ブログ番 うりサイト

これが生きる楽しみだ!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

香取 純米自然酒90 生もと仕込み 無濾過無添加

2009年12月09日 | 日本酒


かなり独創的な日本酒を発見しました。

香取 純米自然酒90 生もと仕込み 無濾過無添加

千葉県の寺田本家さんの純米酒です。
純米であることは当然で、自家保有田で農薬・化学肥料は一切使っていない自然米を使い、仕込み水や酒母にも拘っていらっしゃいます。

一番目を惹いたのは「90」という数値。
これは酒造米の精米が90%であるということ。
米を1割ほどしか磨いていないのです。

現在の日本酒は大吟醸で精米歩合50%以下、つまり半分以下まで削ってしまうのです。
吟醸だと60%以下。
一般的な日本酒であれば70%以下です。

それは米の中央に行くほどたんぱく質が少ないので、磨けば磨くほど雑味の無いスッキリとしたお酒ができるから。
でも雑味=旨味。

私は米を磨けば磨くほど旨味もなくなるとものと思っております。
まあ精米歩合だけで味が決まるわけじゃないですけどね。

そんな日本酒にとって重要な精米歩合ですが、90%って普通のご飯ですか!?程度の磨き。






お酒は「百薬の長」だったはずなのに、いつのまにか日本酒は「悪酔いするもの」みたいなレッテルを付けられたのは、米と米麹以外の添加物(醸造アルコールなど)が混ぜてある酒がほどんどだからではないでしょうか。

このお酒は純米の中の純米酒。
山吹色とか洒落たものではなく、もう黄色です。
味はとにかく濃く、飲んだことない味。
酒というよりもはや薬?
好き嫌いは出るところでしょうが、なぜか酒の減りが早い1本でした。






にほんブログ村 酒ブログへにほんブログ村

blogram投票ボタンこっちもね







コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加