うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

職場近くの本屋

2017年05月20日 | 日記・エッセイ・コラム

自宅近くの本屋も大事だが、職場の近くに本屋があると、行き帰りや昼休みに寄ったり、場合によっては日中休憩のために行ったり(大人の判断で)するので、けっこう利用頻度が高い。

最初の職場の入っていた建物には、真下の地下に1件、つながっている地下街の隣のビルにも1件、丸善があった(いずれも規模は普通の書店並みに小さかった)。更にその先のビル1階にも、少し大きめの本屋があった。丸善はその後数年で相次いで撤退してしまったが、代わりに別の店が地階にできた。オフィスの近所を歩くともう何店舗かみつけられたし、少し歩けば官報販売所(というのかな)みたいなのもあった。今から思えば、かなり恵まれた環境にあった。

神谷町近辺にも長くいたが、地下鉄の通路にあった小さな書店はよく使った。この時代はむしろ、一駅電車に乗って六本木にランチに行ったりしていて、駅近くにあった青山ブックセンターなどが印象深い。リブロなどもそうだが、他とは違った品ぞろえで興味を惹いた。普通の本というか、たとえば鉄道雑誌などはおいていなかったので、そういう本は地下のあおい書店を使った。ここは、以前はべつのなまえだったかな?

やはり神谷町ではないが、近くの六本木一丁目、泉ガーデンの中にあった書店も印象に残っている。比較的新しい店のはずだが、所狭しとたくさんの本が陳列されていた。ここも品ぞろえが独特だった。

今は地下鉄通路の書店もなくなり、一時期オフィス近くにあったブックファーストも撤退した。代わりにツタヤが駅近くにあるが、ここができたころはもう別の場所で仕事していた。

青山のあたりもあまり本屋はなかったな。外苑前のリブロは好きで、頻繁ではないがよく行っていた。ここなどはなんとなく、書棚のレイアウトが頭の中に残っている。

ツインタワーの流水書房も、たしか今はなくなってしまったと思う。ベルビー赤坂にも書店があったが、ここもビックカメラになってしまった。もうずいぶん前の話だね。

茅場町付近は本屋がなかったな。花王のビルの下にちょっとあったぐらいだ。もっとも、茅場町も広いので、別のところにあったのかもしれないが。

今よく使う書店はオアゾの丸善だが、転居後の通勤ルートが変わったので、「ちょうど帰り道の途中」というわけではなくなってしまった(改札口の前をとおりすぎて、帰りはまたもどってくるみたいな)。本屋さんも色々大変だろうけど、なんとか頑張って生き残ってほしいものだ。

話は飛ぶがうちの本棚、はやく棚板セットして片づけないとな。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インシュレーター | トップ | デカポス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。