ごはん写真集

毎日?のごはん写真の記録です
アジアを中心に海外の食事も多かったりします

チャー・カー・ラ・ボン

2012-11-30 20:04:00 | ベトナム2012

チャー・カー(魚と香草の油炒め)  ベトナムに初めて来た日の晩に食べた味が忘れられず、再トライすることにしました。100年以上続く老舗にちなみ、通りの名前も元々違う名前だったものをチャーカー通りに変更したのだそうです。

Img_0903

店構え。あれ、なんか、前に来たチャー・カー・ラ・ボンと違う店? でも、店の名前は間違ってないなぁ、とか思いながら入店。

Img_0902

Img_0900

釣竿をもったラボン(太公望)が店の名前の由来だそうです。急な階段を登って2階へ。

あれ、やっぱり前に来た店と違う感じ・・・

Img_0891

メニューはひとつ。1人だと伝えると、コレが出てくる。あれ、やっぱり前に食べたのはコレだよな、と思う。でも店内内装もやっぱり違う気がする・・・ と、ついに記憶障害もここまで来たか、と悩む。

Img_0893

ちなみに、ここでも黙ってるとやっぱりニュクマムしか提供されず。マムトム(海老発酵ソース)を要求する。

Img_0894

今日に限り、夜だけどブン(米麺)解禁。どうせビールも飲んでるし。

うん、美味しい。カラリと揚がった白身魚とネギとハーブとピーナッツとマムトムのハーモニーがいいですね。 でも、最初に食べた時ほどの感動はないかな。他にいろいろ美味しいベトナム料理を知ってしまったせいかも・・・ 

ニュクマムとマムトムと両方で食べ比べて、ニュクマムも決して悪くない印象。どっちもどっちだな。 

1人前でちょっとボリューム不足気味。というか、混ぜる割合が悪かったのか、混ぜ混ぜ用のハーブとブンは半分くらい残った状態で、魚がなくなってしまった。  暫し悩んだ後、もう1人前を注文して食べる。(ちなみに半分はないの、と尋ねたけど、「ない」と冷たい返事でした。)結果、今度は多すぎ。たぶん、ブンを正しいペースで配合して混ぜて食べていたら1人前で丁度良かったのだと思う。

ビール3本飲んで40万ドン(≒1800円) 基本セットは1人前17万ドン(765円)だったはず。ここ数日の食生活からすると、ちょっと贅沢してしまった夜でした。

ちなみに、前に来た店かどうか問題は、どうやら少し離れた場所に支店があるらしいことが判明して一件落着。伊藤さんの本には、そのことが全く書いてなかったから・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブン・ズィウ・クア

2012-11-30 12:35:00 | ベトナム2012

Cau GoのBun Oc-Bun Rieubブン・オック-ブン・ズィウをチョイスしてみました。カニ汁ブン(ブン ズィウ クア)の専門店です。 

Img_0883

Img_0882

汁は沢蟹サイズの小さな田ガニを殻ごとすりつぶして、それを水に溶いて、殻を濾してから加熱してスープを取る、っていうことですが、まぁとにかく手がこんでるってことですね。

カニ汁ブンとタニシ入りかに汁ブンの2種があるようですが、タニシなしを選択。マントム(海老を発酵させたペースト状の臭い調味料)を入れて、と指差しでオーダー。

Img_0880

程なく提供。見た目も美味しそう。

Img_0881

生野菜を混ぜ混ぜして食べます。それから、テーブルに初めから備え付けの揚げパンを汁につけて食べます。

ふむふむ、確かにカニ汁です。でも、殻ごとすりつぶしてどうの、なんて本からの知識がなければ絶対判らないですね。と言うか、これはカニだ、と断定するのすら難しい、と思う。魚介系のダシだけど何だろう?? くらいしか判らないね、きっと。

ま、とにかく、このブンは汁が美味しいですね。

ブン40,000ドン、揚げパンは1つ2,000ドンだって。(食べた後に内訳を聞いてみたのだ) 揚げパン2ケ食べて、しめて44,000ドン(≒198円)のランチでした。昨日の海老味噌ダレブンが強烈だった(強烈に良かった)ので、ややパンチ不足と、高いかな?? と感じてしまいました。金銭感覚狂ってきてます。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

体重量り業

2012-11-30 07:44:00 | ベトナム2012

出張5日目の朝にして、やっと雨がぱらついてない朝を迎えた。どんより曇りだけど。

で、今朝の1枚は体重量りやさん。ほぼ毎日ここにいるけど、利用者を見たことはありません。

Img_0875

Img_0877

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四つ角ビアホイ

2012-11-29 20:38:00 | ベトナム2012

Dien Liet通りとLuong Ngoc Quyen通りが交わるビアホイ集積エリアに行ってみました。ビアホイって、ビアホールのことかと勝手に思ってたら、本当の意味は生ビールだったんですね。それが、生ビールを出す店、って意味で使われてるのだそうだ。

周囲の雰囲気はこんな感じ。

Img_0863_2

座席がありそうな店を選んで、一人道端の風呂椅子に座る。

Img_0862

メニューはこんな感じ。外人も多いから英語表記されてますね。飲み物メニューはないみたい。

Img_0858

ベトナムに来たら1回は食べておくか、って感じで空芯菜を頼む。それから昼も食べたけど揚げ豆腐。プラに入っているのは醤油ベースのピリ辛付けタレ。

Img_0860

それからビールのおつまみとして伊藤さんお薦めのネム チュアザン(揚げ発酵ソーセージ)を頼む。確かに、なかなかビールにあう。

Img_0861

会計。15万ドンだって。

え、たしかツマミが35,000~50,000くらいだったから、それだけで12万。ビールは値段確認せずに5-6杯は飲んだと思うけど、計3万って?1杯5,000ドン(22円)ってことかな?

もしかして計算間違えてない?飲んじゃってる店員さん・・

ま、いいか、とにかく675円で満腹感&ヘロヘロになってご機嫌~

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

揚げ豆腐の海老味噌たれブン

2012-11-29 14:41:54 | ベトナム2012

Phat Locという路地の Bun Dau 55 でブン・ダウ・マム・トム(揚げ豆腐の海老味噌たれブン)に挑戦

Img_0832

路地の両側に店。後から見たら、この写真の手前側の路地に座って(しゃがんで)食べてる人たちもこの店の客。こんな狭い路地、外国人はなかなか入れないですよ。

Img_0830

厨房ですね。次から次へと豆腐を揚げてます。いい香りです。

Img_0825

1人客、それも外人ってことで中庭席に隔離されちゃいました。席からの眺めです。

Img_0826

専門店なので注文は簡単、っていうか、ほとんど会話なしでここまで出てきた。

でも、ガイドブックにあるように、外人だからって、タレは秘伝の「マトリム」(海老の塩漬け発酵ダレ)ではなく、ニュクマムしか出してもらえません。

指差し注文で「マトリム」とウェイター君に要求。

Img_0828

この右側が噂のマムトム。ものすごく強烈な匂い(塩辛的な臭い)で、病み付きになる人と二度と食べたくない人とに分かれる とガイドブックにはありますが、自分はどうやら前者の部類に分類されるようです。 独特、いけます。

ブンと野菜と揚げ豆腐を、つけタレ椀でミックスして食べます。基本的に混ぜモノ(ビビンバとかね)好きな自分には合っているようです。

ちなみに魚醤タレも悪くない。両方楽しむのがグーですね。

Img_0829

完食。お替わりしようかと、かなり迷ったけど、食べ過ぎ注意トと、それから基本料金を抑えておきたくて自重。会計で言葉が通じなかったので10万ドン渡したら、8万ドン返ってきた。って、2万ドンってこと???  90円???

いや~びっくり。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

お葬式?

