大和浪漫

私、瓜亀仙人が奈良・大和路の社寺や自然、生活の様子などをお伝えしたいと思います。

富田林に吉田松陰

2011年07月15日 | 県外
富田林寺内町を散策していると,あるお屋敷(仲村家)の前の解説板に“吉田松陰”の絵と名前を発見!
司馬遼太郎の歴史小説を読み続ける私にとって“吉田松陰”は・・・
“吉田松陰”と“富田林”の関係は???
まだまだ知らんことばかりや・・・

@富田林と吉田松陰
嘉永六年(1853)二月、長州の吉田松蔭が仲村徳兵衛宅を五條の森田節斎とともに訪れた。松蔭は二十四日間前後滞在した。
当時吉田松陰は24才の青年であった。
7年後天誅組の挙兵に参加する中村徳治郎(当時15才)や、近所に住む水郡善之祐(当時28才)も松蔭の話を聞いたことだろうと想像される。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~heritage/Yoshida-shoin.htm

@仲村家
仲村家は屋号を「佐渡屋」といい、酒造業を営んでいました。代々徳兵衛を名乗り、寺内町八人衆をつとめたと伝えられている。
正徳5(1715)年に酒造株を取得してからは、造り酒屋として著しい発展を遂げ、天明5(1785)年の酒造米高は、河内国で最高の2135石に達しました。寛政4(1792)年には江戸市場を対象とした酒造業の理事長にあたる「河内一国江戸積大行司」となった。
主屋は寺内町でも珍しい表屋造で天明3(1783)年の建築。
仲村家には文人墨客が数多く訪れ、長州藩士吉田松陰もその内の一人といわれている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の道100選;城之門筋 | トップ | 親父の運転免許更新 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nyar-nyar)
2011-07-15 20:16:31
ベンガラで染められた町屋の風情は、当時のままなのでしょうね。
歴史的にも価値のある街の景色をそぞろ歩きと洒落たい気分です。
Unknown (瓜亀仙人)
2011-07-16 14:42:20
nyar-nyarさんへ
最近、このような街並みの残る町を探して歩いています。
やっぱり心が落ち着きますねぇ~
おはよう~♪ (miwako)
2011-07-17 08:32:04
ご無沙汰でした、パソコンズーーッと開けてませんでした。
15日,八瀬の9頭龍さんとこに行きました。
色んな顔ぶれで一期一会ですが、何人かとメール交換しました。
尼辻、や山田川の方もおられ、早速交流しています。
留守の間に、沢山の記事ですね??そして古民家は落ち着きますね。
富田林は岸和田への通過点でしたが、イメージと大違い、とんだ勘違い!!でした。今度は通過せず散策してみたいです。
Unknown (瓜亀仙人)
2011-07-17 13:04:16
miwakoさんへ
富田林寺内町は富田林市役所から東へ歩いて5~10分のところです!
岸和田へ行かれるときの休憩をかねて、訪ねられてはどうでしょうか。
ホンマニエエトコですよ!
はぁ~い♪ (miwako)
2011-07-19 11:39:31
だんじりを見に行く時には、瓜亀さまの御指図に従いますです。
ほんで、美味しいもんは何処にありますか??
花より団子ーーもいいやンネ^0^b
Unknown (瓜亀仙人)
2011-07-19 17:26:36
miwakoさんへ
富田林に「お祭りのグッズを売るお店」がありました。
覗いてみたかったんですが,時間が無くって・・・
美味しいお店,探しておきます!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。