Belle’s bar

ピアニスト 矢野嘉子 yoshiko yano のBlog

Bob Mintzer*playing the Saxophpne

2007-02-09 | ミュージック






           ボブ ミンツァーの
                  Sax教則本です。





ボブ・ミンツァーはテナー・サックスの名手。
伝統的ジャズに裏打ちされたスタイルで、
4ビート/ファンク/フュージョンまで、
何にでも対応できる男だ。

その才能は演奏面だけでなく、
総合的なアート・スキルにまで及び、
80年代のジャコ・パストリアス・ビッグ・バンドでは
音楽監督をも務めていた。

以降、
自身でもビッグ・バンドを率い、アレンジも手掛ける。
ギル・エヴァンスのようにアヴァンギャルドではないが、
パワフルで至極モダンな編曲が特徴であり、
その楽曲群は既にスタンダード化していると言ってイイ。

また近年、
人気フュージョン・バンドのイエロー・ジャケッツにも参加し、
履歴に重みを増した。

派手な動きはナイが、
着実に実力と名声を獲得し、
同業のミュージシャンから尊敬の念を一身に集める
カリスマ的存在である。


(文章「excite music」より)




Bob Minter
http://www.myspace.com/bobmintzermusic





*****************************



ボブ ミンツァーのsax教則本
「playing the Saxophone」
この中の
Chapter15 What They Didn't Tell Me In Music School


ここになかなか素晴らしい文章があります。

(訳は私ですが、直訳ではなく私のだいたい訳です。)

<Some Do's and Don'ts>

DON'T

1.Don't Show your dissaitsfaction with
your playing to your listeners.

It will effect their enjoyment of your playing.

(あなたの演奏のことを他人がとやかく批判しても
 人の言うことはいちいち気にしないこと。
 
 演奏するときはいつも楽しむ気持ちでね。)


2.Don't bad-mouth or complain about
a musical situation in public.

(音楽関係者の悪口は言っちゃダメ。)


3.Don't play late Coltrane licks on
a wedding gig.

(結婚式の披露宴の仕事の時に
 晩年のコルトレーンみたいな演奏はしないこと。)

注:晩年のジョン コルトレーンの演奏というのは、
 フリージャズで、演奏時間が1曲30分以上の
 魂の雄叫びのような演奏をしています。


4.Don't beat yourself up for what you think was
a poor performance.

Leave it at being a reflection of that moment and
try for better one next time.

(良くなかった時の演奏のことを、いつまでもくよくよと
 後悔していても、なんにもならないよ。

 気持ちを切り替えて、次の時はもっと良くなるように
 すればいいんだからね。)


5.Don't wait for the phone to ring.
Be an instigator!
Set up jam sessions,
write tunes,
make tapes,
find new places for gigs
(restaurants,art galleries,street fairs)
start a band (or many different bands)


(電話[演奏の依頼の]を待っててもダメ。
 自分から事を起こすんだ!
 ジャムセッションを企画したり、
 曲を作ったり、
 デモテープを作ったり、
 演奏できる場所を探しに行く。
  (レストランとかアートギャラリーとか
   駅前とか)
 バンドを始める。(いろいろな種類の))
 

(画像、文章
  「playing the Saxphone /B.Mintzer」より)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Jazz Piano Beatles 改訂版 vol.5

2007-02-09 | 執筆した楽譜、教本
  



               In My Life





*楽譜/Jazz Piano Beatles(ジャズピアノ ビートルズ)

編曲、解説 矢野嘉子


ビートルズナンバーをジャズサウンドでアレンジした
ソロピアノ用の楽譜です。ベストセラー。
改訂版は2005年に発売になりました。


************************

In My Lifeの楽曲解説です。

8 Beatです。
原曲よりも少しテンポを遅くしました。
ビートルズの特長として、
コーラスのハーモニーの美しさがあります。
これを生かして、
あえてシンプルなアレンジにしました。
このハーモニーの美しさを味わって下さい。

[A]の部分、ここは4度のハーモニーです。
[B]の部分は6度です。
ためしにここを3度とか5度にしてみて下さい。
あまりの平凡さに驚かれることと思います。



(文章「ジャズピアノ ビートルズ」
       矢野嘉子著  シンコーミュジック社)



SHINKO MUSIC ENTERTAINMENT CO.,LTD.
http://www.shinko-music.co.jp/main/Top.do




**********************************



Beatlesの演奏です。
In My life/The Beatles
http://www.youtube.com/watch?v=RQbiynRY2k4





コメント
この記事をはてなブックマークに追加