としのブログ

大工の とし の日々の出来事

ゴミ?ノミ?

2016-09-15 23:23:00 | 日記
ずーっと、鉋をさぼっています。
大丈夫なのか?

で、ここ数日はノミのお手入れを。



ちょっとした刻みで使う数本はそれなりに使える状態で保管してあるんですが、
駆け出しのころに安っ~く手に入れたあまり出番のないノミを重点的に手を入れています。

とりあえずこれ、



五分の叩き。
よ~く見ると、



段差がバッチリと。
こうなると本来のノミとしての仕事にはつけません。
ノミの形をしたゴミ?(言い過ぎか)
こいつを復活させるべく、



電着ダイヤで兎に角段差を解消です。
ついでに潰れているハカマを直すべく、分解してみます。



なんか悲しいコミ。



ハカマがつぶれた訳もわかりました。

色々直して、

とりあえずの裏。



本研ぎはこれからですが、裏の先に出た平面を徐々に研ぎ広げていけば、本来掘れる筈の深さまで、
カックンてならずに使えそうです。

ついでに柄の太さもハカマとカツラがそのまま使えるギリギリの細さにシェイプアップ。



磨き仕上げだった口金と首の部分も自分好みの黒に染めてみました。



磨き仕上げ改・黒染め。



案外イケテル気がしているんですが。

もう一本も同じように段差と、



情けないまま放置されている刃こぼれ。
段差の処理を何とか終えて、



鋭角すぎる刃角度も30度に修正です。



なんだかゴミがノミになって得した気分。
それにしても、金盤に金剛砂でシャカリキに裏を押していたあの頃。
道具の仕立てがわかる職人が全然周りにいなかったんですね。
永尾五十太さんの本が唯一の知識だったな~。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 影響を受けやすいのだ | トップ | 中砥あれこれ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
独学ですか〜 (take)
2016-09-17 04:55:50
としさん、大工仕事まさか独学ですか?

私の場合も何をやるにもほぼ一人できっちり師匠をもったことがありません。いい師匠がほしかったな〜。でもまあ、まわりのみなが師匠といえば師匠ですが・・・。

では無いです~ (とし)
2016-09-17 19:37:01
takeさん
いつもコメントありがとうございます!

大工としては親方のもとに9年いました。
当時は親方だけでなく、親方の仲間の大工さんも手道具よりも電動工具、木工機械に注力していたようで、手道具の仕立てがきちんと出来ている人は居なかったです。
研ぎ物は僕の狭いお付き合いの中では自分が一番上手。
おもいっきり井の中の蛙でした。(笑)

takeさんの言うとおり、周りのみんなが師匠だと思って、自分が好い!と思うことを吸収出来るように気を付けています。
インターネットで遠く離れた名人・達人たちの仕事を知ることが出来るだけでも、いい時代だな~と感じちゃいます。
金盤で段差ガッツリの鑿を見るにつけ。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL