うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

大鉄道展

2015年05月15日 | 鉄道、車、のりもの

所用で出かけた帰り、日動美術館で「大鉄道展」を見てきた。

非常に有名な作家のものはないが、鉄道に関するテーマの絵画をずらりと並べられたもの(主に現代美術が多いが、明治初期の錦絵なども展示されている)をながめていて、感心した。これが面白いのだ。

鉄道とアートというのは、あまり結びつかない気もするが、明治期(日本では)にはハイテクや西欧的なものの象徴であり、今は日常の風景の一部であったり、のどかな田園風景に溶け込んだ存在であったり、はたまた旅情を誘うロマンチックな存在であったりもする。

アーチストの方々にも、それなりにアピールするモティーフであるようだ。

図録は販売されていなかったので、今個々の作家の名前等を思い出すことはできないが、とても楽しめた。

特別展の1階は、そうした絵画やオブジェが展示されていた。

2階はがらりと変わって、鉄道写真家中井精也氏の写真とジオラマが並べられている。

1階は撮影禁止だが、2階は中井氏の希望で撮影可能、ブログやSNSで拡散してね、ということなので、そうします。

中井氏、いいですね。いわゆる鉄道マニアの写真は車両を画面いっぱいに入れた、記録写真的なスタイルが多いが、中井氏は鉄道と、その周りの風景、人々が撮影の対象だ。

のんびりした田園風景や、駅や車内に憩う人々、鈍く光るレール、風雪に耐えた枕木・・。僕等が鉄道に惹かれるのは、そうした情緒性を、線路や列車、駅施設が持っているからなのだろう。

階段を上って展示室に入ると、目に飛び込んでくるのが巨大なジオラマだ。

これ、2月に横浜で行われたCP+ 2015で展示されたものなのだそうだ。CP+、僕も行ったんだけど、体調が悪くて退散したので、ジオラマは見られなかった。人が多かったしね。

全体はこんなかんじ。ソニーのカメラが置いてあり、撮影可能。もちろん自分のカメラで撮影しても良い。

以下、このジオラマのはなしをしばらく・。

どこか懐かしい、日本の鉄道の原風景がひろがる。

線路や、全体の規格はGゲージ(レーマンL.G.B.  1/22.5 線路幅45mm)のものだと思われる。かなり大型の模型で、庭を走らせたり、飲食店で料理を載せてお客のテーブルに運ぶのに使われたりするのを時折見かける。

ここでは車両をすっかり日本風に改めている。かつて存在した軽便鉄道の装いだ。

詳しいことはわからないのだが(ウェブかどこかの雑誌で紹介があるのかも知れないけど)、全体の構成は、我々個人が作るような、Nゲージなどのレイアウトとはずいぶんと違う。

走行中の車両には、幼稚園の園児たちが乗っていて、みんなで外を眺めている。

線路脇の花もきれいだ。こういう表現は、サイズの大きな模型でないと、なかなかできない。

うっそうとした森には、本物の木(ゴールドクレスト?)がつかわれているようだ。駅前には大きな桜が咲いている。

人形のおおきさを考えると、葉っぱのおおきさなど、全体のスケール感はおかしいのだが、とにかく雰囲気は出ている。

人形たちは様々な工夫が凝らされている。中井氏本人や、中井氏の娘さんも出演しているという。

スーパーリアルをめざすのではなく、漫画的というか、強調したいものをわかりやすく見せることで、全体が中井氏のよくいうゆるい鉄道風景としてまとまっている。

簡単なようでいて、これは結構高度な、芸術的なセンスが必要なのではないかと思う。

「絞りを優先せよ」

皆さんのブログとかを見ていると、この看板が気になるのかみんなこのシーンを選んでいますね。

ちなみにこの写真は持参したPentax Q ,01 Standard Prime で絞り優先 F1.9です(α7Ⅱではなくてすみません)。

ところで、この鉄道は有葉線(あるふぁせん)という名前なのですね。

あるふぁは、ソニーのレンズ交換式カメラのシリーズαから来ているのでしょうけど、僕なんかが聞くとつい、西の岬とか北の大崩れとか、探してみたくなったりします。

もっとも、それでは「昔ながらの鉄道の原風景」ではなくなってしまいますが。

ただ、このカットのように、軽トラとおじさん、おばさんがいるシーンには、「ヨコハマ」にちかいものを感じたりします。

これだけ花を作り込むのに、どのくらい時間がかかるのでしょうか?

黄色いチューリップ畑?に、ピンクのレインコートと赤い傘、長靴の女の子。とても効果的ですね・・。

というわけで、常設展を含め色々楽しんだのですが、記事的にはジオラマが中心になってしまいました。

大鉄道展は24日(日)までです。

 

 

 

 

 

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どろきん | トップ | M.J.Q. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。