龍一京/瓜生章の活動日記

作家龍一京/瓜生章の日々のあれやこれやを綴っています

先日、小紫の塾した実を……

2016年10月13日 | 日記
今年は、小紫の実がびっしりつきました。先日、熟し塾した実を摘んだという報告はしました。その実をきれいに洗い、新聞紙の上である程度水を切り、いま網の中に入れて吊るし陰干しにしています。
種子はかなりの水分を含んでいますので、その水分を完全に抜かなければ腐ってしまいます。大事な工程です。そこでいま、小紫の可憐で丸く、可愛い紫の実を見ていると、詩を書きたくなってきました。今でも可憐で可愛い女性の姿を見かける

と、その純粋さにふと目を奪われます。こんなガサガサして、人の心が乾ききっているような世の中でも、まだ、純粋さが残っていると気づかされ、なんとかそれをわらべ歌の詩という形で残し、いずれ曲を付けたい、そんな思いに駆られてくるのです。もちろんそればかりではありません。先日、小説はしばらく書きたくないと言いましたが、なぜか、いろいろなプロットが頭に沸いてきます。もちろん、だからと言って今すぐペンを取る気にはなれません。しかし、私の中にある何かが

突き動かされていることも確かなのです。
命ある限り作品を作り続けたいという気持ちがまだ残っていて、それが自分の気持ちを突き動かしている。そんな風に思えます。「何もしたくないのに何かしたい」そんな全く正反対な相反することが、勝手に胸の中で葛藤し、悩ましてくれま

す。有り難いことです。最もその気持ちがすぐ作品を作ることに通じればいいのですが、自分の中で正反対の気持ちが互いにけんかしてしまうのです。これを俗にいえば悩みというのでしょうか。贅沢ですね。
一方で「俺はまだやる気は消えていないんだ」そんな気持ちがしてきて、何かが気持ちを奮い立たせてくれるのです。

いずれ気持ち的に「書かねばどうしようもならない」そこまで気持ちの高ぶりが出てきたときに、自然にペンを取り書き始めているのでしょう。そこまで待つしかありません。私がこんな気持ちになること自体自身で驚いています。しかし、これが現実。何もかも受け入れて前を向いて生きなければ、とふとそんな気がしました。  ではまた。



















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡山県と岩手県の詩が…… | トップ | がんの精密検査を…… »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。