗になりました。窓口の女性に「須走口五合目からのバスも運休ですか?」と尋ねると、「登山客がいるので、向こうからのバスは来るはずです」とのこと。私はすぐにロビンさんに「無事に下山できた?御殿場駅まで来たけれど、登山バスが運休になったので、須走口五合目まで行けなくなりました。仕方がないので、そちらからバスに乗って御殿場駅まで来てください」とメールしました。この時、8時24分。ロビンさんは日本語がほとんど読み書きできないので、どのバスに乗ればいいのかわからないかもしれないと思い、8時34分に「8時50分か9時50分のバスに乗って!」とメールしました。

するとそのメールと入れ違いに「8時50分のバスはキャンセルになった。別のバスで御殿場に行くのでそこで待ってて」とロビンさんからメールが。さらに8時52分に「御殿場からこちらに来る方法はないの?こっちは完全にカオス。バスは9時15分に出るみたいだけど、御殿場行きじゃない。途中で乗り換えないといけないみたい。」とのメール。私は「9時15分のバスはどこ行き?」とメールすると、「バスはどこかで止まるから、そこから御殿場に行くよ」とロビンさん。それからすぐに9時15分のバスに乗ったようでした。私は彼が一人で御殿場までバスを乗り継いで来られるかとても心配で、窓口の女性に「9時15分に須走口五合目を出たバスがどこ行きかわかりますか?」と質問すると、彼女は「すみません、こちらではちょっとわからないですね」と申し訳なさそうな表情。

雨が降る中、私はどうすることもできず、どこか座れる場所がないかJR御殿場駅の建物の中に入ってみましたが、自動販売機とコンビニのようなお店があるだけ。しばらく駅の中をうろうろしてまたバス乗り場の戻ったところ、私が戻ってくるのを待っていた窓口の女性から「9時15分発のバスですが、浅間神社行きだそうです。そこから御殿場行きのバスに乗れます」と言われました。そして、「浅間神社からだと御殿場行きは9時53分か10時23分の出発です」とバスの時刻表を指差しながら説明してくれました。私は時刻表を受け取り、「ありがとうございます!助かりました!」とお礼を言って、すぐにロビンさんに「バスは浅間神社で止まるはずだから、そこから9時53分か10時23分のバスに乗れば御殿場まで来られるよ!」とメール。ロビンさんは無事に9時53分のバスに乗れたようで「ありがとう。あと15分で御殿場に着くよ」との返事が。

ロビンさんが乗ったバスが無事に御殿場駅前に着いたのは確か10時20分頃だったと思います。バスから降りて来たロビンさんはとても疲れた顔。私は無事で本当に良かったと彼をハグせずにはいられませんでした。もともとの予定では私が御殿場から須走口五合目までバスで行き、ロビンさんを連れてバスで御殿場まで戻る(10時45分到着)はずでした。バスが予定どおりに運行しなかったにもかかわらず、結局、ロビンさんは私たちの計画よりも早く御殿場に到着したことが、私には奇跡のように思えました。もしロビンさんの到着が10時55分を過ぎていたら、その日に乗るはずの新幹線に時間通りに乗れなくなり、大幅に計画が狂ってしまうところだったのです。

ロビンさんと私は御殿場駅に入り、10時30分発の沼津行きの電車に乗りました。私はバウムクーヘン好きのロビンさんのために東京駅構内の「ねんりん家」で買った「マウントバーム 和菓子の芽 焼さつま」をバックパックから取り出し、ロビンさんに「食べる?」と聞きました。疲れた表情のロビンさんにやっと笑顔が戻り、二人で焼き芋味のバームクーヘンを味わいました。ロビンさんの話によると、須走ルートを下山している間はずっと雨が降っていたそうで、足を滑らせて怪我をしてしまった外国人もいたようです。きちんとしたレインウエアではなく、ポンチョしか持っていなかったロビンさんが、ずぶ濡れになりながらも無事に下山できたことを神様に感謝せずにはいられませんでした。

それでは今回の「日本国内で外国人旅行者と行動する際のTips」を。

1. 台風やら地震やらとにかく日本は自然災害が多いので、相手と確実に連絡が取れる手段を持っておくこと! 「ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (4)」でも書きましたが、日本ではWi-Fiが使えないところが結構あるので、プリペイド型のSIMカードは絶対に持ってもらった方が良いと思います!

それでは今日はこの辺で。続きはまた後日書かせていただきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年に観た映画+目標の達... | トップ | ドイツ人と日本のいろいろな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む