Belle’s bar

ピアニスト 矢野嘉子 yoshiko yano のBlog

アルバム/M.Jackson+C.basie+The Bigband vol.1

2007-07-26 | ミュージック





          リズムのアーティキュレーション




*アルバム/
Milt Jackson+Count Basie+The Bigband vol.1

プロデューサー、ノーマン グランツが企画した
Jazz vibraphoneのMilt Jacksonと
Count Basieと彼のビックバンドという
巨匠同士の夢の共演。


1.The Comeback
2.Basie
3.Corner Pocket
4.Lady In Lace
5.Blues For Joe Turner
6.Good Time Blues
7.Lil' Darlin'
8.Big Staff
9.Blue And Sentimental

Danny Turner,sax; Bobby Plater,sax; Kenny Hing,sax;
Eric Dixon,sax; Charlie Fowlkes,sax;

Wayman Reed,trumpet; Lyn Biviano,trumpet;
Pete Minger,trumpet; Sonny Cohn,trumpet;

Fred Wesley,trombone; Dennis Wilson,trombone;
Bill Hughes,trombone; Mel Wanzo,trombone;

Freddie Green,guitar; Count Basie,piano;
John Clayton,bass; Butch Miles,drums.


レコーディング
Jan.1978, Hollywood


********************************

Count Basie Bigbandの演奏です。

まず、ベイシー楽団で有名な楽曲
Corner Pocket
http://jp.youtube.com/watch?v=M4-ZBQ_UYgM




男性ボーカルのJoe Williamsは
カウント ベイシー楽団でデビューしました。
ブルースフィーリングたっぷりの歌声を
カウントベイシー楽団とともに。

ブルースナンバー
All Right OK You Win
http://jp.youtube.com/watch?v=aYVEdPy8gQY




カウントベイシー楽団は
初期の頃だと1930年代の作品があるそうで、
Joe Willamsが参加した1950年代とは
またサウンドが違うそうです。


この映像は1943年のものですが、
フレッドアステアが出てくるような
戦前のアメリカミュージカル映画のように
音楽と踊りが一緒になっています。
http://jp.youtube.com/watch?v=yCrBeGZPE9g





******************************


ジャズピアノの生徒さんにピアノを教えていて
リズムのアーティキュレーションの
細かいニュアンスというのは、
鍵盤楽器で理解してもらうには限界があり、

私はテナーサックスが好きで
以前習いに行っていたことがあり、
その時に
ウダウダタンギング、
リズムのアーティキュレーションなど
やはり息を使う楽器で
その息使いというのを体感でき、
ホントによかったと思っています。
だから、
リズムのアーティキュレーションは
管楽器、
ビックバンドのバックリフや
管楽器全員が揃って吹く所など、

ビックバンドでリズムだと
やっぱりカウントベイシー楽団だな。と。


重厚なビックバンドの音色で
ビッときめてるジャズのリズム。
いろいろなリズムパターンがありますが、
それぞれ表現のニュアンスが違います。

ドゥダぁドゥダぁ とか
ザァーっザッ!!   とか
口で少し下品ぎみにやってみると
それくらいでちょうどよいかと思います。


でも、これは
なかなかむずかしかったです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルバム/ミシェルルグラン The New I Love Paris

2007-07-14 | ミュージック

            7月14日、Quatorze Juillet
                      パリ祭



*アルバム/
ミシェル ルグラン 「The New I Love Paris」

ミシェル・ルグランが50-60年代に
数多く吹き込んだ音楽による
観光地めぐりとも言うべき
イージー・リスニングのシリーズの中でも
最大のヒットとなった『I Love Paris』(54年)。
その後のレコーディング技術革新にともない、
愛好家のニーズにこたえて
ステレオで再演されたのがこのアルバム。
ルグラン一流の華麗なオーケストレーションに、
粋なエスプリと甘美なノスタルジーが薫る。
1961年作品。
(文章「Sony Music Online Japan」より)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Arch/SR/MichelLegrand/SICP-995/



今日は
フランスのQuatorze Juillet
「革命記念日」

日本では「パリ祭」といいます。
このアルバムは
まさに、
「日本で夢見るパリ」のような
アルバムです。

選曲は
パリにちなんだものばかりで
コール ポーターのI Love Paris
カウント ベイシーで有名なApril in Paris

これらのジャズのナンバーの他に

Autume Leaves
La vie en Rose
Under The Bridge of Paris
A Paris
The Song From Moulin Rouge
Under Paris Skies
など
有名なシャンソンのナンバーが
演奏されています。


では、イヴ モンタンがパリを御案内。
「A Paris」 sings  イヴ モンタン
http://jp.youtube.com/watch?v=_y3DvQpoNsE





******************************


この映像は、
このアルバムのものではありませんが、
当時の、
ミシェル ルグランがアレンジ、
オーケストラを指揮、
ピアノを演奏している
ビデオクリップです。

Michel Le Grand Claire Gagne
~Dawida~
http://jp.youtube.com/watch?v=0IxTyCCWSKk





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美空ひばり~生誕70年~

2007-07-11 | ミュージック




          美空ひばりさん、ジャズうまい。



*美空ひばり~生誕70年~


1954年 映画<七変化狸御殿>より
http://www.youtube.com/watch?v=nhmKFGpWhRc


当時のお笑い芸人は
ジャズ ミュージシャンでもありました。
この頃から、
TV番組シャボン玉ホリデー、
クレイジーキャッツなどが活躍し、
それと同じ時期に、
フィズが大人気となった
戦後のカクテルブームが来たのではないかと
私は思っています。




真赤な太陽(昭和42年)
http://www.youtube.com/watch?v=0-Zb7FIAK0U


この頃、
最新のジャズロックのリズムを取り入れた
キャノンボール アダレイの
<マーシー マーシー マーシー>が
大ヒットしました。




バナナ ボート
http://www.youtube.com/watch?v=gOvsp38yvH8


ハリー ベラフォンテのバナナ ボートです。
ジャズのスタンダードナンバーでは
ありませんが、
よかったので、載せることにしました。
ディーク エイセスは
もともとはアカペラでゴスペルを歌う
グループだと人から聞きました。




Tea for Two
http://www.youtube.com/watch?v=MVp4nz5_IuQ


これはジャズのスタンダードナンバーです。
オリジナルはswingの2Beatですが、
アレンジしてラテンのリズムで歌っています。


********************************


美空ひばりさん、ジャズうまい。
リズム感が素晴らしい。


画像は
アルバム/
LOVE! MISORA HIBARI
JAZZ&STANDARD
COMPLETE COLLECTION
1955ー1966

原信夫&シャープ&フラッツ

StarDust,
Take the A Train
Cry me a River
Love Letterなど歌っています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルバム/THE STANDARD

2007-07-10 | ミュージック




        すべてのジャズのスタンダードがここに。



*アルバム/
ザ スタンダード THE STADARD

THE SUPER JAZZ TRIO

トミー フラナガン(piano)
レジー ワークマン(bass)
ジョー チェンバース(drums)


<ピアニスト>
トミー フラナガン プロフィール
(Tommy Flanagan, 1930年3月16日 - 2001年11月16日)は、
アメリカのジャズピアニスト。ミシガン州デトロイト生まれ。

ギタリストの父とピアニストの母を持つ。
5歳でクラリネット、11歳でピアノを始める。
1945年、15歳でプロデビュー。
後にデクスター・ゴードン、ミルト・ジャクソンのグループに参加。
1957年、エルビン・ジョーンズ、ウィルバー・リトルを
メンバーにしたリーダー作のアルバム『オーバーシーズ』を発表。
名盤として評価が高い。
1978年にはレジー・ワークマン、ジョー・チェンバースと
「スーパー・ジャズ・トリオ」を結成した。
広範囲に活動し、度々来日。
1998年以降は体調を崩し、
2001年11月16日午後6時(現地時間)、
ニューヨーク市マンハッタン区のマウントサイナイ病院で死亡。
死因は動脈瘤による合併症。享年71。
(文章「ウィキペディア」より)


アルバム/THE STANDRARD(LP)

Side A
1. Softly As Mornig Sunrise
2.Night In Tunisia
3.Someday My Prince Will Come


Side B
1.Autumn Leaves
2.It's All Right With Me
3.Angel Eyes
4.Straight No Chaser


Records Febrary 14,1980
at Power Station Studios,N.Y.C.


*******************************


選曲は有名なジャズのスタンダードナンバー、
黒人一流プレイヤーによるプレイはさすがで、
フォームも奇をてらうことなく、
モダンジャズ ピアノトリオの王道。

定番の定番における定番を1枚に凝縮した、
すべてのジャズのスタンダードがここに。

教則CDにもおすすめ。
ピアノもベースもドラムも
この1枚を全部コピーして、
アルバムと一緒に演奏すれば、
一流黒人ミュージシャンと共演でき、

各自がコピーしたものを
トリオで練習すれば、
アンサンブルの勉強になります。
そして、
ジャズ学校で100点がとれます。


ジャズのジャムセッションに
行こうと思ってる人にもおすすめです。
選曲はジャムセッションで
よく演奏するものばかりで、
セッションに行った時に
よくやる定番フォームばかりだからです。

ソロの内容も、もちろんですが、
ピアニストにとって大事なのは、
イントロ、エンディング。
そして以外に見落としがちですが、
イントロの「ど終わり」や、
エンディングの「ど終わり」。
これらがビッとしていないと、
なんだか冴えません。

あと、ベースソロの時に
どんなバッキングをやっているか、
それも大事です。
全部マネしてムダなところがありません。


**************************


若い時にこれを聴きましたが、
すべてにおいて定番というのは
ちっともゾクゾクしませんでした。


でも、今は、
やっぱりジャズをちゃんとやりたい、
ピアノはピアノトリオが基本だなと。
この一枚は
持っていてよかったと思うアルバムです。


****************************


トミー フラナガンは
サイドメンとしての活動が長く、
ボーカルの歌伴も上手でした。

エラ フェッツジェラルド sings ミスティー
http://www.youtube.com/watch?v=l4Pe_uFbnlI






ノリノリのトミー フラナガン トリオ
http://www.youtube.com/watch?v=F2MLurkhiDw




コメント
この記事をはてなブックマークに追加