うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

自転車の視点

2017年04月02日 | 日記・エッセイ・コラム

前回はあまり美的とは言えない写真を冒頭に掲げていたので、今回はきれいなものを;

先日ワカケさんのいた桜の木、だいぶ咲いてきて7分咲きぐらいになった。この日もワカケさんや、目白、ヒヨドリなどを見かけた。

樹が少ないので大変だろう。

住まいが移っても、今の地域と縁が切れることはなく、引き続き頻繁に訪れることになる。

自分の拠点はなくなるというか、何十キロか離れることになる。多少の不便はあろうが、まあ仕方がない。

今の住まいに落ち着いたのは19年前だが、それ以前からこの界隈、だいたい10キロ四方くらいの範囲のところに住んでいた。

何度か転居をしたが、この地域にはもう足かけ27年ほど住んでいることになる。

いずれも自転車でそれほど無理なく移動できる範囲だ。

移転後、この地域へは電車(+徒歩)または車でアクセスすることになる。

徒歩、自転車、車、それぞれの移動手段には適切な距離感や利用方法がある。

徒歩で20分を超えるような移動はちょっとしんどい。車でもいいが自転車のほうがカジュアルだ。

自転車も、30分以上かかるところは車にしたほうが無理がないように思える。

自転車には自転車の視点がある。車だと流れが速いし、運転手は常に前方を注視しているのでまわりが見えにくい。

自転車だってよそ見はそうできないが、もう少し自由だ。歩きに比べると、次々と現れる風景から得られる情報も多くなる。

それに、車の通れない狭い道も通れる。

一方通行も逆走できる(自転車になれた道は、車だと走りにくい時がある。普段通っている道が進入禁止で戸惑ったりとか・)。

昔は(といっても、個人的にはつい最近だけど)ナビも無かったけど、経験的に近道を探したりしていた。今思うと、どうやって見つけたのかな、とびっくりするような行き方を知っていたり。。

このあたり、結構変化が多くて、飽きないところだ。

自然も残っているし、テレビで紹介されるような繁華街へも近い。

もちろん車でも、毎日のように通えば印象に残る風景が見つかったりもする。

ただ、それは車の視点であって、自転車とは違う。歩きも然り。

かつて通った道を、久しぶりに走ってみた。

で、思ったんだけど、ここ数年、自転車余り乗らなくなったな、自分、と。

若い頃というか、30代半ばくらいのころは、結構あちこち。。それも、趣味的な自転車ではなくママチャリで、観光的なことではなく、買い物とかの用事で。

歩くことは今でもけっこう歩いている。鎌倉行ったりとかね。地元周辺を移動する機会はあまりなくなっていた。

昔良く行った図書館、大手系ではない小さなスーパー・・。飲食店は変化が激しい。

3年前見たとき、小鳥を売っていた店は、今回みたらシャッターを閉じていた。

 

図書館の近くに、通りに面して明るいリビングルームが見える家があったのだが、今はどこに建っていたのかも分からない。

ビクターの密閉型のスピーカーが見えて、あれを鳴らすとどんな音がするんだろうな、と想像したりしていた。もう20年以上前の話だ。

若い頃住んだ町を見ているうち、この辺のワンルームとか、今借りたらどうかな、と思をめぐらしてみたりして。。

そう思いながら我に返ると、う~ん、やっぱり歳月は流れているな、と、改めて思っちゃうよな。

昔はよく、道を通りながら、将来はこんな家に住みたいな、こんなところで暮らせたら、どんな気分だろうか、などと思ったりしたものだが。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誰なら良いのか | トップ | この世界の片隅に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。