ウリパパの日記

自由気ままに・・・

八王子まつり最終日 2017.8.6

2017-08-06 18:24:35 | Weblog
台風5号はゆっくりと九州に近づいています。熱帯夜に明けた八王子では午前中から青空が広がり34.1℃まで気温が上昇。大気の状態が不安定で13時頃にはにわか雨がぱらつきました。

昨夜は八王子まつりをテレビで鑑賞。市制100周年記念事業として上地区、下地区合わせて19台の山車がビュータワー前に集結しました。観光大使の北島三郎さんがスペシャルゲストで登場していました。

今日は八王子まつり最終日。ようやく午後にまとまった時間を確保できたので、先ほど駆け足でまつりの様子を見てきました。


目的は多賀神社宮神輿の「千貫みこし」渡御です。追分交差点で出発を待ちます。


来賓の挨拶が終わり、午後3時。太鼓の音を合図に威勢の良いかけ声と共に、渡御がはじまります。


進みがゆっくりで、10分後にようやく目の前を通過。


重さ4トンを誇る関東屈指の千貫神輿です。例年はおしくらまんじゅう状態で、行ったり来たり、回転したりでとても危うい場面もあったりしますが、今年は整然と進んでいる印象です。

20分ほど見学してから、下地区へ向かいます。


上八日町の山車です。山車人形は「素盞鳴尊」です。


前方から八雲神社の宮神輿がやってきました。


担ぎ手は浅葱色の揃い半纏の氏子青年会です。威勢の良いかけ声と共に軽快に進んでいきます。

さてお目当ての宮神輿を見たので、今日のもう一つの目的を探しに八日町へ戻ります。


八日町交差点付近では南町の山車で獅子舞が披露されていました。



国道16号では台湾・高雄市のパフォーマンスが披露されていました。


さて、八幡町旧二丁目の山車の展示場所に到着。文政二年(1819年)建造で八王子で最も古い山車です。30年ぶりに展示、披露されています。


山車の説明です。



正面から見上げます。


後方からの姿です。


精巧な彫刻が施されています。


木組の車輪です。


かつては牧田巳之助作「諫鼓鳥」(現存)が一本柱の上に飾られていたと説明にありました。八幡町の町会詰所に展示されていた諫鼓鳥のことでしょうか・・・


帰りに通ったユーロードもお祭り一色でした。


落ち着いて夜まで見学したかったところですが、友部に戻らなければならず、明日の仕事の準備もあります。夏休みまで残り一週間。ラストスパートです。
ジャンル:
ご近所
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 手賀沼のハス群生地 2017.8.5 | トップ | ペルセウス座流星群見えまし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (ヒゲちゃびん)
2017-08-11 12:23:02
こんにちは
八王子まつりはスペシャルゲストに北島三郎さんが来たのですね。
すごいです。
やっぱり川崎市民ですが、八王子大好きですね^_^
私の方はやっと休みが取れて、京王永山の多摩さえずりの森でバアソブとナツズイセンを愛でて来ました。
バアソブはこのまま保護して未来につなげて欲しいですね^_^
更新楽しみにしていますね。
バアソブ (uripapa)
2017-08-13 20:03:50
ヒゲちゃびんさん

京王永山の公園でバアソブが見られるのですね。
ネットで調べたところ、日野の東光寺緑地でもバアソブが保護されて
いるようなので、早速出かけてきました。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL