Belle’s bar

ピアニスト 矢野嘉子 yoshiko yano のBlog

11 11 5 Yoshiko Yano Duo with Tap ライヴレポート

2011-11-14 | Liveスケジュール






                    秋の夜の
                      ジャズとタップダンスのひとときでした。
                              
                                    



*11 11 5 Yoshiko Yano Duo with Tap
at 四谷メビウス ライヴレポート



お越しいただいたみなさん、
お店のみなさん、
メンバーのみなさん、


みなさん、どうもありがとうございます!!



************************


11 11 5 Yoshiko Yano Duo with Tap 
at 四谷メビウス

member
矢野嘉子(p)
川本悠自(b)
宇川彩子(tap)




1st
Skylark(YoshikoYano)
Fairy Tale(Yoshiko Yano)
CARAVAN
Something Good May Happen(Yoshiko Yano)p&bDUO
Autumn Leaves
Revesion(Yoshiko Yano)



2nd
People Make the World Go 'Round
Shim Sham No.3(Yoshiko Yano)
No Get A Thing(Yuji Kawamoto)
Dirty Maritini(Yoshiko Yano)/p&b duo
Shuffle Rhythm(yoshiko yano)




前回と同じメンバーで演奏しました。
私のオリジナルやスタンダードナンバー、ソウルナンバー、
そして、ベースの川本氏のオリジナルも今回初めて登場し
バンドが、さらにパワーアップして
聴いて楽し、見て楽しのライヴをお届けしました。



秋の夜の
ジャズとタップダンスのひとときでした。



*1stは自分のオリジナルを中心にしました。
Fairy Taleは自分のアルバムにも入っている
春らしいジャズワルツは軽やかに。

Revesionはサックスのために書いたファンキーなナンバーですが
タップダンスもファンキーに。

Skylarkは爽やかなボサノバの曲です。


*2ndはソウルナンバー、川本さんのオリジナルも演奏しました。
Dirty Martini、これはバラードです。
「人生を語るDirty Martini」なんだそうです。
なので、ピアノとベースでしっとりと。

No Get A Thingこれは川本さんのオリジナル。
めくるめくコード展開はコンテンポラリー。

Shuffle Rhythm
これはタップフィーチャーの曲
宇川さんのタップフリーソロは素晴らしかったです。


Shim Sham No.3
これは私がタップのShim Shamというステップを覚えようと思って
タップのステップをリズム譜にして、メロディーをつけた
爽やかなラテンの曲です。
私はステップをメロディーで覚えました。

このShim Shamはダンス教室の体験レッスンでやったステップです。
「このShim Shamを知っていれば、世界中どこでもタップが踊れる」そうです。
ヘタでもなんでも、音楽と一緒に踊れるのは楽しいです。





タップは楽器です。
聴いて楽しい。

タップは踊りです。
見て楽しい。

タップは、そして
自分でやって楽しい。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加