百菜健美☆料理は平常運転☆ニュースはどっかん・てんこ盛り

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

鮮魚とポテトのソテージェノべーゼあえインパデッラ 茶谷 公一シェフのレシピ

2017-06-17 | Weblog

レシピ

 

鮮魚とポテトのソテージェノべーゼあえインパデッラ

コツ・ポイント

・魚は皮目をパリッとさせる。・ジェノベーゼの色がかわらないようにミキサーとオリーブオイルは冷蔵庫で冷やす。

2人分/調理時間:約30分
材料・調味料分量下準備
 こだわり食材  
エクストラヴァージンオリーブオイル       
 材料  
魚の切り身(タイやスズキなど)   180g  塩・こしょうする。 
塩・こしょう   適量   
ズッキーニ  60g  3mmぐらいのスライス。 
ポテト  80g  3mmぐらいのスライスにし、水にさらす。 
トマト  60g  5mm角に切っておく。 
ベビーホタテ   6個   
水菜  20g  水にさらして適当な大きさに切る。 
 【ジェノベーゼ】  
バジル   50g  葉だけにしておく。 
松の実   38g  ローストしておく(軽く色が変わるぐらい)。 
にんにく  2片  皮をむいて芯をとる。 
オリーブオイル   70cc   
グラナパダーノパウダー(チーズ)   160g   
塩   適量   

作り方

  1.  

    ジェノベーゼを作る。ミキサーを冷やし、そこに松の実、にんにく、分量のうち半分のオリーブオイルを入れてまわし、ペースト状になったらバジルを入れる。オイルも少しずつ

  2.  

    1がペースト状になったらボールに入れ、そこにチーズと塩を入れ、ゴムべらなどでまぜる。

  3.  

    フライパンにオリーブオイル(分量外)を入れ、中火であたため、魚を皮目から焼いていく。(3分くらい)

  4.  

    3のフライパンにポテトとズッキーニを順に入れていく。皮目がパリッとなったらひっくり返す。そこにベビーホタテも入れ、塩、こしょうをして軽くソテーする。

  5.  

  6. 4の食材に火が通ったら2のジェノベーゼをスプーン3杯ほど入れ、魚以外にからめる。

  7.  

    5を皿にもり付け、トマトと水菜をかざり、ジェノベーゼをすこしミネラルウォーターでのばし、全体にかけ、上からオリーブオイルをかける。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茎わかめの佃煮リゾット 牡... | トップ | リンゴとモッツァレラのカプ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL