百菜健美☆料理は平常運転☆ニュースはどっかん・てんこ盛り

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

茎わかめの佃煮リゾット 牡蠣のムニエル 武田 健志シェフのレシピ

2017-06-16 | Weblog

レシピ

 

茎わかめの佃煮リゾット 牡蠣のムニエル

コツ・ポイント

*オリーブオイルは、少し多めに入れることで、お米に膜を作りパラッとほどけづらくなります。
*白ワインを入れるとお米が割れにくくなります。
*リゾットを煮る時に蓋をしてしまうと蒸れてしまうので、外しましょう。
*カレー粉は牡蠣の臭み消しなので、少量でOKです。

4人前/調理時間:約30分
材料・調味料分量下準備
 リゾット  
お米   80g  ※洗わない 
玉ねぎ  1/4個  みじん切り 
オリーブオイル   適量   
塩   ひとつまみ   
白ワイン   少量   
水   適量   
茎わかめ(佃煮)   60g  みじん切り 
 ピューレ  
牡蠣  12粒  ※うち、4粒はピューレに使用 
生クリーム  50cc  水でも代用可 
カレー粉   少量   
 ムニエル  
小麦粉(できれば強力粉)   適量   
バター   少量   
 飾り(彩りに)  
万能ねぎ   適量   
レッドアマランサス   適量   

作り方

  1.  

    【リゾット】玉ねぎは、オリーブオイルで色が付かないように弱火で炒める。そこにお米と塩を入れ、米が透き通ったら白ワインを加え、アルコールを飛ばす。(1~2分)

  2.  

    そこにひたひたになるまで水を加えて、ゆっくりと加熱する。(15~20分)

  3.  

    【ピューレ】鍋に生クリームを入れ、沸騰させる。そこに牡蠣(4粒)とカレー粉を加え、ひと煮立ちさせて、火を止める。

  4.  

    粗熱が取れたらミキサーでピューレ状にし、よく冷やす。

  5.  

    Step2の米がアルデンテになったら、ピューレを加える。さらに茎わかめ(佃煮)を加え、味を調える。

  6.  

    【ムニエル】牡蠣は一度さっと茹でておく。よく水気を取り、小麦粉をまぶしておく。フライパンにバターを入れ、牡蠣を焼き、ムニエルを作る。

  7.  

    お皿にStep5のリゾットを入れ、Step6の牡蠣のムニエルを乗せ、オリーブオイルをかける。仕上げにレッドアマランサスと万能ねぎを乗せたら完成。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茎わかめと鶏もも肉のバロン... | トップ | 鮮魚とポテトのソテージェノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL