百菜健美☆料理は平常運転☆ニュースはどっかん・てんこ盛り

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

きゅうりのヌイユ 目黒 浩太郎シェフのレシピ

2017-07-15 | Weblog

レシピ

 

きゅうりのヌイユ

コツ・ポイント

鮮度の良いきゅうりを使うことがポイント。
皮と種の間の、締まった身質のおいしい部分だけをピーラーでヌイユ状(平麺のような状態)に長くスライスします。
相性の良いイカは半生に調理して合わせ、ピーカンナッツの香ばしさとバジルとレモンを加えてで全体をまとめます。

2人前/調理時間:約20分
材料・調味料分量下準備
きゅうり  2本  両サイドを切り落とし、皮をむいておく 
ケンサキイカ   1パイ  掃除後、格子状に切込みを入れ、1cmの三角形に切る 
塩   適量   
オリーブオイル   適量   
ピーカンナッツ   10g  ローストして細かく砕いておく 
レモンのコンフィチュール   5g  黄色の皮の部分だけをみじん切り。無ければレモン汁で代用 
ハーブ   適量   
 バジルペースト  
バジルの葉   40g   
ニンニク  1/2個   
松の実   15g   
オリーブオイル   80g   

作り方

  1.  

    きゅうりをピーラーで、0.5cm幅のヌイユ状(平麺のような状態)に長くスライスする。ボウルに入れ、軽く塩をまぶしてしんなりとさせ、オリーブオイルで和える。

  2.  

    【バジルペースト】バジル、ニンニク、松の実、オリーブオイルをミキサーにかけ、ペーストを作る。

  3.  

    きゅうりから出た水を軽く切ってから、バジルペーストで和え、足りないようであれば塩で味付けをする。

  4.  

    フライパンにオリーブオイルを熱し、中火でケンサキイカをさっと炒め、塩で味付けをする。
    ※固くなるので、火を入れ過ぎないこと。

  5.  

    ケンサキイカをきゅうりのヌイユが入ったボウルに加える。ピーカンナッツ、レモンのコンフィチュールを加え全てを混ぜ合わせる。器に盛り、ハーブを適量散らして完成。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛蒡と白身魚のパイヤソン・... | トップ | 真だこのベニエ 目黒 浩太郎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL