goo

キャップレス クロマット EF

風薫る5月、、、も、もう終盤でございます。

久々にブログ更新したかと思ったら、万年筆かい!って感じなのですが、、、そうです、万年筆ネタでございます。

もう何年も前から「いいな、、、いいな、、、欲しいな、、、」と思っていた、パイロット万年筆のキャップレス。

「キャップレス」の名のとおり、キャップがありません。

ボールペンのようにノック式で、ペン先がニョキッと先端から飛び出すタイプの万年筆なのでございます。

「キワモノじゃん!」って決めつけてはなりませぬ!

とても、とても、完成度の高い、よくできている万年筆なのでございます。

万年筆の使い方は、人それぞれかと思いますが、たとえば、書類にサインしたり、手帳に書き込んだり、、、と、日常使いする人にとっては、ねじ式のキャップの開け締めは、あんがい面倒なものです。

ちょっと書いて、PCを操作して、また、ちょっと書いて、、、なんて使い方の場合は、わざわざねじ式キャップのペンを使ってはいられません。

そんなとき、このキャップレスなら、カチリと押して、ササッと書いて、カチリとしまう。。。

デスクペンのように机に常備しておいて、出かけるときは、手帳に挟んで持ち出せて、、、←うわ〜、超スタイリッシュ!

これを使い始めたら、あまりにも便利で、もう、もう、手放せません。

今回、私が購入いたしましたのは、ペン先が18Kのもので、キャップレス・シリーズの中では、書き味にこだわったタイプです。

気軽に使うのなら、ステンレス製でもよかったのですが、、、う〜む、、、実は、手頃な特殊合金ペン先にするか、迷いに迷ったのですけれども、書き味にこだわらないのであれば、なにもキャップレスを使わなくても、水性ボールペンでも十分なのですから、、、やっぱり、万年筆独特の書き味を楽しめてこそ、キャップレスを使う意味も深まるのではないか、、、などと考えまして、結局、18Kのペン先にいたしました。

もちろん、カリカリ書くのが好み、という方もいらっしゃると思いますので、ペン先をどうするかというのは、これはもう、好みの問題とは思うのですが、、、

そして使い始めて思ったこと。。。

もう〜! 楽しい〜!!!

ペン1本で、これほど、仕事へのモチベーションが上がるとは。。。万年筆って、、、万年筆って、、、偉大ですね!

パイロット キャップレス。

心強い相棒です。

それにしても、、、どうして写真がこんなに大きくなってしまうのか、、、う〜む。。。ま、いいか。。。←よくはない

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

去年のGWキャンプの過ごし方を思い出す

4月も中頃になりますと、そろそろGWの過ごし方について、具体的なプランを描く時期ではなかろうか、、、でも、4月中旬になってからでは、ちょっと遅すぎるのではなかろうか、、、的な、今日このごろ。。。

みなさまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。

私どもは、4月1日の予約開始とともに、怒涛の電話攻撃をいたしまして、とあるキャンプ場のサイトを確保いたしました。

しかしながら、、、場所は抑えたものの、、、いかなるキャンプにデザインするか、そこのところが曖昧です。

そこで、過去のGWには何をやっていたのか、思い出してみることにいたしました。

2014年のGWは、、、あ! 私たちがオートキャンプ・デビューしたのは、なにをかくそう、2014年のGWでした。

それまでは、ちゃんとした泊まりのキャンプなんて、まったくやっていなかったのでした。

そしてその記念すべき第一回は、、、サトー部長&窯爺の向かい側にテントを張った、あの日ですよ〜、、、あれから2年か、、、

ちゅうか、まだ2年しか、経ってないのか、、、(汗)

ええと、、、ええと、、、(汗)

2015年のGWは、、、そうそう、早川町オートキャンプ場で、2泊3日を過ごさせていただきました。

早川町ACで過ごした記憶を呼び起こしてみることといたします。

*今回は、少しだけgooブログを勉強し、写真をポップ・アップできるようにしました。

早川町は、南アルプスの山行計画ではおなじみの、山梨県南巨摩郡にある人口1062人の山里。

「町」としては、日本で最も人口の少ない町らしいのでございます。

そしてその日本で最も人口の少ない町が自ら経営しているのが、早川町オートキャンプ場です。

かつては、「ランドローバーEXオートキャンプ場」という名称だったらしく、現在もキャンプ場に隣接してオフロードコースがありまして、場内ではランドローバーやレンジローバーなどをよく見かけるのでありました。

平坦な芝生のサイトはよく整備されていて、明確な区画がないぶん、窮屈さを感じることのないオープンな雰囲気。

ほどよく高規格で、ほどよく人工的、シャワー棟やトイレは清潔で使いやすく、たいへん快適なキャンプ場です。

私たちは、2014年の夏に初めてこのキャンプ場に訪れて以来、すっかり気に入ったのでございました。

このキャンプ場は、真っ平らですので、大型テントの設営に最適です。

去年のGWは、小川テントの「ティエラEX5」にさらに「アネックス」というオプションを追加して、超デラックスなサイトを構築したのでございます。

↑いや〜、、、すこぶる快適なのですけれども、見た目的には、かなり変態チックかもしれません(汗)

なんでしょう、このナウシカに出てくるオームみたいな昆虫的な外見。。。(汗)

しかし、この変態な外見こそが、小川ファンの友人Kにはたまらない(らしい)。

スノーピークの超かっこいいランドロックを尻目に、「小川テントの真骨頂は、この奇天烈さにあり」と自負しておりますから、まー実に惚れ惚れと、己のテントに見惚れているのであります。

↑中は、広々と、このような感じです。

5人用テントの2人使用ですからね〜、そりゃもう、極楽でございますよ〜。

あ、、、左の隅に、お隣さんの赤いパンダ(テンマクのモノポールテント)が写り込んでいますね。

この赤パンダちゃんとは、3日間ずっとお隣どうしでした。

テントの設営が完了すると、ウェルカム・パーティを開くのが常であります。

ビールを開けて、刺身をつまみながらキャンプ開催を祝う。。。

ダイエットとか、、、そういうの、、、なかったから、、、この頃は、、、(汗)

それでもって、、、さらに、私のお昼寝スペースも作ってもらいました。

うり坊の寝床↓

tent-Mark DESINGSのムササビ・ウィング(焚き火バージョン)の下に、コットを設置。

サイドテーブルにはビール。。。

↑思い出しました。このとき、ビールを飲みながら、コットに寝転んで、iPad三昧、、、ルンルンでしたよ(汗)

この頃、すでにダメな大人の見本だったのですね(汗)

それにいたしましても、この頃は、ずいぶんデコラティブなキャンプをやっていたのですね〜。

つい先日の、西湖北岸で1泊したキャンプとは、えらい違いです(汗)

焚き火台も、このゴージャスっぷり。。。

この頃は、頭の中がグランピング・バブル状態だったので、焚き火台に火を起こして、さっそく海鮮焼きやっちゃいました。

このころは、ダイエットとか、そういうの、、、なかったから、、、(汗)

夕飯時には、さらにステーキも焼いちゃいました。

痩せる気がゼロ、、、というより、大きくなる気、しかしない。。。

翌朝は、ネイチャーストーブに火をおこしまして、、、

↓炊飯しております。

思い出してきましたよ。

去年のいまごろ、ネイチャー・ストーブに凝ってました、私(汗)

鯵の開きも、わざわざネイチャーストーブで焼いております。

昨日の夜、高カロリー過ぎたのですね(汗)

この日の朝は、ヘルシーに和食です。そうは言っても、、、

↑いくらなんでも、ご飯が多すぎないだろうか(汗)

このころは、ダイエットとか、そういうの、、、なかったから、、、(汗) くどかった!

それに、お昼はまたも、高カロリー。。。

手作りピザですよ〜。

↓ワイン開けちゃってる。

毎度、キャンプの度に登場している、ドライトマトとオリーブの塩漬けも、、、

いくらなんでも、これはダメでしょう〜(汗)

アラフィフなんだから、少しは健康に気をつけたらよいものを、、、

それなのに、、、さらに、、、

↓蕎麦味噌焼きぃ〜!

蕎麦味噌焼きには、やっぱり日本酒〜!

