リンリン、草時計

現役リタイヤの暮らし=ガーデニングや本・映画・旅に保護犬.エトセトラ…我が子に伝える『マイ・ライフ』

ナチ党幹部の孫が書いた本『犯罪』

2016-09-15 | 本・映画
不思議な魅力の本を読んだ。


著者のフエルディナント・フォン・シーラッハはドイツの弁護士。

そして、ナチの戦犯としてニュルンベルク裁判で被告人とされた
ドイツ労働者党(ナチ党)の全国青少年指導者、バルドゥール・フォン・シーラッハの孫だという。

まずこの血筋にびっくり!だけど・・・
(そうよねぇ、本人の罪じゃないし、祖父が誰だって堂々と生きればいいんだよね)
と、
一人勝手に納得する(笑)

で、この本『犯罪』はナチもヒットラーも関係ない。
ミステリーでもない。

異様な、又、不可思議な、「犯罪」の数々が淡々と描かれ、
(あれ?結局何だったんだろう・・・)と
狐に抓まれた思いで、読み返してしまう短編集。

2012年本屋大賞・翻訳小説部門第1位
2012年「このミステリーがすごい!」海外編第2位


そうそう、初めに何度か読み直してしまったのは
(舞台は何処の国?)と戸惑うほど、人名がバラバラだからだ。

で、すぐ気がついた。
第2次世界大戦後、移民国として発展してきたドイツ。
色んな名前、色んな民族が住んでいるのはごく当たり前の光景なんだなぁ。。。



サララは里親募集のご縁で出会った子です。
ペットブームの中で、可哀相な子が沢山います。
ペットを飼いたいと思ってる方に、
こんな選択肢もあることを知って頂きたいです。

↓犬猫の里親募集サイト

ペットショップに行く前に



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミステリーな豊洲市場!&ケー... | トップ | 地球を半分周る高揚感!=明... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本・映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。