うさぎ! 書きまつがい! 映画! 音楽! お笑い!

平凡な日常だからこそ楽しんだもの勝ち!
http://twitter.com/usako_usagiclub/

更年期がやってきた!? (2)

2013-08-21 12:48:24 | 更年期障害
早速ですが、「更年期がやってきた!? (1)」の続きを。

ついに私の端末が鳴り、やっと私の順番が来て、いよいよ診察。先生は女性で恐らく30代なかば。「いつ頃からどういう状態ですか?」と質問され、状況を説明。「熱、測ってみましょう」ということで測ってみると、36.6度。普段は35度台なので、私にしては高いのですが、先生は「熱はないですね」と一言。

「ちょっと血圧も測ってみましょう」ということで、血圧を測ると上が138、下が88。「ちょっと高いですね。いつもこんな感じですか?」「いえ、2月に人間ドックを受けた時は110台でした」「ということはここ半年くらいで上がったということですね。症状的には更年期障害のように見られますが、他の病気の可能性もありますので、必ず内科でも診察を受けてください。」とのこと。私、ほんの数年前までは最高血圧も100を切っていたのに、いつの間にこんな高血圧になってしまったのか…。もちろん今の生活習慣に問題があるのでしょうが、正直とても悲しかったです。

で、更年期障害についての先生の説明はこんな感じでした。更年期障害の対処方法は3つある。1つめは何もしない、2つ目は症状を緩和する方法、3つ目は足りなくなったホルモンを補充する方法。何もしないのは辛いと思うので、選択肢としては症状を緩和させるか、ホルモンを補充するかの2つ。症状を緩和させる場合、おもに漢方薬を服用するが、効果があまり出ない場合もある。一方ホルモンを補充する方法は効果は期待できるが、子宮体癌や乳癌にかかりやすくなるというリスクがある。したがってホルモン補充療法を受ける場合には、あらかじめ子宮体癌と乳癌の検査を受ける必要がある。ちなみに子宮体がんは妊娠・出産経験がない人の方がリスクが高い、等々。

「子宮体癌と乳癌の検査、お受けになりますか?」と質問されたので、「まずは漢方を服用して様子を見て、それがダメだったら検査するという形でもいいですか?」と私も質問。「もちろん大丈夫です」ということで、今回は漢方薬を4週間分処方してもらうことに。4週間後にまた診察を予約して、診察室を出ました。

カルテ返却口で、先生から受け取った紙を係りの人に渡し、精算までしばらくロビーで待機。10分ほどでまた端末が鳴り、会計窓口へ。この病院には院内に薬局もあり、薬代も一緒にここで精算。合計6,345円。予想していたより高かったですが、仕方ありません。さらに隣の窓口で薬を受け取り、病院を後にしました。受け取った薬はツムラの「加味逍遥散」。ググってみたところ「イライラ、便秘、肩こり、冷えのぼせ、頭痛、食欲不振、更年期障害、自律神経失調症、不妊症、子宮筋腫などに用いられる漢方」とのこと。

そう言えば、私、頸椎症(詳しくは「頸椎症になりまして」シリーズをご参照ください)が良くなった頃から、すっごくイライラするようになった気がするのです。特に満員電車の中や、電車を降りた後、一緒に後者した他のお客さんたちと団子状態で改札に向かう時、あとは映画館で不愉快なお客さんが近くにいた時など。私自身はうつ病になりかけているのかも?と思っていたのですが、これが更年期障害の始まりだったのかもしれません。

この漢方薬を飲むことによってイライラは多少は改善されるのかもしれませんが、私としてはさらに積極的な(!?)行動を取り、今後はイライラする環境に極力身を置かないようにするつもりです。つまり、電車に乗る時もピーク時を避ける(これは今までもやってきたつもりですが)、混雑している車両を避けるようにしようと。あと、映画も今までよりは本数を抑えるつもりです。

