Sakana no Sanaka

沖縄本島ビーチダイバーの一考察

擦り傷程度…(イシヨウジ)

2017-02-24 19:25:22 | ヨウジウオ科

本日はキッパリと寒ーいやんばるです。

空はドンヨリで雨交じり。

風も強めで体感の寒さがさらに…。

平年並み、あるいはそれをやや下回る寒さの週末になるようです。

風は北西。曇ときどき雨。

■■

『鳥の血に悲しめど、魚の血に悲しめず。声あるものは幸いなり』

人は、血を流す傷を負った生き物に出会ったとき、苦痛の声を上げているものには同情できるが、あげていないものには同情できない。

そんな感じの意味。もちろんそれだけの意味ではないですけど…。

明治時代の小説家で評論家の齋藤緑雨の言葉です。

もっとも、齋藤緑雨の著作はまったく読んだことがありません。

僕にこの言葉を教えてくれたのは、世界的に有名な日本のアニメ、もうすぐハリウッドで実写映画にもなる作品に登場する〈少佐〉ですから。

生きた状態から魚を捌ける人は多いでしょうけど、生きた状態から鳥を捌ける人はきっと多くはないでのでしょうね。

うちの父親は両方共できる人ですが、僕は両方共できません…。

■■

さて…

〈ヨウジウオ科ヨウジウオ亜科イシヨウジ属イシヨウジ Corythoichthys haematopterus 17年1月30日 沖縄島安和〉

当地では、近似種のクチナガイシヨウジに比べて少ない印象です。

この体の模様、何度見ても大理石を連想してしまうのですが、だから『石』なのでしょうか。

■■

学名種小名は『血のように赤い翼の』の意。

血、翼、そして本種はもちろん魚…。

で前述の緑雨の言葉を思い出したわけです。

学名の〈翼〉は、尾鰭のことを指しているようです。

僕にはまったく翼には思えませんが。

鳥の翼をイメージするのがまずいのでしょうか。

翼を持つ生物は鳥だけではなく、ムササビやモモンガ、トビトカゲやトビガエル、コウモリにトビウオにトビイカ……。

そしてカエデやハネフクベなどの植物の果実にも…。

実に様々な形がありますから、本種の団扇型の尾鰭を翼と表現するのもまあありかな…とか思えたりも。

そしてもちろんその鰭は赤いわけです。

『血のように赤い』といわれると、鮮血のような赤や濃い赤を浮かべてしまいますけど…

本種の尾鰭は、ピンクがかったほんのり赤い感じに思えて、僕には擦り傷で血が滲んでる…ように感じられたり。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再命名で…(パンダツノウミウシ)

2017-02-21 19:30:58 | ウミウシ

昨日は南、今日は北。

風はガラリと変わりましたけど、日差しのおかげで寒さは感じなかった本日のやんばるです。

明日はまた南で、明後日は北へと変化するのだそう。

目まぐるしいですね…。

風向がコロコロ変わるとうねりがねぇ…。

風は北東。晴天。

■■

パンダといって真っ先にイメージされるのは、やっぱり白と黒のクマのほうでしょうか。

ちょうど今上野動物園で繁殖中のあの…。

しかしながら、最初にパンダだったのは、レッサーパンダのほうだったのです。

後にジャイアントパンダが発見されたときに、もともとパンダと呼ばれていた生物をレッサーパンダと呼ぶことにしたのだとか。

レッサーパンダとは、『小さい方のパンダ』という意味なのだそう。

いわゆる再命名(レトロニム)というやつですね。

当時は2種が類縁関係にあると考えられていたのでこうなってしまったのですが、その後の研究により類縁関係は否定されています。

なんだか結局の所、レッサーパンダのほうが〈パンダ〉という名前を奪われただけのような印象を受けたり…。

ついでに知名度も、相当奪われてるように感じますし。

■■

さて…

〈ネコジタウミウシ科ツガルウミウシ属パンダツノウミウシ Trapania naeva 17年1月24日 沖縄島安和グスク〉

一昔前、AE80系と呼ばれたトヨタの〈カローラ・レビン〉や〈スプリンター・トレノ〉は、〈パンダレビン〉・〈パンダトレノ〉と呼ばれていたりしたのだそう。

それは黒と白のツートンカラーだったから。

あのドリフトしまくる某豆腐店の車として有名なやつです。

つまり「白と黒のもの」を指す言葉として、パンダという表現は普通なのでしょうね。

さらに〈パンダ〉とはネパール語で『竹』を意味する言葉に由来するのだとか。

おそらくそもそもの〈パンダ〉であるレッサーパンダが、温帯・亜熱帯の竹林に生息する生態からだと思うのですが…

〈パンダ〉+〈竹〉といえば、これはジャイアントパンダしか浮かばないですよね。

なんだかもうレッサーパンダが不憫に思えてきたり…。

もっとも、この画像を見て僕が感じるのは、〈パンダ〉というより〈ホルスタイン〉ですけど

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小顔効果…(ハタタテギンポ)

2017-02-17 19:21:00 | イソギンポ科

南からの風がとても暖かく感じた本日のやんばるです。

日中は日差しもタップリで、過ごしやすい一日でした。

明日は北寄りの風に戻るようですが、今日以上にタップリの日差しが浴びられそうな予報。

心地よい体感の週末になるのではないでしょうか。

風は南~南西。晴れのち曇のち雨。

■■

インド人をイメージするとき、たいていのひとは頭にターバンを巻いた男性を浮かべるのではないでしょうか。

ターバンは宗教的な象徴なのだそうで、インドならシク教徒が日常的に使用しているのだとか。

ただ、シク教徒はインドの総人口の約1.5パーセントなのだそう。

イメージというのは、当てにならないですね。

ターバンは通常扁平で頭の形にそった丸い帽子をかぶり、そこに巻くのだとか。

直接巻くんじゃないんですね…。

そうすることで、発汗の抑止や、頭部の暑さや寒さを抑える効果があるのだそう。

さらには、砂漠地帯では砂よけの効果もあるようです。

かなり機能性の高い装身具なんですね。

■■

さて…

〈イソギンポ科ハタタテギンポ属ハタタテギンポ Petroscirtes mitratus 17年1月24日 沖縄島安和グスク〉

学名種小名は『巻頭巾(ターバン)をつけた』の意。

背鰭前部が伸長するのが本種の特徴ですが、それがターバンなのでしょうか。

どうも僕にはまったくターバンっぽく見えませんが…。

和名の〈ハタタテ〉は明らかにこの背鰭前部のことで、こちらはピンときますけど。

日本では、ターバンはファッションアイテムになっていて、小顔効果があるのだとか。

仮に本種の背鰭前部にターバンのような効果があるとすれば、小顔に見えて捕食者から頭部を保護する機能を高めることになるかも………

……ないな…。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おいら…(オイランヨウジ)

2017-02-14 19:27:20 | ヨウジウオ科

ようやく厳しい寒さがやわらぎ、陽光もタップリで過ごしやすかった本日のやんばるです。

海も落ち着きました。

明日以降はさらに風も弱まり、その先も当分暖かな日が続きそうです。

風は北。晴れたり曇ったり。

■■

結婚指輪のことを〈マリッジリング〉と呼びますが、これは和製英語なのだとか。

正確には〈ウェディングリング wedding ring〉というのだそうですよ。

永遠の愛を誓うシンボルのような指輪ですが、その起源は、略奪してきた花嫁を捕らえておくための環だったという説も。

古代ローマではすでに結婚指輪の習慣が始まっていて、鍵の模様が入っていたのだそう。

これには夫の心を開く鍵だという説もあれば、『夫の財産の半分は妻のもの』ということを表していたのだという説も。

何だか神聖な愛から離れていくなぁ…。

日本では、弥生時代から指輪を装身具として身につけていたよう。

ただこれは、アニミズム(精霊信仰)的な意味合いだったようです。

日本での結婚指輪の歴史は浅く、その習慣は50~60年前からのことなのだそうですよ。

■■

さて…

〈ヨウジウオ科ヒバシヨウジ属オイランヨウジ Doryrhamphus (Dunckerocampus) dactyliophorus 16年1月19日 沖縄島崎山〉

学名種小名は『輪あるいは指輪を持っている』の意。

本種の特徴である横縞模様からでしょうか。

いっぱい持ってる…。

強固に永遠の愛を誓っているのでしょうか。

それとも信仰心が旺盛なのか…。

■■

〈同種同個体 同日 同ポイント〉

和名の〈オイラン〉は〈花魁〉から。

〈花魁〉は吉原遊郭の最高位遊女のこと。江戸時代の高級娼婦という感じですか。

〈おいらん〉という言葉の起源も諸説あるそうですが、妹分たちが「おいらの所の姉さん」と呼んだことからきているという説も。

つまりは、「おいらんとこの姉さん」とでも呼んでいたのが、「おいらんとこ」になり「おいらん」になったのでしょうか。

〈花魁〉という漢字は当て字ということですね。

ところで妹分たちの一人称は『おいら』だったということですよね。

吉原で一人称といえば『あちき』が浮かびますが、それは花魁だけが使っていたのでしょうか。

なんだか、〈花魁〉という字面と〈おいらん〉という響きにギャップを感じたり…。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

逆説的絹織物(ニシキフウライウオ)

2017-02-10 19:19:27 | カミソリウオ科

いやもう寒い…、最強寒波……、な本日のやんばるです。

風もビュービュー吹いてます。

まあ、沖縄だけではないようですけど…。

覚悟はしていたけど、それでも厳し~寒さの週末になりそうです。

風は強い北~北西。曇ときどき日差し。

■■

クロコディルズというタイトルのごく短い物語をご存じでしょうか。正確には物語ではなく論文かもしれませんが。

クロコディルズはラテン語で、英語ならクロコダイル、つまりワニのこと。

作者はルイス・キャロル。『不思議の国のアリス』のルイス・キャロルです。

それはこんな話…

ナイル川の河岸で人食いワニが子供を人質に取り、その母親にこう言います。

「これから俺が何をするか言い当てたら、子供は返してやろう。でも不正解なら、子供は食う」

そこで母親はこう言います。

「あなたは、私の子を食べるでしょう」

さて、もしワニが子供を食べようとすれば、母親は正解なので、ワニは子供を食べてはいけません。

もしワニにその気がなければ、母親は不正解なので子供を食べることができるはずですが、食べようとするとその時点で母親は正解となり、やっぱり子供を食べてはいけません。

ワニは子供を食べようとしてもしなくても自己矛盾してしまい、食べることも食べないこともできなくなってしまいます。

つまりこれはパラドックス。自己言及のパラドックスの一つです。

というわけで…

〈カミソリウオ科カミソリウオ属ニシキフウライウオ Solenostmus paradoxus 17年1月11日 沖縄島安和グスク〉

学名種小名は『パラドクス』 日本語で言うなら『逆説・逆理・背理』

パラドックスとは、正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、受け入れがたい結論に至ること。

どちらかというと、今までパズルっぽいイメージを持っていましたが、哲学や数学や論理学に関わる論説なのだそう。

で、本種って逆説的ですかねぇ…。

■■

和名の『ニシキ』は『錦』のこと。

『錦』は様々な色糸を用いて織り出された絹織物の総称。または、錦のように鮮やかで美しいものを指す言葉。

こちらの方はピンときますね。

本種は画像の色彩の他にも様々な色彩を纏いますから。

ところで、絹織物は丈夫であることから、矢や銃弾を防ぐ用途に使われたこともあるのだとか。

本種の場合はもちろんそこまで丈夫なはずはなく、画像の個体も黒いウミシダの内側に潜んでいました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加