うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

画像転送サービス

2016年10月18日 | デジタル・インターネット

Eye-fi X2カードの転送サービスが使えなくなって、もう一月くらいになる。

今になってそんなことを記事にするのも気が抜けた話だが、僕が気が付いたのは1週間くらい前のことだ。

我が家では8月にパソコンをリカバリした際に、Eye-Fiのアプリをインストールすることができなくなり、画像自動保存には使えなくなってしまった。Eye-Fiセンターには1週間保存されているので、それを利用していたのだが、サービス終了でそれもできなくなった。

カードそのものは、コンデジのIXY31Sに入れてあった。IXYも以前は毎日持ち歩いていたが、今はスマホがその地位にある。

スマホの画像はEye-Fiアプリを使ってパソコンに転送することができた。さいきんではEye-Fiの役割はこちらのほうが重要になっていた。

Eye-fi亡きあとは、One drive(スマホ画像も自動でアップロードさせている。ただし、タイムラグが大きい)か、必要な画像を都度dropboxにアップして使っている。

Eye-fiサービス終了に伴い、これを救済するためのアプリも出ているようだが、利用はしないかもしれない。もうEye-fiを使うこともあるまい。

サービス終了については、いくつかのブログなどで取り上げられていた。結構使っていた人も多かったようだ。

Eye-Fi画像を、Flickrに転送する設定をしている人がいた。Flickerは一人1テラバイトの容量が与えられている。Eye-Fi+Flicrなら、撮った画像を転送の手間なしに、いつでもどこでも利用できるという、理想の状態が実現できたのだ。

ただし、こうしたサービスは今回のように、業者側の都合であっけなく打ち切られてしまう。カメラメーカーなどが提供している(カメラ組み込みの)wi-fi転送サービスやアプリ、オンラインストレージなども、未来永劫提供されるというわけではない。結局地道にHDDに自分で転送保存するのが確実かな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経済セミナー | トップ | 吉田拓郎 爪 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。