2012-11-29 07:24:00 | ベトナム2012

Img_0823

小雨だけど朝の散歩決行。

たしか食堂だったはずのホテルから程近いコーナーがいつもと違う雰囲気になってる。

葬式? 旅人としては非常に気になったのだけど、葬式の写真を取るのって気が引けるので、少し離れた場所からパチリとして、そそくさと逃げる。どう見ても色彩が葬式だよね。やっぱり葬式は万国共通だね、なんて感想を持つ。

ところが、なんと、今日一日で、同じような葬式っぽい装飾を街中で何度も見ることに・・・  あんまり葬式が多いので、っていうか今まで一度も葬式に遭遇してないのに・・・

えっ?ベトナムでは葬式を日を選んで出すの? みたいに思ったんだけど、聞いたら、これは結婚式らしい。 季節と日が結婚式日和なんだとか・・・ 日本の暦では先勝だったけど、六曜はアジア共通じゃないのかな・・・

後で調べよっと。

でも、どう見ても色が葬式だよね・・・

Img_0824_2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

nha hang ngon

2012-11-28 21:11:00 | ベトナム2012

Img_0816

取引先に連れられて行ったベトナム料理店。初めてであることは間違いないのだが、何となく既視感があり履歴を調べてみた。

6月に行ったハノイ駅近くの屋台村 Quan An Ngon

8月にQuna An Ngonのホーチミン本店 という理解で行った nha hang ngon

そして今回の店は nha hang ngon

そう、ホーチミンの店と同じ屋号。 ロゴも同じ。たぶんメニューも同じ。でも、ガイドブックにはQaun An Ngonの本店ってあったはずなんだよな・・・   後で、この3店の関係性を調べてみよっと

まぁ、それはそれとして、ここ、リーズナブルだし、本場ベトナムって感じだし、雰囲気良いし、もちろん充分清潔だし、店員さん親切だし、いろんなメニューあるし、で、かなり良いですね

Img_0817

右・生春巻き 左・フォー麺になるまえのペーパー巻き 正確な材料と正しい名前は教えてもらえず  後で調べなきゃ

Img_0818

生カキ(らしきもの)もメニューにあったんだけど、生はちょっと危険かも、って選択した焼きカキ。これはこれでけっこう幸せ。

Img_0819

いつかどこかで食べた覚えのある海老ちゃんココナッツ煮。殻剥きは(要求したら)店員さんがやってくれた。

Img_0820

パインセオ。ベトナム風お好み焼き。基本的に南の料理で、ハノイでは食べられないってはずだったのに、あるところにはあるんですね。

全体的にかなり満足。また行こうっと。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Nha Hang Mien Luon

2012-11-28 13:14:00 | ベトナム2012

今日のランチはHang Dieu通りのうなぎ春雨料理にチャレンジしてみることにしました。

店構えはこんな感じ。

Img_0795

道路に面した厨房はこんな感じ。割と清潔感があります。

Img_0794

店内のメニュー看板を指差しで、ミィエン チョン Mien Tron  を注文。ミィエンが春雨、チョンが「まぜ」って意味かな。  ガイドブックには、ミィェン ルォン チョン って指南されてた。ルォンがウナギだな。

ちゃんと注文出来てるかちょっと不安だったけど、待つという程の時間もなく、お目当てのものが提供されました。この手の店は、本当に提供までの時間が早い。

Img_0792

右はスープですね。トッピングはピーナッツと何か。ガイドによるとウナギの骨を揚げて砕いたものらしい。ウナギの身を揚げたものも見えますね。

指南どおり、まぜて食べる。中の春雨はこんな感じ。

Img_0793

旨い。春雨と野菜と揚げたウナギの身とトッピングとのハーモニーが美味である。春雨は春雨ですね。これはなかなかいける。

相席したハノイ在住だという女性が日本人?日本のウナギ美味しいよね、みたいに英語で話しかけてきたけど、ベトナムのウナギ料理も良いですね。

ちょっとボリューム的には軽食の域に入るかなって感じですが、値段もリーズナブルだし、気に入りました。

Img_0812

ランチからの帰りにベトナム国旗マグネットを調達。ウナギもマグネットもどちらも40,000ドン(≒180円)  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖質制限継続

