未来を信じ、未来に生きる。

今に流されず、正論を認識し、社会貢献していく人生を切り拓くブログ道。

日本の公務員は世界でも少ない”とは?

2007-05-02 07:33:12 | 国内政治
 〈問い〉日本共産党の第四回中央委員会総会(四中総)で、日本の公務員は、世界でも極端に少ないということが報告されましたが、具体的にどういうことでしょうか。その数字には地方自治体の公務員も含まれていますか。(新潟・一読者)

 〈答え〉 四中総報告は、サミット(先進国首脳会議)諸国のなかで、日本は、公務員(地方公務員も含む)による公的サービスが極端に少ない国であることをあきらかにしました。

 人口一万人あたりの公務員の数は、日本は三百二十一人ですが、サミット諸国でこれより少ないのは、カナダの三百人だけです。フランスは千六十二人で日本の三・三倍、イギリスは七百三十五人で日本の二・三倍、ドイツは六百七十八人で日本の二・一倍、アメリカは六百四十三人で日本の二・〇倍、イタリアは六百二十八人で日本の二・〇倍です(一九九四年。イギリスのみ一九九三年。OECD=経済協力開発機構の統計から)。

 このことは、日本の国民は、公務員による公的サービスを、ヨーロッパやアメリカの二分の一から三分の一しかうけていない、ということです。たとえば長期の深刻な不況のなかで、職業安定所を訪れる求職者は一九九〇年の百二十八万人から一九九七年の二百十二万人へと一・六五倍にもなりましたが、職安職員の定員は一万二千八百三十二人から一万二千八百四十三人へと、わずか十一人ふえただけです。このため、職安窓口では満足な相談もできない状況がつづいています。

 ほかにも、国民生活に不可欠な分野での人員不足は深刻で、ホームヘルパーは、介護を必要とする高齢者すべてにサービスを提供するには二十五万人の増員が必要です。保育でも待機児童の解消には約一万人が必要です。三十人学級の実現のためには七万人の教員が必要です。消防士は基準二十万人のところが十四万人で、六万人も不足しています。

 「行政改革」の名で公務員を減らすのでなく、国民の権利としての公的サービスを充実するために、生活に密着した分野で雇用を拡大することは、労働時間短縮による雇用拡大や、解雇・リストラ規制による雇用防衛とともに、重要な課題になっています。(幸)

〔1999・7・19(月)〕

(出所:日本共産党HP しんぶん赤旗1999・7・19(月))
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 林道談合 強制調査6法人に林... | トップ | 日本の国会議員は世界からみ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本の公務員の数 (暴れん坊将軍)
2007-05-03 13:32:19
世界的に見て少ないのは分かっていましたが、具体的に数字を示してもらえると分かり易いです。かつて小泉がアメリカへの売国政策を進める為に公務員を悪者(朝鮮人と中国人への憎悪も仕向けた)に仕立て挙げ、数を減らすよう仕向けましたよね。この小泉の洗脳政策により今でも2ちゃんねらーやネットウヨ(ネット屑、ネットゴキでも可)は公務員を悪く言い立てています。何とも愚かしいです。
天下り規制か、公務員リストラか、ですね。 (東西南北)
2007-05-04 21:44:43
 天下りによる企業と行政の癒着を断ち切り、税金を節約するか、公務員をリストラして賃下げして税金を節約するかです。後者の場合は、税金節約であると同時に公務員勤労者の賃下げ、雇用の不安定化を意味するのであり、断固反対しながら、民間勤労者の賃上げ、雇用の安定化をバックアップしていく積極的な公務員労働運動を盛り上げる必要があると思います。

 全国的に統一した賃上げ、雇用の安定化を国家の制度として保障させていく制度改正労働運動が必要だと考えます。もちろん、民間においては企業別の民主経営を労働組合が実現していくことが同時に必要なのことはいうまでもないことです。企業はそこで働く勤労者が作り上げた労働力の塊であり、出資者・株主が作り上げたものではないからです。

 ということで、人間を信頼してがんばりましょう。科学的な人間とは何か?オカルト人間観との思想闘争が必要だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL