百菜健美☆料理は平常運転☆ニュースはどっかん・てんこ盛り

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

Nabeno-Ism(ナベノ-イズム)フランスバスク地方をイメージしたえびのピペラードカレー 渡辺 雄一郎シェフのレシピ

2017-05-14 | Weblog

レシピ

 

フランスバスク地方をイメージしたえびのピペラードカレー

コツ・ポイント

フォン・ド・ボー ディナーカレーのスパイシーさを逃さないようにするため、具材とカレーソースは別に準備し、ソースへの火入れを最小限にします。野菜はくたくたになるまでソテーしてピペラードを作り、えびは食感を残すようにソテーするなど、具材に合った方法で調理することがコツです。

4人前/調理時間:約20分
材料・調味料分量下準備
S&Bディナーカレー   1箱(97g)   
有頭のえび(バナメイエビなど)   16尾   
玉ねぎ  1個   
カラーピーマン(赤)   2個   
えのきだけ   1袋   
トマト  1個   
にんにく  1かけ   
水   600ml   
水溶きくず粉   大さじ2  くず粉と水を1:1で溶いたもの 
オリーブオイル   適量   
S&Bエルブドプロバンス   小さじ1   
酒   200ml   
ししとうがらし   8本   
温泉卵   4個   
S&Bフレッシュハーブ イタリアンパセリ   適量   
S&Bチリーペッパー(パウダー)   適量   
塩   適量   
S&Bコショー   適量   
 サフランライス  
米  3合   
水   3合分   
S&Bサフラン   小さじ1   
S&Bガーリック(あらびき)   小さじ1   
S&Bエルブドプロバンス   小さじ1   
李錦記 鶏丸ごとがらスープ   大さじ1   
塩   ひとつまみ   
S&Bホワイトペッパー(パウダー)   10ふり   

作り方

  1.  

    作り方 1

    <サフランライス>を作ります。米を洗い、水、その他の調味料とともに炊飯器に入れて炊きます。

  2.  

    作り方 2

    えびは背ワタを取り除いて片栗粉(分量外)をもみこみ、流水で洗い流します。頭と殻は2cm程にカットし、残しておきます。 

  3.  

    作り方 3

    玉ねぎは細切り、カラーピーマンは表面を焼いて皮をむき細切り、えのきだけは石づきを取り1/3にカットしてほぐし、トマトはさいの目切り、にんにくは薄切りにします。

  4.  

    作り方 4

    鍋に分量の湯を沸かし、一旦火を止めてルウを割り入れ、よく溶かします。再び火をつけて水溶きくず粉を混ぜながら加えてとろみがつくまで煮込み、カレーソースを作ります。

  5.  

    作り方 5

    フライパンにオリーブオイル入れ、にんにくを低温から火にかけて香りを出します。玉ねぎに、エルブドプロバンス小さじ1、塩をひとつまみ、こしょう少々を加えます。

  6.  

    作り方 6

    玉ねぎが透き通るまで炒めたら、カラーピーマン、えのきだけを加えてしんなりとしたら、トマトと塩少々を入れてさっと合わせ、火を止めます。

  7.  

    作り方 7

    別のフライパンにオリーブオイルを熱し、残しておいたえびの頭と殻を入れ、こしょうを振ってソテーします。殻の色が変わるまでしっかりと炒めます。 

  8.  

    作り方 8

    酒を入れてアルコール分を飛ばします。こし器を使い、えびのエッセンスを絞り出すように押しながらこし、STEP4を加えて5分ほど煮込みます。 

  9.  

    作り方 9

    別のフライパンにオリーブオイルを熱し、包丁で切り込みを入れたししとうがらしに焼き目をつけます。

  10.  

    作り方 10

    むき身にしておいたえびは半身になるように切り、塩、こしょうを振り、同じフライパンに入れさっと火を通します。

  11.  

    作り方 11

    器にサフランライス、ソテーした野菜を盛り、カレーソースをかけ、えび、ししとうがらし、温泉卵を盛り、イタリアンパセリとチリーペッパーをかけます。

ジャンル:
じまん
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昆布料理・イタリアの魚介料... | トップ | 昆布だしでブイヤベース、生... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL