としのブログ

大工の とし の日々の出来事

与板打刃物職人祭り2017

2017-06-13 20:06:17 | 日記
今年も行ってきました!
与板のミニ削ろう会。

ココの所のブログの更新頻度の癖からか写真は少な目ですが、先ずはこれから!



与板のミニ削ろう会と言えばコレです!
杉の仕上りコンテスト~!
去年のリベンジとばかりに今年も参加です。



どうです?写真では様になっているでしょ。
が、実際は刃の出の調整に制限時間3分の内の1分を使い(笑)、ようやく削りだした時には皆さん二丁目の鉋で仕上げている様子。
ワタクシはおよそ四寸ほどの幅の材料を下削り三回、均し三回の計六回で二丁目の鉋を出すことなく終了です。(汗)
そんなですから当然初戦敗退。
来年もリベンジしますぞ!

杉削りのほかのグループの予選では、練習会で仲良くしていただいている、



越谷の大工さんが見事に初戦突破!



良い屑で削っていたもんね!
仕上げたのは、




根元が厄介な杢の杉でした。
そして杉削りの決勝では、



ヤバそうな杢の薄板。(天井板)
皆さん逆目に苦労しながらも綺麗に仕上げておりました。

杉での悔しさを晴らすために?今度は薄削り!



薄削り?
今回は計測にこそ持って行かなかったものの、裏金で作った鉋で9ミクロンをマーク!



写真の削り手は栃木のお師匠様ですが、楽しんで頂けた様でなによりでした!

ほんで、真面目に薄削り!
ですが今回は、



特別薄くもなく、



6~7ミクロンと、実力に見合った数値でした~!

今回の削り台はいつもの前橋班と、対面は京都からのお二人。



とってもきれいな削りをされる優しい方です。
もう一方は、



削り材に似顔絵が描いてある凄腕の持ち主の砥石屋さん。
ここでご一緒できたのも何かの縁でしょうか!
田村山の砥石も晴れて我が家に来ることになりました~!

そしてそして!
我が師匠、薄削り部門で最薄!かつ綺麗な削り華賞!のタイトルゲットです!



おめでとうございます!
数年前、最薄の削り華をクルッと丸めてポイしたためにタイトルを頂けなかった伝説のリベンジ、おめでとうございます!

あの、勝手に写真載せたんで、不都合があったらご連絡を・・(ドキドキ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 倅よ、ゴメン! | トップ | 与板で刺激を戴いて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL