百菜健美☆料理は平常運転☆ニュースはどっかん・てんこ盛り

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

シン・ゴジラ

2016-09-17 | Weblog
出典元  FB  岡本よりたかさん

 「シン・ゴジラ」 (荒れたら申し訳ないので友達限定(笑))

原発事故のように

国民の生命や生活に甚大な被害を与える事故に、

政府機関が全く機能しない現実

を描いたのかもしれないが、

現政権が消滅しても映画のような

若き正義感のある政府が生まれることはない。

暫定政府と自衛隊によって

事の解決に一歩近づいたかのように描かれたが、

国民の生命の危機的状況を解決するのはいつでも民衆である。

 

一部を除き原発が再稼働できないのは、

何よりも民衆の声によるものであろう。

もんじゅも廃炉に向かうようだし。

 

映画が、

結局は国は政治でしか変えられないという

「民衆による革命へのアンチテーゼ」

であるのなら極めて残念な話である(笑)。

※追記


黒澤明の「7人の侍」は、

野武士が野武士に勝つというスタイルであったが、

ラストシーンで、

「勝ったのは農民である」と締めた。

この現実感が、

黒澤明の映画が世界中で長く愛される理由でもある。

 

画像に含まれている可能性があるもの:カメラ、1人以上
<form id="u_jsonp_2_i" class="commentable_item" action="https://www.facebook.com/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{">
 
</form>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 料理の旨みが増す「昆布水サ... | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL