eyhewrbxcv

xvxcvxcv

カメラの使用の3D知覚を注意し、ちょうどそれがまた行くために

2017-05-19 21:02:49 | 日記
カメラの使用の3D知覚を注意し、ちょうどそれがまた行くために、様々な方向を持って、AR体験を実現することは興味深いです。実際には、初めての3D知覚カメラの噂は、より多くの人々は、顔認識だと思うとき。
iPhone7ルイヴィトン

ホームボタンがキャンセルされた場合、それがキャンセルされ、元の指紋認証の経験が続くことを意味します。 Appleは指紋認識センサーを見つけることができませんでした、指紋識別ゾーン「移動」するつもりはありません場合は、内蔵プログラムの成熟度以下の画面は、顔認識を達成するために、3D知覚カメラを使用します - その引数があります。
アイフォン7シャネル

もちろん、私たちは、人々の顔認識技術はもちろんのこと、ARの到着は、保証されていない、AR技術によって引き起こされる影響もさらに大きくなるにバインドできることを願っています。クオ明智は、アナリストは言った、AR技術の応用は、自動操縦が上やその他の新たな事業の方向になっているなどのApple製品は、競争の3〜5年を持ってできるように、とAppleウォッチとApple TVが現在存在し、イノベーションへの障壁を取り除くことができるようになります。
シャネルiphone8ケース

しかし、私たちはリンゴに依存することはできませんどのようなAR今年は、と思います。 4年生の教師•ブランカ・リベラ(ブランカ・リベラ)私はAppleが31人の学生の彼女のクラスになることを聞いたとき、それぞれが、彼女は興奮を感じていなかった、タブレットPCのiPadを提供していますが、これらのデバイスが使用されていることを考えますゲームをプレイし、これらのタブレットは彼女の学生が学ぶのを助ける方法についての好奇心。
アイフォン7シャネル
学校へのiPadの後の8ヶ月では、彼女の生徒たちは、創造の画角を示すために、これらのデバイスを使用して水の循環についてのビデオを作成し、スコアに電子書籍を収集することができます。学生は今のiPad、および氏リベラでのテストを完了し、あなたは彼らが困惑タギングを感じ、その進捗状況と完了の問題を監視することができます。
マイケルコースiphone7ケースあなたがボーッとクラスの生徒を見ると、彼女は自分のiPadでテキストメッセージを送信することができます:「集中しています。」
氏リベラは、iPadでの話で言った:「この製品は本当に学ぶためにそれらを学び、やる気にさせる能力を向上させます。
携帯iphone7ケース
さんリベラがH.L. Suverkrup小学校アリゾナブリーダー市(ユマ)に配置され、革新的なプロジェクトを遂行するために、アップルの一部です。 Appleは金持ちと貧乏人の子の子供たちの間で公平な競争の場を作成するための技術を使用したいと考えています。
グッチiPhone7ケースこのプログラムは、オバマ政権は、これらの製品は、より楽しく、効果的な学習することができますように、直面している以前のパソコンや教育の分野で他の電子機器の限界を克服することを目的とするパイロットプロジェクトを、提案しています。
しかし、これらの努力にも批判の対象とされています。
シャネルiphone7ケース豊かな国(OECD)が作曲経済協力開発機構(OECD)は最近のための科学と技術学校のテストの点数への投資は「大幅に改善されない。」と言いました組織はまた、タブレットコンピュータ製品や生徒の成績の過度の使用は、これらの製品の中程度使用している学生よりもしばしば悪化していると述べました。
エルメス iphone8ケース
通常、コンピュータ製品の教室での使用にスコアを改善しませんミシガン•Suoluo ウェイ・エリオット(エリオット・ソロウェイ)大学の教育教授の分野における科学技術研究の適用は、これは、このデバイスのための学校が再制定しなかったため、カリキュラムです。
Suoluo魏は言った:「学校は常に、このようなミスをし、彼らは多くの場合、コンピュータを購入する最初のもので、その後、私たちはコンピュータを使用するものお願いします。
アイフォン7シャネル
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。