百菜健美☆料理は平常運転☆ニュースはどっかん・てんこ盛り

おいしい
と感じることは生きる喜びに
そして笑顔になります。
舌で味わい、
目は閉じていても
耳は心で。

「ペーボウッヒン」ミャンマー風納豆カレー 嶋倉 秀一シェフのレシピ

2017-07-23 | Weblog

レシピ

 

「ペーボウッヒン」ミャンマー風納豆カレー

コツ・ポイント

コツ・ポイント

・ミャンマーのカレーの紹介です。
・辛そうでチョイ辛、納豆の甘さのほうが印象的なヒトサラ。
・油を多く使うのはミャンマー料理の特徴。今回はやや減らしました。
・納豆はよく洗ってから揚げ炒めにして粘りをとめる。

2人前/調理時間:約15分
材料・調味料分量下準備
 仕込みのソースの材料  
玉ねぎ   1/2個  みじん切り 
ピュアオリーブオイル   75cc   
納豆  2パック  一度混ぜて粘りを出してから洗って粘りを洗い流す。 
ニンニク  大さじ1  きざむ。 
パウダー唐辛子   大さじ1  粗挽き不可。パウダーの唐辛子で。 
おろし生姜   大さじ1   
塩   0.4グラム   
魚醤   大さじ1/2  今回はナンプラーで。 
 最後の仕上げの材料  
鶏がらスープ   90cc  水90cc、中華の素のペースト小さじ1/2で代用可。 

作り方

  1.  

    作り方 1

    仕込みのソースを作る。玉ねぎをみじん切りにしてレンジで温める。しっとりと透き通るまで温める。

  2.  

    作り方 2

    納豆をよく混ぜて粘りを洗い流す。

  3.  

    作り方 3

    ピュアオリーブオイルを温めて適温で納豆を揚げ炒める。

  4.  

    作り方 4

    焦げないように温めた玉ねぎを加えてさらに炒める。一度火を止める。

  5.  

    作り方 5

    ソースの材料を全て入れて混ぜてから再度火にかける。

  6.  

    作り方 6

    仕上げに鶏がらスープを加えて軽く煮てトロミが出たら味見して完成。

  7.  

    作り方 7

    キュウリに乗せるのが現地スタイル。またライスと共に。アジアの意外性のあるヒトサラ。

       
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サーモンと春野菜の生春巻き ... | トップ | 彩り野菜のアンチョビソース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL