うさぎの朗読deハッピー♪兎ゆう朗読通信

朗読家・絵本セラピスト®︎ ・MC・司会・ナレーターの兎ゆうです☆出演情報・活動紹介・講座案内等をゆるりと綴ります。

ロミオとジュリエットの原作者は誰だ‼ 真実のロメオとジュリエッタ報告会 第3弾 出演

2017-02-11 22:59:00 | 朗読・読み聞かせ
2017年2月11日(土)
レッドベリースタジオ二月祭
ロミオとジュリエットの原作者は誰だ‼ 真実のロメオとジュリエッタ報告会 第3弾
場所:レッドベリースタジオ
ナビゲーター:嘉村美和子 (声楽家)
ゲスト:兎ゆう(朗読家)


原作者ポルトに迫る!
シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』には、実は原作者が他にいます。
それが、イタリア人のルイジ・ダ・ポルト。
ナビゲーターの嘉村美和子さんは、ポルトが書いた『ジュリエッタとロメオ』の物語を追い続けています。
イタリアでは、ポルトの物語をもとに作られた絵本が出版されています。
今回のイベントでは、嘉村さんの北イタリア取材とこの絵本をもとに、物語の真実に迫りました。





始めに、嘉村さんが、物語の背景となる歴史や文化について解説。
続いて、絵本の朗読を行いました。この絵本は、日本語に翻訳されたものは出版されていないため、嘉村さんが翻訳をし、それを私が語りやすい文章に整える作業を行いました。
朗読では、嘉村さんがイタリア語の原文を読み、続けて私が翻訳文を朗読。イタリア語の響きもお楽しみいただきました。





そして、私が嘉村さんに、文化や習慣の違いや宗教的な観点など日本人にはわかりにくい部分やポルトの原作との相違点などを質問し、理解を深める時間も持ちました。



イベントの最後は、声楽家である嘉村さんが、ロメオのアリアを歌いあげました。
解説・朗読・歌という、たっぷりのプログラム。
ご来場いただいたみなさんに、「楽しかった」「感動した」とお声をかけていただきました。

私の朗読についても、「声を聴いた瞬間に涙がでました」「肌で伝わってくる感じでした」などのお言葉を頂戴し、胸がいっぱいになりました。
本当にありがとうございました!

※朗読にあたっては、出版社より利用の許諾を得ております。



兎ゆう出演情報はコチラ
兎ゆうプロフィールはコチラ
『イベント』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おしごBARっていいね!絵本セ... | トップ | Wゆうの絵本セラピー®︎ ゆう... »

朗読・読み聞かせ」カテゴリの最新記事