kyoの今日を楽しく☆

趣味の陶芸・食べ歩き・映画鑑賞などを通じて毎日を楽しく充実して過ごせたらと思っています!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「テルマエ・ロマエ」

2012年04月26日 21時59分26秒 | 映画

原作を読んでいて、阿部ちゃんが主役なのがぴったりだと思っていた・・・

マンガ大賞&手塚治虫文化賞のW受賞を果たした、ヤマザキマリの大ベストセラーコミックの実写映画化

「テルマエ・ロマエ」試写会に行ってきた!

ストーリーは・・・

古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、

生真面目すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。

落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、

そこで突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。

そこで出会ったのは、漫画家志望の真実(上戸彩)たち“平たい顔族”、つまり日本人だった。

日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは古代ローマに戻ると、そのアイデアを利用して大きな話題を呼ぶ。

タイムスリップを繰り返すルシウスは、ローマで浴場技師としての名声を得ていくのだが……。

風呂を愛する2つの民族が時空を超えて出会った時、世界の歴史が大きく動き出す・・・

 

古代ローマ人役には、濃い顔役者さん達が勢ぞろいで

対する平たい顔族としては、日本人ど真ん中の顔の役者さん達がずらり。

ストーリーは映画用に変わっていたけれど、

原作の面白さを上手く活かしていた!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「スーパーチューズデー~正義を売った日~」

2012年04月11日 19時35分38秒 | 映画

今日は、ジョージ・クルーニー監督作品を見に行ってきた。
「スーパーチューズデー~正義を売った日~」

今作は、監督第4作目らしい。

大統領予備選の大勢が決まる、“スーパーチューズデー”を前に、
そのスタッフの駆け引きを描く、政治サスペンス。

ストーリーは・・・
アメリカ合衆国大統領の座をめざし、
民主党予備選に出馬したマイク・モリス(ジョージ・クルーニー)は、
選挙ツアー最大の正念場を迎えようとしていた。
ペンシルベニア州知事として政治家の実績を積んだモリスは、
ハンサムで弁舌に優れ、カリスマ性も十分。
そのうえ清廉潔白な人柄と揺るぎない政治信条で多くの有権者を魅了し、
ライバル候補のプルマン上院議員をじわじわと引き離しつつある。
来る3月15日のオハイオ州予備選に勝利すれば、
その勢いに乗って共和党候補をも打ち破り、
ホワイトハウスの主になることはほぼ確実。
モリスを支えるのは、ベテランのキャンペーン・マネージャー、
ポール・ザラ(フィリップ・シーモア・ホフマン)と、
広報官スティーヴン・マイヤーズ(ライアン・ゴズリング)。
ある日、スティーヴンのもとに、
プルマン陣営の選挙参謀トム・ダフィ(ポール・ジアマッティ)が
電話をかけてくる・・・

ジョージ・クルーニー演じる大統領候補役を
支える若い広報官役のライアン・ゴズリングが主人公。
そして、フィリップ・シーモア・ホフマンやポールジアマッティが
しっかりと脇を固めていた。

選挙は、候補者の政策や人柄で選ばれるのではなくて
周りの参謀役の人達の情報戦の行方によって決まっている・・・
そういう部分が見えてしまって
日本もそうだろうけれど、これでは誰がなっても一緒なのだと
あきらめに似た境地にさせられる。

大統領戦のリアルな戦い方というものが描かれた作品だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「シャーロック・ホームズ・シャドウゲーム」

2012年04月04日 22時37分04秒 | 映画

第1作目が面白かったので
第2作目を見に行ってきた
「シャーロックホームズ・シャドウゲーム」
ガイ・リッチー監督、ロバート・ダウニーJr.主演

ストーリーは・・・
ヨーロッパで連続爆破事件発生。
天才的な頭脳を持つ名探偵ホームズは、皇太子が殺害されたと推理。
ホームズの前に立ちはだかるのは、モリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)。
この事件は首謀者モリアーティ教授によって画策された、
より大きな犯罪のパズルの一つにすぎなかったのだ。
事件の捜査を進めるホームズは、
鍵を握るジプシーの占い師シム(ノオミ・ラパス)に出会う。
ホームズ、ワトソン、シムの3人はイギリス、フランス、ドイツ、
そしてスイスへと次々に大陸を横断して捜査を進めるが、
次第に危険度を増してゆく。
しかも、常にホームズたちの一歩先を行くモリアーティ。
彼の策略が成功してしまえば、
歴史の流れを変えてしまうほどの死と破壊の渦巻く世界になってしまうのだ。
果たしてホームズたちは、いかにしてモリアーティ教授の陰謀に立ち向かうの
か・・・


小説のもの静かなホームズの印象を大きく変えた第1作目から
引き続き今回も肉体派のシャーロック・ホームズが健在!

ジュード・ロウ演じるワトソンとホームズのコンビも相変わらずの仲のよさ。

ホームズがこの後どうなるか分かってしまう感覚を
先にスローモショーンで見せておいて
その後、通常の速さで見せるといった手法が取られるのだけど
これが最後に見事に引っくり返される!

アクションシーンも多く、大画面で楽しめる映画だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「しあわせのパン」

2012年04月01日 22時07分55秒 | 映画

パン好きとしては、是非見てみたかった映画。
「しあわせのパン」

いつまでも変わらない透明感が魅力の原田知世と
北海道出身の大泉洋が夫婦役を演じている。

ストーリーは・・・
東京から北海道の月浦に移り住み、
湖が見渡せる丘の上でパンカフェ“マーニ”を始めた
水縞尚(大泉洋)とりえ(原田知世)の夫婦。
尚がパンを焼き、りえがそれに合うコーヒーを淹れ、料理を作る。
そこには毎日、色々なお客がやってくる。
北海道から出られない青年、時生(平岡祐太)、
なんでも聞こえてしまう地獄耳の硝子作家、陽子(余貴美子)、
口をきかない少女、未久(八木優希)と父親(光石研)、
革の大きなトランクを抱えた山高帽の阿部(あがた森魚)、
沖縄旅行をすっぽかされた傷心の香織(森カンナ)、
観察好きの羊のゾーヴァ。
そして、想い出の地に再びやってきた老人とその妻……。
それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて
店を訪れた彼らが見つけた心の中の“しあわせ”とは・・?

まずはロケーションが素晴らしい!
北海道の雄大な自然の中、湖畔にポツリと佇むカフェ・マーニ。
シンプルなインテリアで掃き出し窓から明るい光が入ってくる
ステキなお店。

そして、パンを筆頭として料理がどれも美味しそう!!
パンが焼けた香りと、りえさんが丁寧に入れるコーヒーの香りが
漂ってきそう~。

2階には宿泊も出来るようになっていて
実際にこんな所があったら、のんびり一人旅なんかしたくなってしまう。

見た目とは裏腹に、物語的には、ハッピーハッピーではなくて
そこを訪れるお客は、皆悩みを抱えている。
ほんわかしたりえさん自体も深い悩みをかかえているし
そこは妙に現実的だった。

しかし、どのストーリーも明るい光・希望が感じられる終わり方。

とにかく美味しいパンが食べたくなる作品。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」

2012年03月21日 22時44分29秒 | 映画

久しぶりにレディースディに映画を観に行ってきた!

少し前までは、あまり観たい映画が無かったけれど、これからどんどん観たい作品が公開されるので楽しみ♪

「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」

あらゆる面で機能不全に陥っていた英国を叩き直すべく大鉈をふるい

“鉄の女”の異名をとったマーガレット・サッチャー元英国首相。

歴史にその名を刻む強靱な彼女が認知症を患っている事が公にされた事を受けて、

脚本家アビ・モーガンは妻であり母であるひとりの女性の普遍的な物語として本作を書き上げたらしい。

ストーリーは・・・

雑貨商の家に生まれたマーガレット(メリル・ストリープ)は

市長も務めた父の影響で政治を志すが、初めての下院議員選挙に落選してしまう。

失望する彼女に心優しい事業家デニス・サッチャー(ジム・ブロードベント)がプロポーズする。

「食器を洗って一生を終えるつもりはない」野心を隠さないマーガレットを、デニスは寛容に受け入れる。

双子にも恵まれ、幸せな家族を築く一方で、マーガレットは政治家としての階段も昇りはじめる。

失墜した英国を再建する。それは気の遠くなるような闘いだったが、彼女はその困難に立ち向かう。

愛する夫や子供たちとの時間を犠牲にし、マーガレットは深い孤独を抱えたままたった一人で闘い続けた……。

現在のロンドン。どんなに苦しい時も支え続けてくれた夫・デニスは既に他界した。

だが、マーガレットは未だに夫の死を認識していないのか、時折不可解な行動が目立つ。

思い出の洪水の中で、デニスの遺品を手に取り彼女は「あなたは幸せだった?」とつぶやくのだった……。

 

やはり、アカデミー賞主演女優賞を受賞した

メリル・ストリープの演技は素晴らしかった!!

現役バリバリの時の彼女の雰囲気は、そのままパリっとしていてかっこいいけれど

高齢になった時の演技がすごいと思った。歩き方からしゃべり方、顎の動かし方・・どこをとってもおばあちゃん!

政治と戦い続けた彼女でさえも、年を取るということには勝てず

どんなに優秀で秀才であっても、認知症になってしまうのかと・・人間の体の不思議さを感じずにはいられない。

そして、どんなに世界で有名な人になったからといっても、人というのは孤独なものだと切ない気持ちにもなってしまった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加