うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

経済セミナー

2016年10月16日 | 社会・経済

土曜日、品川でこちらのセミナーを聴講してきました。午前中から夕方5時までやっている、長いセミナーなのですが、朝は別の用があったため、午後の第二部、第三部を聴講。

なにしろ、竹中平蔵氏、吉崎達彦氏、宮家邦彦氏という、当代一流の論客によるフォーラムですから、面白くないはずはない。

竹中氏は黒田日銀の功罪というテーマで1時間公演されました。マイナス金利については、自然利子率、貯蓄と投資の関係など、オーソドックスな説明。日銀については「専門性が高く、即断即決を求められる為独立性は重要。しかし目標設定については政府の政策と一致を図らねばならない」とし、過去にはいくつもの失敗を繰り返してきた、という批判も。

黒田総裁はこれまでの日銀首脳と違い、目標と時期を明示した点で画期的、金融政策としてやるべきことはしているが、政府側が歩調を合わせて構造改革等を進めることができなかった。消費増税も失敗だった。ただしそれは前政権の負の遺産だ、と。

年内にあるかもしれない、米利上げが、黒田日銀にとって挽回のチャンスになるのでは、として締めくくりました。

第三部では竹中氏をモデレーターに、吉崎氏、宮家氏が持論を展開するという構成。ちょっときちんと要約する自信がないのですが。

  • 米大統領選について、両氏とも酷い戦いだと酷評。勝敗はほぼ見えているが、票差が小さかった場合「トランプ現象」は尾を引くだろう。米国に限らず、保護主義、ナショナリズムの流れは、世界の分断を招きつつある。
  • TPPについて、クリントン氏は本心では賛成であり、1~2年後には実現させるだろう。
  • かつての常識がいまでは通用しない。米ロはともに資源国(米は世界一の産油国)となり、原油価格の下落は必ずしも米景気を刺激しない。米の製造業は活況を呈しているが、雇用を伴わない。日本の貯蓄率はいまや極めて低い。。
  • 米利上げは、年内1回、来年も数回はあるかも。景気後退の可能性について、吉崎氏は現状それほど過熱感がないと楽観視。
  • 欧州。英国のBrexitと同様の流れ、ナショナリズムとポピュリズムは欧州全体に蔓延している。来年にかけて伊仏独蘭で選挙があり、これがどう表れてくるか。さらにこれが中国に広がっていくと?
  • 宮家氏、かつては東西冷戦がナショナリズムを封印し、世界は安定していた。これからは冷戦以前の状態に戻る。冷戦後に出た楽観論、フランシス・フクヤマ氏などを暗に批判。人の本質はそんなに変わらないと。
  • 吉崎氏、グローバル化と民主主義と国家主権は、両立しない(トリレンマ)。→お二人とも、だいぶ悲観的、と言うか・・。「新しい中世」も、天安門もアラブの春も、今は昔。。
  • 竹中氏は今後のCityの地位について関心が強い。吉崎氏は、イギリスは市場主義なので、多少振れがあってもいずれは、と楽観。むしろEUに不安感。
  • 中国。2020年までは6%成長で行けるだろう。問題はその先。国有企業改革はとん挫するだろう。ことによると中所得国の罠に陥る恐れも。
  • 一人当たりGDPは2001年の1000ドルから昨年8000ドルに増えた。ので、消費側は良いのだが、生産側には問題がある。粗鋼生産量8億トンをどうさばくというのか。
  • 習近平は権力を掌握しきれているか。宮家氏は掌握はしていると思う。外交政策のブレは、常務委員ほかの政権中枢に外交への関心がなく、国内ばかり気にしているから。強硬派は軍を握っている。それが問題。
  • 中東。宮家氏、「オスマン帝国はまだ壊れていない」。シリア、イラクはもう壊れてしまった。ヨルダン、レバノン、サウジは大丈夫か?
  • アメリカは中東から手を引くことはない。中東からの撤退は、アジア太平洋地域からの撤退を意味する。その選択肢はないはずだ。
  • 中印の成長ピークは2010年。翌年から石炭、鉄などの一次産品価格が下がり始めた。石油はアラブの春などの影響で高止まったが、14年ごろから下がり始め、今年初めに底を打ったと思う。
  • ロシア。アメリカの横槍が入らない、この時期に訪日のシナリオは予測できた。双方とも、なにか考えがあるはず。結果次第で政局に。
  • 吉崎氏。民主党は下院を取れず、ヒラリー氏はしばらくは慎重運転をするだろう。
  • 宮家氏。中露は米新政権を試すだろう。時期は就任後数か月のあいだ。中国は南シナ海。ロシアはバルト三国か。欧州と中東の状況に注目。
  •  竹中氏。日本はオリンピックのある20年までは勢いを保てる。その先を見る必要がある。構造改革を進めるべき。

というわけで、やはりまとめきれなかったですね。。

帰り道。何人かのひとが写真を撮っていたので見ると、大きな月。

写真に撮ると、小さくなってしまいますが、肉眼ではけっこうインパクトがありました。

今日が満月かと思ったら、これは「14番目の月」だったようです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつのまに | トップ | 画像転送サービス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。