″当り前″は幸せな言葉 ~働く女の闘病&家庭・育児~

「これは本当に腰痛だろうか」から始まり、産後、苦しみながら育児・家庭・仕事・学業を抱えるサバイバル?なブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これまでの経過⑨ 炎症性腰背部痛とは???

2017-06-28 12:30:28 | これまでの経過
私は個人のクリニックでいろいろな検査をしてもらう予約を入れた。

が、立てなくなった翌日突然私の祖母、娘からしたらおっぴさん(曾祖母)が危篤と電話をもらった。
立てないくせに、動けもしないくせに、私はフォレスターに乗って10キロ先の病院へ行った。

ばーちゃんはもう亡くなっていた。悲しいやら痛いやら。何が何だかわからないまま時間が経過した。

無理くり動かしたためか、一週間ほどでまた体は動くようにはなった。

ただ、たまらなく痛い。



そして法事が一段落してペインクリニックを受診した。

検査の結果、膠原病ではないようで、炎症性腰背部痛って言われたけど納得できない。

しかも、酷いアレルギー体質&逆流性食道炎の私に次々に出される鎮痛剤。

いろいろに副作用が出るのは当然で・・・
いい感じに飲めた鎮痛剤も生理が泊まってしまったため、もう飲める鎮痛剤がなくなっていた。

そこのドクターは私にバイオ製剤を勧めてきた。
だけど、「あなたのはどうせ治らないよ。この薬効くと思うけど試してみない?一回5000円」
その言葉に私はドクターへの信頼をなくしてあっさりやめた。

このころ、痛みは薬のおかげでよくなっては来ていたけど、首から足がつっているような感じ。
エスカレーターに乗り降りする一歩、新幹線に乗る一歩、誰かに乗せられる車の振動、ほんの少し自分の意思と違う力が加わっただけで足から頭までの激痛がある。

もう一度整形外科に戻ることにしました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これまでの経過⑧ ペインクリ... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

これまでの経過」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。