もう一つ実行しようと思うのが、血圧を下げること。できれば数年前のように最高血圧も100以下にしたいです。というわけで、早速一昨日からサントリー胡麻麦茶を飲み始めましたよ。もちろん食生活も減塩を心がけるつもりです。

はぁー、精神的にはわりと若いつもりでも、やっぱり体は着実に老化していることを実感しましたよ。悔しいですが、仕方ありません。自分の努力でどこまで更年期障害と高血圧を克服できるか、頑張ってみます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

更年期がやってきた!? (1)

2013-08-20 16:11:55 | 更年期障害
いや、かろうじてまだ(!?)40代前半の私ですが、ついにやってきたっぽいです、更年期が。発端は一昨日8月18日。日曜はいつも教会の礼拝に行き、その後ジムでHIPHOPのレッスンに参加する私ですが、その日はジムがお盆休み。なので、礼拝の後も聖書研究会に出席して、帰宅したのが2時前でした。それからちょっと遅い昼食を食べ、ネットを見ていたのですが、暑いせいか画面に集中できない。ちょっと体を休めようと思い、2時間ほどお昼寝。起きてしばらくぼーっとテレビを見て、ご飯の支度をして夕食。世界陸上をぼーっと見ながら、メールを書いていたら眠くなったので、シャワーを浴びて、就寝したのが午後10時半くらい。帰宅してからご飯を食べるか、ぼーっとするか、寝ることしかしていない! ぼーっとテレビを見るくらいなら、Blu-rayで映画観たり、ヘブライ語かロシア語の勉強でもすればいいのに、そんな気になれない…。でも、よく考えると先週も先々週もダンスをやった以外はこんな感じだったかも…。

次の日は朝5時過ぎに起床。6時間半以上寝たわけですが、いつもは5時間くらいしか寝ない私にはかなり長い睡眠時間。うさぎの世話をし、シャワーを浴び、身支度をし、お弁当を作り、出勤。問題はここからでした。昨日たっぷり寝たはずなのに、会社であくびが出っぱなし。とにかく眠くて仕方がない。冷房が寒くてショールを羽織ると、すぐ暑くなってショールをはずす。特に首が熱い感じ。額に手をやると熱っぽい。なんとなく頭も痛いし、時々軽い吐き気もある。体はまた寒くなってショールを羽織るけど、首から上が熱くなってすぐはずす。それの繰り返し。そんな状態なので、当然仕事にはまったく集中できない。そもそもやる気が起こらない。いつもの自分と違う。「どうしちゃったの、私」と思ったのと同時に、「ひょっとして、これが更年期障害なのでは…?」と推測。その後も気分は悪くなるばかりだったので、「午後はお休みして病院に行こう!」と決断し、休暇申請しました。

早速、Webで更年期障害を診察してくれる病院を検索。会社から歩いていける某総合病院に決めました。病院に入り、案内の女性の指示どおりに書類に記入。受付を済ませるとガラケーより少し大きな端末を渡され、「これが鳴って指示が表示されますので、そのとおりに従ってください」とのこと。というわけで、指示どおり婦人科受付へ。受付で問診表を渡されたので、椅子に座って記入。待っている人はそれほど多くなかったのですが、気が付いたら1時間以上そこで順番待ち。その間3分おきくらいにずっとどこかで端末が鳴っていて、何度自分の端末が鳴っているかを確認したことか! フードコートでも似たようなシステムを使っているところがありますが、フードコートは人の端末を自分のだと間違えることはないよなぁ、なんて思ったり。自分なりに考えてみたのですが、フードコートは病院の待合場所よりもずっと広いし、待ち時間もずっと短い。狭い場所で待ち時間も長くなると、「次こそ自分の端末」だと思い込み、つい他の人の端末の音を自分のだと勘違いするのかなぁ、なんて。

前置きしか書いていませんが、今回はこの辺で。続きはまた後ほど。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加