うさぎくん

小鳥の話、読書、カメラ、音楽、まち歩きなどが中心のブログです。

吉祥寺追想

2017年10月09日 | まち歩き

近くに用があったので、久しぶりに吉祥寺で買い物をした。

吉祥寺の街そのものに住んだことはないが、以前はこの街の商圏となる周辺に30年近く住んでいた(その間数回引っ越しているが、いずれも吉祥寺は近比較的近かった)。

ただ、その間ずっと吉祥寺に通い詰めていたわけではない。電車やバスで行くのだけど、新宿とかに出てもアクセス時間はそう変わりがない。自転車で、それもどこかに行ったついでに行くことが多かったが、最期の頃はそれがだんだん億劫になってきて(としのせい?(><;)、あまり行かなくなっていた。

今回街に降りたったら、懐かしくなって少し歩き回ってしまった。昔は何とも思ってなかったが、街を歩くのが貴重に感じられるというのも、なんだか田舎者っぽいというかなんなんですが。。

そういや昔、残業で最寄りの私鉄が終電を過ぎたとき、オフィス近くからタクシーに乗らずに、吉祥寺まで来て乗ろうとしたことがあった。そしたらこれが全然来なくて、2時間以上待ったことがあった。郊外の街なのだから、流しのタクシーはそうは来ないのだ。あれには参ったな。。

 

一番よく行っていたのは、京王のビルにユザワヤが入ってから5,6年の間だ。自宅(=駅前)からバスで、早ければ20分弱ぐらいで行けたので、休日の夕方ちょっと出かけて買い物をして、食事して帰るとか、よくやっていた。

ユザワヤは一時期、地下から8階(だっけ?)ぐらいまで、ほぼ全館が売り場となっていた時期があって、あれはすごかった。手芸品から趣味関係、家庭用品、日曜大工、オーダースーツ、おもちゃまでみんな揃っているのだ。さすがに手芸関係はあまり縁がなかったが(舞台小道具のため、買い物したことはある)、キッチン用品(今も使っているセラミック包丁を買った)、文具、工作用品、そして画材、更に鉄道模型。。この模型の品ぞろえは、素人の客である僕ですら心配になるほど(在庫管理どうするの?)凄まじいものだったが、本稿ではその話題は軽く流すことにしよう。画材は、そのころ油絵の教室に通っていたので、毎週のように何かしら買っていた。ユザワヤがあったからこそ、毎週吉祥寺通いをしていた、といっても過言ではない。 

一度、B1のパネル(1mx70センチぐらい)2枚をユザワヤで買って、自転車で持って帰ったことがある。でかいし風で舞い上がりそうになるし、大変だったけど。。

もう一つ、吉祥寺でよく買っていたものは、音楽ソフト、録音メディアと本だ。

CDはここディスクユニオン、山野楽器、新星堂で買うことができた。

ディスクユニオンは昔のまま今も盛業中の様子。ここ、割と最近来た記憶があるけど、あれはいつだっけな。。

新星堂は駅の高架下のどこだったかにあった。店舗は別だったが、AVソフトも扱っていて、初期のDVDを買っていた話は先日書いた。

新星堂と山野は、楽器のほうは盛業中だが、ソフトは止めたみたいだ。上の写真はもと山野楽器のあったビル。階段上がって通りに面したほうにクラシック系売り場があった。

お隣がルーエという本屋で、ここもよく立ち寄った。今日行ってみたら、1,2階で営業してるようだ。以前は地下にも専門書売り場があったように記憶している。

こうして色々思い出してみると、自分が売り場を探していたときの記憶が強烈によみがえってきて、時空が捻じ曲がるような奇妙な感覚がわいてくる。。

家電量販店としては、ラオックスが、いわゆる白物からパソコンまでいろいろそろっていた。ここでフィリップスのアイロンとか、カシオのラベルライターを買って、今でも持っている。

2階がパソコン系で、当時としては随分たくさんの商品が並んでいた。デジカメもたくさんあって、長いことあれこれ手に取って悩んでいたのも懐かしい。

ラオックスはヨドバシができたころ、入れ替わりに撤退していったと思う。

ヨドバシ吉祥寺は、以前の近鉄百貨店だ。デパートは近鉄、東急、伊勢丹が店を出していた時代があって、そのころの印象が強い。近鉄のあと三越(と大塚家具)が入ったようだが、そのころの記憶はない。

ヨドバシが吉祥寺に来るということで、近所の仲間たちの間で話題になったが、当初の開店予定日になってもしばらくオープンせず、あれ?と思ったことがあった。

ヨドバシ開店後は、自分の中ではずいぶんと新しい時代、という印象が強い。ここではウォークマンを買ったことがある。その他、デジカメのポーチとか、そいういう小物は結構買っている。

いわゆる家電量販店は、今はヤマダ電機とかも進出しているが、結構栄枯盛衰がある。駅前にはさくらや(新宿を中心に展開ていたカメラ系の店で、吉祥寺では眼鏡うりばとして進出していた)、写真のところにはたしかカメラのドイがあった。カメラのドイはもう四半世紀ぐらい前に撤退してしまったが、たしかここでシチズンの電卓を買った記憶がある。マレーシア製で大きくて丈夫だったが、先日の引っ越しのときに捨ててしまった。

吉祥寺サンロード。渋谷も新宿も苦手だが(それより池袋のほうが苦手かも)、ここの人込みは少しはゆるせるかもしれない。

ただ、周辺の道路は自転車でも通りにくいほどで、車でなんかとても来る気になれない。

伊勢丹の入っていたビルは回送されて盛業中の様子。伊勢丹と、専門店街も自分にしてはけっこう使っていた方だと思う。

下のほうに傘屋さんがあって、傘を買うときはそこを使っていた。ふつうの人は傘をどこで買うのか、傘屋というのがここ以外見当たらないのでわからない。自分は今はネットで買ってしまっているけど。。

東急は昔ながらの百貨店という感じ。もっとも、日本橋三越も店内はどこか懐かしい雰囲気が漂っているけど。

ここもお客さんは多い。地下食品売り場、何度か行ったけど、あれはいつだったかねえ。

多奈可亭は西荻店は喫茶、ケーキともによく使っていた。こちらが本店ですね。

公営自転車駐輪場。平日のほうが満車になることが多い。

VICという店だが、ここもよく使った。以前はソニーの専売店みたいになっていて、ソニーのAV製品を中心に売っていた。

それと各種メディア、ビデオテープ、カセット、MDなどがたくさん置かれていた。ビデオとMDは本当によく買ったものだ。VHS10本入りとかね。

MDも黎明期(20年ほど前)にはよくここで買っていた。最初600円ぐらいしていたのが、だんだん下がっていくんですね。450円とか、400円とか。変わり種の、花王のMDとか、TDKの高級MDとかにも手を出したりした。。

今はもう、メディアの音の違いを楽しむ、なんていう話は過去のものになってしまいましたね。。

まあ、そんな時代を過ごした吉祥寺だったわけです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あめあがり | トップ | じゃぐ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吉祥寺 (ちゃちゃママ)
2017-10-16 17:38:55
こんにちわ。寒いですね!
ぶらり吉祥寺、、ふむふむ、と頷きながらご一緒している気分でした。今は無くなった百貨店や小さな路地のお店、わかりますわかります、、好きな街です。
もう亡くなった大叔父2人の家があり、幼い頃から馴染み深く、学生時代のバイト先、そして今年初旬に解体して売却してしまった大好きな、主人の実家へは必ず吉祥寺からバスに乗りました。もうバスに乗ることもありません、。今は亡き義母とは良くユザワヤへ行ったり伊勢丹へ行ったり、、。最近は訪れる度に懐かしさと寂しさを感じる街になってしまいました。
土曜日はヨドバシに、掛け時計と置き時計を買いに出かけました!2つとも同時に壊れてしまったので。

実は旧お住まいの片付けから解体のお話、息を呑んで拝見していました、、お写真から、お家の雰囲気も時期的な事も主人の実家とあまりにもシンクロしてしまい、、哀しみが深くて今までコメント出来ませんでした…。
吉祥寺の街へのノスタルジーと共に、ちょっとだけお話ししたくなりました!
ちゃちゃママさん、 (うさぎくん)
2017-10-18 12:15:16
コメントありがとうございます。
あの街は狭いですが、それこそ日々訪れる人たち、住んでいる人たちやお店の人たちそれぞれに深い思い入れがあって、とてもここの記事だけでは描き切れるものではないですよね。。いまさら言うのもなんですが、小さいのにたいていの用事が足りる街、というのは、他にはあまりないですし、しかも行けば行くほど奥が深い。。書けませんでしたが、昔から挑戦しようと思って行けていないジャズ喫茶とかも、これから挑戦したいな、とか思っています。

家の件、また別記事で書くかと思いますが、春に引き渡してから直ぐに解体されて更地になり、そのあと夏中空き地になっていたようです。先日知人から聞いた話では、いよいよ建物の建築が始まったとのこと。あの土地も、ご近所の方々も、新しい住人の方を迎え、また新たな日常が始まることでしょう。今でももうそうなのですが、「あの家にいた僕」は、「昔いた人」の一人になっていくのですねえ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

まち歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。