百菜健美☆料理は平常運転☆ニュースはどっかん・てんこ盛り

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

ガスパチョ 川手 寛康シェフのレシピ

2017-07-12 | Weblog

レシピ

 

ガスパチョ

コツ・ポイント

おいしさの決め手はトマトの風味。甘さの増した完熟トマトで作りましょう。ミキサーにかけた直後は、白っぽい色をしていますが、しばらく静かにおいておくときれいな赤色になります。
※ミキサーの容器を冷蔵庫で冷やしておきます。
※調理時間は、ねかせる時間を除いたものです。

4人前/調理時間:約15分
材料・調味料分量下準備
 ガスパチョ  
トマト  220g  スライスする 
無塩トマトジュース   250g   
キュウリ  50g  スライスする 
アンチョビ   1本   
タマネギ  25g  スライスする 
にんにく  1スライス   
赤パプリカ   100g  スライスする 
 調味料  
塩   ひとつまみ   
シェリービネガー   20g   
 トッピング  
フレッシュチーズ   200g   
飾り用にディルなどのフレッシュハーブ   適量   

作り方

  1.  

    スライスした野菜をボウルや容器に入れ、トマトジュースを注いで軽く混ぜる。

  2.  

    表面をラップでおおい、味がなじむよう冷蔵庫内で一晩マリネする。

  3.  

    マリネした野菜とアンチョビを、冷やしたミキサー容器に入れて、回す。味をみながら塩とシェリービネガーで味を調える。

  4.  

    ミキサーを回した後、2~3時間冷蔵庫内においておくとよい。

  5.  

    ざるなどで漉し、しばらく置いて白っぽさが消えて、きれいな赤色になったら器に盛り付ける。

  6.  

    ガスパチョにフレッシュチーズをトッピングし、フレッシュハーブを添えて完成。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガスパチョ 間渕 英樹シェフ... | トップ | トマトおでんは何であんなに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL