不思議館へようこそ!

世界の不思議な話をご一緒に
今204万人のブログランキングの上位を目指します!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

79 夜中に呼びに来たもの・・

2017-07-06 | 怖い話
こんにちは不思議館へようこそ。
冬の雪山での話。

家族でスキーに行く予定が子供の風邪のためお父さん一人で行くことになる。
しばらく一人でスキーをしていたが、急に滑ってはいけない場所で滑りたくなり、3mほど下の崖からに落ちてしまう。

足を怪我し思うように動けなくなってしまい、やがて暗くなり吹雪になる。
それでも何とか歩いたが、道に迷ってしまった・・

男は決意し、暗闇の中、雪のくぼみを利用し、穴をなんとか掘り、其の辺の枝や枯れ草とスキー板で戸替わりにして、そこで一夜を過ごすことにした。
「おーい」夜中の1時頃暗い闇に声が聞こえた。まさか、自分を心配して誰かが助けに来てくれたのか?
この吹雪の中で、救助に・・しかも夜中に?

何回か呼ぶ声が聞こえる。男は思わず穴から出てしまう・・「ここだー」と答える。
しかし、「おーい」とまた返事。「ここだー」何度かやりとりをし、男はその声の方に向かって歩き始めた。

何度かまた声掛けしあう。声の距離は縮まることはない!
おかしい、男は思う。さっきから聞こえる声はおーいのみ。しかも一向に明かりも何も見えない。

あれは、人間ではない・・急いで穴に戻る。寒さと恐怖で体がぶるぶる震える。
突然、バキ!大きな音とともにスキー板が曲がった。

何がぶつかったのかわからない。
もう外を見ることもできずに、夜が開けるのを待った。

次の日男は気を失っていたが助けられた。すぐ入院。
「スキーは?」
奥さんが答えた「あなた・・スキー板は分からないわ。それより墓標を2枚立てて雪を防いでいて助かったのね!」

なんと、男は吹雪の中墓場の近くで野宿をし、スキー板だと思っていたのは墓標だったのだ!
それより・・夜中に呼びに来たのは・・
ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 58 この情報販売は危険! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

怖い話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。