アウトドア、、、って、なんとな〜く屋外で健康的に過ごしているイメージありますが、、、

健康的どころか、、、メタボリック養成合宿ですよ、こりゃ(汗)

2014〜2015年の2年間で友人Kと私の容積が、ぐんと増したのは、まさにこの、グラマラスなキャンプが原因としか思えません!(汗)

今度のGWは摂生しなくては、、、

こんな生活を続けていたら、ほんとに病気になります(汗)

お医者さんから、「キャンプ禁止」って言われちゃいます〜(汗)

2週間後のGWは、、、粗食キャンプに徹することに致します〜。。。

(回想おわり)

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

愛のままにワガママに、、、の、機能に気がついた日

2006年のスタート以来、はや10年。

2014年11月末に「ブログ人」がサービスを終了してからは、あらがうすべもなく「gooブログ」に引っ越しをしたわけですが、、、

私のお脳が柔軟さに欠けるのか、どうにも「gooブログ」の使い方がよくわからない。。。

そのようななか、わからないままに、、、愛のままに、わがままに、本日までブログを継続してまいったわけでございますけれども!

ここにきて、「gooブログ」には、「ブログ人」にはなかった驚きの機能が備わっていることを知ったのでございます。

それは何かと申しますと、、、ブログ投稿の日付を、現在よりも遡って設定できてしまう、、、というもの!

そのようなことが可能だとは、ついぞ知りませんでした。

もしかしたら、「ブログ人」にも同様の機能があったのに、私が気が付かなかっただけでしょうか?(汗)

こりゃ、こりゃ、便利至極!

元旦に、「よし! 今年こそは、日記を書くゾ!」と心に決めて、分厚いハードカバーの日記帳(場合によっては鍵付き)など買い求め、ワクワクと元旦から日記を綴り始めるも、10日もしないうちに飽きてしまい、書く内容を溜めてしまって挫折する。。。

分厚い日記帳の3ページ目以降は、真っ白、、、

↑こういう性格の人(私だ)には、もってこいですよ、この機能は!

ルーズリーフ方式、、、とでも申しましょうか、カード型、、、とでも申しましょうか、、、好きなときに、好きなだけ遡って、過去の日記を間に挟み込んでいけるわけです〜。

こりゃ、気が楽ですわ〜。

と、いうわけで、、、これからは、自由気ままに、日付を遡らせていただきます。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

今年の桜

すっかりご無沙汰してしまいました。

桜の花散るころ、、、地図屋の繁忙期も、ようやく終結のときを迎えつつあります。

武州多摩郡の桜は、都心部より一足遅れで開花する、、、というワケで、桜のご報告です。

4月5日。雨に濡れる満開の桜。

天気のよい日は仕事があり、天気のわるい日はヒマである、と(汗)

日頃の行いが、こういうときに影響するのでございますね。。。

ですが、ほとんどパソコンの前に座りっぱなしの日々のなか、花見に出てこられただけでも、ヨシといたします。

視線を下へ下ろすと、林床には、野の花が咲き競っていました。

この花、、、どこからか種が飛んできたのか、ウチの庭にも自生しています。

↓住宅街のヘリに続く散歩道。八王子の谷戸は、里山の風情がいっぱいです。

4月6日。ちょっと足を延ばし、桜の名所、浅川サイクリングロードを高尾方面へ遡ってみました。

八分咲きくらいでしょうか。冬の間は閑散としていた南浅川サイクリングロードも、この日は花見の人でいっぱいです。

わりと、毎年おなじみの風景↓

陵南公園も、花見の人で賑わっていましたよ。

さても、小仏まで行けばよいものを、、、高尾でUターン(汗)

南浅川をぐいぐい走って、八王子市役所裏まで戻ってまいりました。

このあたりは、八王子駅からも西八王子駅からもちょっと距離があるので、人はまばらでした。

↑すみません(汗) また、テントを張ってしまいました。

「少しは走ったらどうかね?」という、どなた様かのお声が聞こえてくるようでございますが、、、

前日の寝不足を解消するために、ちょっとお昼寝させていただきました。

けっこう風の強い日で、横になっているとちょっと肌寒く、、、結局、入り口を締め切って、外の風景を遮断した状態で昼寝。

、、、桜の堤に向かってテントを張った意味は、まるで、なくなりました。

(おわり)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

年度末の公園で野外ランチした日

年度末の3月31日。

多摩丘陵の斜面にある、小さな自然公園にテントを張って、お昼ご飯を食べました。

コナラ、クヌギ、クリなどが混在する、いかにも武蔵野の雑木林らしい雰囲気です。

落葉広葉樹の林なので、地面はお日さまの光でポカポカと暖かいのでした。

ポットのお湯で戻したカップラーメンをすすり、インスタントコーヒーを飲んで、ランチ終了。午後の仕事に戻りました。

(おわり)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