goo

今年の手帳

友人Kからもらった「歴史手帳」(左)と、書店で目について、なんとなく購入した「鉄道手帳」(右)。

年も明けたことでございますし、さっそく使い始めようと思います〜。

上記のほかに、標準で使っている手帳がふたつ、、、

トラベラーズノート/レギュラーサイズ/黒(左)と、ファイロファックス/バイブルサイズ・赤(右)につきましても、

本年も継続して使ってまいります。

右のファイロファックスのシステム手帳(赤)は、かれこれ27年連続使用している年代モノです。

今から遡ること30年くらい前、、、東京では、システム手帳というものが、ものすごく流行ったことがありました。

なんというか、「仕事のできる人は、これを使ってる」的な、トレンド・アイテムとでもいうのでしょうか、、、

ゼロのアタッシュケースから、さっとファイロファックスのシステム手帳を取り出して、予定を確認する、、、みたいなのが、カッコイイとされた時代があったのです。(男性の場合)

時代はバブル全盛期。

高価な舶来品が、バンバン売れていた頃でもありました。

そのような華やかな時代、、、私は学生時代となんら変わらず、A6サイズのノートを手帳として使っておりましたところ、この素晴らしいシステム手帳を友人Kがプレゼントしてくれたのでした。

正直なところを申しますと、流行に疎かった当時の私は、とくにシステム手帳が欲しかったわけでもなく、数あるシステム手帳のなかでも、このファイロファックスというブランドが、とても高価で若者の憧れの対象であることもまったく知りませんでした(汗)

つまり、、、非常に申し訳ないのですが、まさしく「猫に小判」だったのでございます(汗)

しかしながら、「すごくいいものをもらっちゃった!」ということはかろうじて認知できましたから、おおいに喜び、大切にこれを使い続けました。

時代は流れ、システム手帳の流行がすっかり世の中から消えてなくなり、もう、誰一人としてシステム手帳なんて重くてかさばるものは使っていない、、、という風潮になっても、私は毎日、この手帳を使い続けました。

結果、ピッカピカだったこの手帳も、今ではズタボロ、、、(汗)

でも、この傷んだ感じもまた、味、、、でございますよ。

この私だって、27年前は、ピッカピカの若き女性でした。若いというだけで、それなりに輝いていた部分も多少はあったと思うのです。

この手帳は、私とともに世の荒波を泳ぎ渡って、こうして私と同じように、ズタボロになったのでございます。

そう思うと、ひとつひとつのシミにも、擦れキズにも、愛着が芽生えるというもの。

ちなみに、ファイロファックスの手帳は、傷んだ部分は修理をすることもできるようです。

昨年末、銀座の伊東屋さんで相談してみたところ、若干、色が変わってしまうことはあるものの、ベルトの交換修理も受けてもらえるとのことでした。

ところで、ここ数年、アナログな文房具の静かなるブームが再燃しているそうで、、、

長く人々の記憶から忘れ去られていた、このシステム手帳も、若者を中心に、密かに人気なのだそうでございますよ。

興味深い風潮でございますね。

 

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

みなさまのご健康とご多幸を、お祈り申し上げます。

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

聞きまつがい

年末進行の真っ只中、南町田のIMAXシアターへ「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーを観に行ってまいりました。

それはそれは、素晴らしい映画でございまして、、、しかし、「ローグ・ワン」に関しましては、世のお詳しい方々が読み応えのあるご感想をホウボウでアップされていることと存じますので、当方では映画とは関係のない小ネタを記録することと致しまする。。。

ええと、、、この日は、レイトショーのチケットを予約していたので、映画を観る前に、夕食をとることにしたのでした。

クリスマスのイルミネーションも華やかな、グランベリーモールのレストランで、食事、、、ロマンティックなシチュエーションなのでございますが、、、こと、私に限っては、クリスマスどころではない、一大イベントが発生していたのでした。

それは、、、友人の女性キャンパーより、「ついに、初めての山岳テントを購入したよ!」とのお知らせメールがが届いていたのでございます!

しかも、そのテントというのが、、、数多い山岳テントの中から、、、ええ、もう、舶来品から、ハンドメイド・イン・ジャパンから、もう、選び放題の山岳テントの中から、ですよ!

この方は、ダンロップ・VS20 をセレクトなさっていたのです!

 

このVSシリーズというテントは、今から30年ほど前に山岳部の共同装備において一世を風靡した名品、かのDTシリーズのカラーリングを、21世紀の今、あえて復刻したモデル。

昭和の山おんなにとっては、心をえぐられる、、、いや、心を揺さぶられるテントなのです〜。

それを、ですよ、、、最近、キャンプに目覚めたアラフィフの女性(友人)が、生まれて初めての個人用テントに選んだわけです!

もう、もう、大興奮なのでございます〜!

(↑ VSに興味のない人には、いったいどのへんに興奮するのか、まったくご理解いただけないとは思いますが、、、)

そのようなわけで、、、私は、レストランの席に着くやいなや料理の注文もそこそこに、やおらiPadを取り出し、ダンロップのサイトを表示させましては、この真っ青な、ブルーシート級のフライのテントを、穴があくほど凝視していたのでありました。

そんな私の周囲には、ただならぬオーラが発せられていたのか、、、通りがかったウエイターのお兄さんがふと気づいて近づいていらして、「店舗のWi-Fiをご利用になりますか?」と囁かれたのでした。

しかし、そのとき私の心の中は、このVSシリーズのことでミッチミチに満たされていたので、「店舗のWi-Fi」というお兄さんの「店舗(てんぽ)」という発音が、光の速さで「テント(てんと)」に置換されてしまったのです。

結果、「ええっ?! テント? テントのWi-Fi?」と、脊髄反射的にお兄さんに聞き返してしまったのでした。

お兄さんは、クスクス笑いながら「いえ、テントじゃなくて、店舗(てんぽ)です、お店のWi-Fiですよ〜」と説明してくださいました。

このとき、私のiPadの画面いっぱいにVS20が表示されていたことは言うまでもありません。。。(汗)

ああ、、、クリスマス連休の夜に、ショッピングモール内のレストランで食事をしようというそのさなかにも、、、

しかも、食事のあとにはローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーをIMAX 3Dで観ようというのに、、、

私の心は、ダンロップのテントのことで、ミッチミチ、、、そんなミッチミチな夜でございました。。。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

リラックスタイム

仕事から戻り、夕食や入浴などを済ませたのち、就寝までの自由な時間。この、夜更けの時間帯の過ごし方は、人により様々なことと思います。

フリーランスの私の場合は、寝る直前まで仕事をしていることが多いわけですが、通勤タイプの友人Kにおいては、この時間帯は趣味に費やすことのできる貴重なリラックスタイムであるらしい。。。

最近は、ポッドキャストのラジオを聴きながら、お気に入りの万年筆の書き味を楽しむ、、、という過ごし方が、わりとデフォルトとなっております。

試し書きに使う紙は、私が仕事でプリントアウトした裏紙であることが多く、就寝時には丸めてゴミ箱に捨てられているか、コタツの上に放置されているのを、翌朝、私が破棄するのが常でございます。

先日、ふと、放置されていた裏紙を捨てる前に、ちらと目を通してみたところ、、、下記のようなことが書かれておりました。

キャンプ、自転車、万年筆、カメラ(写真撮影)、そして釣り(フライ)といった私の趣味をすべて同時に、並行的に体験する方法はないものかと考えてみた。
手始めにまず、移動のための交通手段を考えてみたのだが、これはおのずと、「自転車」もしくは「輪行」に縛られるということとなる。
趣味だと言っているのに、縛られるというというのも、どうしたものかと思うが、一度にすべてを成立させるという苦行なので仕方あるまい。
ここまでの段階で、自転車にキャンプ道具と釣り道具を積載し、万年筆とカメラを持参すればよさそうなことに気が付く。
そこで、心配性な私としてはきわめて気になる懸案事項が現出する。
つまり粗暴なキャンプ道具らの只中おいて、繊細な万年筆をいかにして破損などから守るのかが課題になるのである。
無頼者の集まりであるアウトドアグッズからは隔離された、「ここだけは絶対安心だし安全なの」的空間を、なんとしても確保し、そのような環境にこそ、ガラス細工のような万年筆は置かれなくてはならないのだ。
こんなことは言うまでもないことだ。
そして夜となり、ランタンに灯されたテントの中で、悠然とその安全地帯から万年筆を取り出し、一人、物思いに耽りながら、気に入った文章、そう例えば、「中田ヤスタカの才能は、もう枯れてしまったのだろうか?」などの
問いを自分自身に投げかけつつ、連綿と書きづづっていくのだ。
時折、隣のテントのファミリーから「うおー、何これ!めちゃうまいじゃん」という下世話な奇声が発せられるのも、現世の日常と心に織り込み、これもキャンプ場の一つの味わいよと、目を閉じて噛みしめるのである。

おお、、、友人Kよ、キャンパルよ、、、奇嬌なことを考える男である。

(注:上記の文章は、掲載にあたり、本人の承諾を得ています)

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

山形屋紙店

昨日は、仕事の打ち合わせで神保町に行きました。

約束の時間まで余裕がありましたので、「そうだ! 久しぶりにボンディのカレーを食べよう!」と思いつき、靖国通りに面した古書センタービルへ。。。

ああ、ダイエット中なのに、、、カロリーを制限しなくちゃいけないのに、、、よりによって、チーズカレーを注文してしまいました(汗)

ボンディのカレーには、茹でたジャガイモが2つ添えられてくるのですけれど、これもバターをつけてバッチリ完食。

そして、チーズの降りかかった炭水化物(米飯)に、これまたたっぷりチーズがとろけたカレーを、どっさりかけていただきました。

あああ〜! 申し訳ございません〜! たまらなく美味しゅうございました〜!

こんなに美味しいカレーが世の中にあっていいのか〜! 

私がいつも家で作っているカレーは、いったい何なのだ〜!

ダイエット中というセリフが、もはや口だけのものとなった罪悪感を背負いつつ、大満足で古書センターの急な階段を下り、満腹のあまり方向が定まらずにフラフラと路地を抜けたら、さくら通りに出て、、、

そうしたら、目の前に、山形屋紙店がありました。

ここは、日本各地の和紙はもとより、自社製の和紙も数多く取り揃えている、和紙専門店です。
http://www.yamagataya-kamiten.co.jp/index.html

学生時代、週に2〜3回は通っていた大好きなお店です。

懐かしくなって、古いのれんをくぐりますと、、、お店の佇まいは昔と何も変わらず、、、

でも、30年前、畳敷の番頭台に座りっぱなしで店番をしていたおばあさまは、若い店員さんに代わっていました。

店内のレイアウトは、30年前となにも変わりません。

お店に入ってすぐ左手の棚に、色とりどりの美しい千代紙が積んであるのも同じでした。

数えきれないくらい何度も手を触れた懐かしい木の引き出しから、型染め千代紙を5枚選んで、購入しました。

型染めの千代紙は、古風なものから現代的なものまで色々な柄があり、見ているだけでうれしくなります。
学生のころは、古書店で気に入った本を見つけたときに、学校へ戻る途中でこのお店に寄って、買ったばかりの本に似合う型染め千代紙を1枚買い、ブックカバーにするのがひそやかな楽しみでした。

そんな私も、今や、いっぺんに5枚も大人買いしちゃうのでした(1枚200円前後)

そうこうしているうちに、打ち合わせの時間になりましたので、、、山形屋さんをあとにして、白山通りを渡り、、、

30年前には、影も形もなかった地上23階建てのインテリジェンスビルの高層階へ。。。

まるで、タイムトラベラーになったような感じでした。。。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