2012-11-28 07:44:00 | ベトナム2012

Img_0790

Img_0791

今朝は、ブン・チャー(肉団子入りつけ麺)があり、食べてしまおうかと、かなり動揺したけど、朝食糖質制限は継続することにした。

あ、ミニ揚げ春巻きだけ確信犯。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵馬

2012-11-27 19:25:00 | ベトナム2012

蔵馬

Daewooホテルそばの日本料理屋さんで夕食となりました。

店内で面白いもの=虫取りラケット=を発見。電撃でバチバチっと蚊をやっつけるツールです。使っているところを見ると、すごく楽しそう。

どこでも売ってるとのことで買って帰ろうかと思ったものの、充電式(=200V)とのことで、とりあえず断念。

Img_0789

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Cafe 29

2012-11-27 13:10:00 | ベトナム2012

今回の出張では、お誂えのガイドブックを入手したこともあり・・・出来る限りローカルな店に挑戦するという密かな目標をもって臨むことにしました。

まずは宿からも程近いHang Hanh通りのCafe 29にてランチ。

店構えはこんな感じ。

Img_0770_2

厨房の脇に席を取る。

Img_0771_2

ガイドブックのお薦めに従い、指差し注文でブン タン ガー (鶏ブンタン)とソイ ガー(鶏おこわ)を注文。あっという間に提供される。吉野家より早い。

Img_0772

ブンはそうめんに似た感じの細い米麺。香草の香りが好き嫌いの分かれるところかもしれない。悪くないけど、ちょっとあっさりしすぎ感があったので、テーブル備え付けの唐辛子を5-6欠片投入したら、全く違う食べ物になった。というかスパイシーすぎ!!ヒー  あわてて丼内から撤去したら、ちょうどよいスパイシーさになる。 「ブン タン」覚えておくべき料理のひとつとなった。

そして、おこわ。ブンと同じ鶏スープを使ったおこわだと、ガイドブックには説明があったけど、ゆでた鶏とのハーモニーはなかなか絶妙。

ちなみにおまけ?でついてくる青パパイヤとニンジンの酢漬けも、なかなか旨い。

Img_0774

で、ちょっとボリューム不足だったので、豚の角煮・煮卵おこわを追加注文。

これは、また煮汁が絶妙で、おこわに煮汁をかけて食べると、何とも言えない旨さ。煮卵は、たぶん鶏の卵で間違いないとは思うのだけど、妙に黄身が大きいのが気になった。

他の人の注文も注意深く観察してみると、結局、おこわは小サイズのみの模様。ブンは今日頼んだ小サイズの他、大サイズがある。

空腹度合いにもよるけど、おこわ×2+ブン小、もしくはおこわ+ブン大 で食べすぎでもなく丁度良いボリュームです。 本日のランチ 計80,000ドン(≒360円)

Cafe29。ハノイに来たら必ず寄る店に認定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Hanoi Happy Hotel

2012-11-27 07:39:00 | ベトナム2012

定宿の朝食

糖質制限中なり

Img_0765

Img_0766

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JL751

2012-11-26 19:35:00 | ベトナム2012

成田夕方発のハノイ便です。

Img_0762

和食と洋食のチョイスから洋食を選択。

選ぶ際に見せてくれる写真の注意書きを見たら、ホーチミン、デリー、シンガポール、バンコク その他(1-2箇所あったと思うけど失念)の各路線で共通のメニューみたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MISO KITCHEN

2012-11-26 17:19:16 | 千葉 -2014

MISO KITCHEN
成田2ビルサテライトにて搭乗前の軽食

今までなら、こんなタイミングでの出費はなかったのに、機内食の糖質を取らないための対策なり

ハノイはコンビニもないから着いてから食料調達出来ないしね

ちなみに空港もクリスマスモードなんですな

Dsc_0748

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚バラ&手羽先なべ

2012-11-25 18:27:00 | 家飲み

豚バラ&手羽先なべ
鶏は手羽先と肉団子、それかる豚バラ少々で、水炊きに

鍋最高

コメント
この記事をはてなブックマークに追加