未来を信じ、未来に生きる。

今に流されず、正論を認識し、社会貢献していく人生を切り拓くブログ道。

来月の住民税増税やめさせる新しい政権を!-自公議員には政治責任をとらせ、落選を!ー

2007-05-08 15:38:01 | 国内経済
来月の住民税増税やめよ
緊急署名 共産党よびかけ
市田書記局長が会見

--------------------------------------------------------------------------------

 日本共産党の市田忠義書記局長は七日、国会内で記者会見し、党常任幹部会が同日、「六月からの住民税増税の中止を求める緊急署名」に取り組むことを決定したと発表しました。

--------------------------------------------------------------------------------

 市田氏は、定率減税全廃により、この六月から住民税が大増税になり、三十歳で年収三百万円の場合、単身者、夫婦世帯のいずれも負担が二倍に、年収四百五十万円では、単身者で一・九倍、夫婦世帯で二・一倍にはね上がると指摘。新たな負担増は全体で一・七兆円にのぼります。

 さらに、高齢者には年金課税の強化も加わるため、住民税が四倍近くになる場合もあると指摘しました。

 そのうえで、「いま働いている勤労者の給与が減少している。この大増税が実施されれば、くらしも営業も景気もさらに悪化する。この増税の中止を求める大署名運動、街頭宣伝活動などを強力に推し進めたい」と表明しました。

--------------------------------------------------------------------------------

定率減税全廃 自民・公明が強行
 
 自民・公明政権が決めた住民税の定率減税全廃によって、サラリーマンや高齢者をはじめ、多くの世帯の住民税額が今年六月に増額します。

 住民税の定率減税の全廃に加え、同月には、税源移譲による住民税の増額が実施されるため、大幅に住民税が増加する世帯も生じます。

 さらに、所得の少ない高齢者にとっては、この上さらに、年金課税強化の影響による増税が加わります。

 例えば、年収四百五十万円のサラリーマン夫婦世帯(五十歳、子ども二人)では、五月までの税額約四千八百円が、六月から約九千三百円に増加します。

 日本共産党のホームページには、六月からのサラリーマンの住民税額を試算できる企画を設けています。同企画が開設された二日以降のアクセス数は千百三十七件(七日午後五時現在)に達しました。

 負担増シミュレーションには、「妻が病気で、自分ひとりの収入では毎月かつかつなので、ついに貯金を切り崩すことにしました。もういいかげんにしてほしい」「『親族の誰かが病気にでもなれば、一家そろって首をつるしかない』と日常会話になります」などの切実な声が多数寄せられています。

(出所:日本共産党HP 2007年5月8日(火)「しんぶん赤旗」)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 改憲手続き法案(国民投票法... | トップ | 所管公益法人の関連団体が自... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
一読者への返事 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
一読者への返事    金美齢氏は昔はもっとマトモなことを言っていたと思いますが、マスコミにもてはやされ、与党系の政治家との交流が増えると人格が替わってしまった様です。  人間、何不自由なく暮らせる様になると、お山の大将になるのでしょうか。私の回りにも同じ...