Belle’s bar

ピアニスト 矢野嘉子 yoshiko yano のBlog

2016 9 5 矢野嘉子(p)桜井郁雄(b)小松伸之(ds) at 三軒茶屋Whisper

2016-07-23 | Liveスケジュール







ピアノトリオライブです!
Please Come!!





@2016 9月5日 月曜日 at 三軒茶屋Whisper
矢野嘉子(p) 桜井郁雄(b) 小松伸之(ds)
open 19:00 Live19:30~22:00
MC予約¥2700+TC¥500+drink
MC当日¥3000+TC¥500+drink

三軒茶屋Whisper
http://whisper.co.jp/whisper/
tel 03-5787-5794
(御予約受付中)


東京都世田谷区若林1-8-8デンス河野ビルB1(旧オブサンズ)tel 03-5787-5794
(東急田園都市線三軒茶屋駅から世田谷通りを環七方面に徒歩7分
東急世田谷線西太子堂駅より徒歩4分
バス=渋谷西口から上町行き(渋21)祖師ケ谷大蔵駅行き(渋23)若林1丁目下車)



2月から大阪に移住して、前から習いたかったピアニストのレッスンに京都に行きました。
京都は大好きです。そしてこのピアノのレッスンも厳しかったですが大正解でした。
頑なさから解放されて、ピアノを弾くことそのものが楽しくなりました。
ピアノはフロントにもなり、10本の指はオーケストラにもなります。
ピアノトリオの可能性は無限大。
自分のオリジナル、デュークエリントン、ウエインショーターの曲を演奏します。
メンバーはライブで大活躍中の強力なリズムセクション!!

三軒茶屋Whisperで久しぶりに皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
お時間ありましたら是非お出かけください。
お待ちしております。



ベース 桜井郁雄(さくらいいくお) プロフィール


1954年3月26日生まれ、 東京都板橋区出身
明治学院大学在学中の20才頃よりベースを始める。古野光昭、池田芳夫両氏に教えを受け76年頃よりライブシーンで活動をはじめる。
小宅珠美(fl)Group、大友義雄(as)Group、山口真文(as)Groupを経てジョージ大塚(ds)Groupに約2年在団。82年より辛島文雄(pf)Trioに日野元彦(ds)と参加、のち奥平真吾(ds)にドラムが代わり、 藤陵雅裕(as)、井上淑彦(ts)が入ってクインテットになる。同時期に佐藤允彦Trio、SAIFA(佐藤允彦Octet)でも日野元彦とリズムセクションを担う。
その間に、日野晧正(tp)Group、日野元彦Groupでも活動する。

また、エルビン・ジョーンズ(ds)やデイブ・リーブマン(ss)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、リッチー・バイラーク(pf)、フィリップ・ハーパー(ts)、ラリー・コリエル(g)、ケニー・カークランド(pf)、カルロス・ガーネット(ts, vo)、ルネ・マクリーン(ts, ss)、エディ・ダニエルズ(cl)、ジョイス(vo, g)、松本英彦(ts)、宮沢昭(ts)、渡辺貞夫(as)、富樫雅彦(perc)、中川昌三(fl)、伊藤君子(vo)、中本マリ(vo)、土岐英史(as)、本多俊之(as)、古谷充(as, vo)、中牟礼貞則(g)、後藤芳子(vo)、渋谷毅(pf)、植松孝夫(ts)、国府弘子(pf)、城戸夕果(fl)等とライブ、コンサート、ツアー、レコーディングなどを行う。
辛島文雄Groupを91年に退団。
村上寛(ds)Groupに参加。解散後鈴木宏昌(pf)Trioに参加。
'98年初リーダーアルバム「Tasty Fruits」を城戸夕果、二村希一、岡部洋一と、スターレコードより発表。
'03年ベースソロアルバム「inventory」をかえる工房より発表。

現在、大友義雄セッション、高橋達也、自己のセッションほか、 多岐にわたって活動中。参加CD多数。



小松 伸之 (こまつ のぶゆき) プロフィール


1977年1月19日新潟県生まれ、B型。
趣味でギターをやっていた父親の影響で幼少より音楽に親しむ。
小中学生時代は吹奏楽部でトランペットを吹いており、高校時代にドラムに転向。
大学進学を機に上京し、各大学のジャズ研などで活動した。そのころから原大力氏に師事。 98年椎名豊トリオでプロとしての活動を開始。
現在、レギュラーメンバーで活動しているユニットには、辛島文雄(p)トリオ、山口真文(ts)カルテット、矢野沙織(as)グループ、荻原亮(g)カルテットなどがある。
趣味は釣り、料理。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 7 19 ランチタイムコンサート

2016-07-22 | ボランティア






Memories of You




@2016 7 19 ランチタイムコンサート

介護施設の音楽ボランティアをやってきました。

今回のテナーサックスの演奏は
Memories of You

クラリネットの北村英治さんの演奏、
テーマの部分だけ(できる限り)完全コピーしました。
楽器が違うので音程を1オクターブ下げた部分もあります。
練習で映像と一緒に吹いていると
「木管楽器はね、こういう風に吹くんだよ。
テーマのメロディーは隅から隅まで丁寧に吹くんだ。」
と、北村英治さんが語りかけてくるような気がしました。

Memories of You 北村英治
https://www.youtube.com/watch?v=wbBjPDZeCXA

松本英彦さん、鈴木章治さん、北村英治さん
これまでに完全コピーして人前で吹いてきましたが
先人の偉大な軌跡に圧倒されてます。


歌唱指導もやっているので、施設の方が歌詞カードを作ってくれます。
これは今月分。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 7 14 ロビーコンサート

2016-07-17 | ボランティア





満員御礼




@2016 7 14 ロビーコンサート


病院のロビーコンサート、ピアノソロで演奏してきました。
満員のお客様でした。
皆様に楽しんでいただき、とても嬉しいです。
どうもありがとうございました!


<プログラム>
1.テネシーワルツ /アメリカのポピュラー曲
2.エリーゼのために /ベートーベン
3.夏の歌メドレー/日本歌曲
4.ラ・クンパラシータ/ タンゴ
5.愛のあいさつ/エルガー
6.Somebody Stole My Gal /アメリカのポピュラー曲
7.日本歌曲メドレー/日本歌曲
8.トルコ行進曲/モーツァルト
9.ディズニーソングメドレー/ディズニー

ディズニーソングメドレーで、
お客様より「ミッキーマウスマーチ」のリクエストがありました。

「ミッキーマウスマーチ」
オリジナルはTV番組ミッキーマウスクラブのオープニング。
米ABCテレビ局が放映、スポンサーはコカコーラ社。
映像は1960年のもの。
https://www.youtube.com/watch?v=x4C_lUy58Rw



「エリーゼのために」
とても有名なピアノ曲。子供のピアノの発表会で引っ張りだこ。
テクニックは初級上でも、やっぱり大人の含みが必要な曲なんだと
しみじみ。
https://www.youtube.com/watch?v=zUirZTzshLg


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 9 5 矢野嘉子(p)桜井郁雄(b)小松伸之(ds)at 三軒茶屋Whisper

2016-07-11 | Liveスケジュール







ピアノトリオライブです!
Please Come!!





@2016 9月5日 月曜日 at 三軒茶屋Whisper
矢野嘉子(p) 桜井郁雄(b) 小松伸之(ds)
open 19:00 Live19:30~22:00
MC予約¥2700+TC¥500+drink
MC当日¥3000+TC¥500+drink

三軒茶屋Whisper
http://whisper.co.jp/whisper/
tel 03-5787-5794
(御予約受付中)


東京都世田谷区若林1-8-8デンス河野ビルB1(旧オブサンズ)tel 03-5787-5794
(東急田園都市線三軒茶屋駅から世田谷通りを環七方面に徒歩7分
東急世田谷線西太子堂駅より徒歩4分
バス=渋谷西口から上町行き(渋21)祖師ケ谷大蔵駅行き(渋23)若林1丁目下車)



2月から大阪に移住して、前から習いたかったピアニストのレッスンに京都に行きました。
京都は大好きです。そしてこのピアノのレッスンも厳しかったですが大正解でした。
頑なさから解放されて、ピアノを弾くことそのものが楽しくなりました。
ピアノはフロントにもなり、10本の指はオーケストラにもなります。
ピアノトリオの可能性は無限大。
自分のオリジナル、デュークエリントン、ウエインショーターの曲を演奏します。
メンバーはライブで大活躍中の強力なリズムセクション!!

三軒茶屋Whisperで久しぶりに皆様とお会いできるのを楽しみにしております。
お時間ありましたら是非お出かけください。
お待ちしております。



ベース 桜井郁雄(さくらいいくお) プロフィール


1954年3月26日生まれ、 東京都板橋区出身
明治学院大学在学中の20才頃よりベースを始める。古野光昭、池田芳夫両氏に教えを受け76年頃よりライブシーンで活動をはじめる。
小宅珠美(fl)Group、大友義雄(as)Group、山口真文(as)Groupを経てジョージ大塚(ds)Groupに約2年在団。82年より辛島文雄(pf)Trioに日野元彦(ds)と参加、のち奥平真吾(ds)にドラムが代わり、 藤陵雅裕(as)、井上淑彦(ts)が入ってクインテットになる。同時期に佐藤允彦Trio、SAIFA(佐藤允彦Octet)でも日野元彦とリズムセクションを担う。
その間に、日野晧正(tp)Group、日野元彦Groupでも活動する。

また、エルビン・ジョーンズ(ds)やデイブ・リーブマン(ss)、ジョー・ヘンダーソン(ts)、リッチー・バイラーク(pf)、フィリップ・ハーパー(ts)、ラリー・コリエル(g)、ケニー・カークランド(pf)、カルロス・ガーネット(ts, vo)、ルネ・マクリーン(ts, ss)、エディ・ダニエルズ(cl)、ジョイス(vo, g)、松本英彦(ts)、宮沢昭(ts)、渡辺貞夫(as)、富樫雅彦(perc)、中川昌三(fl)、伊藤君子(vo)、中本マリ(vo)、土岐英史(as)、本多俊之(as)、古谷充(as, vo)、中牟礼貞則(g)、後藤芳子(vo)、渋谷毅(pf)、植松孝夫(ts)、国府弘子(pf)、城戸夕果(fl)等とライブ、コンサート、ツアー、レコーディングなどを行う。
辛島文雄Groupを91年に退団。
村上寛(ds)Groupに参加。解散後鈴木宏昌(pf)Trioに参加。
'98年初リーダーアルバム「Tasty Fruits」を城戸夕果、二村希一、岡部洋一と、スターレコードより発表。
'03年ベースソロアルバム「inventory」をかえる工房より発表。

現在、大友義雄セッション、高橋達也、自己のセッションほか、 多岐にわたって活動中。参加CD多数。



小松 伸之 (こまつ のぶゆき) プロフィール


1977年1月19日新潟県生まれ、B型。
趣味でギターをやっていた父親の影響で幼少より音楽に親しむ。
小中学生時代は吹奏楽部でトランペットを吹いており、高校時代にドラムに転向。
大学進学を機に上京し、各大学のジャズ研などで活動した。そのころから原大力氏に師事。 98年椎名豊トリオでプロとしての活動を開始。
現在、レギュラーメンバーで活動しているユニットには、辛島文雄(p)トリオ、山口真文(ts)カルテット、矢野沙織(as)グループ、荻原亮(g)カルテットなどがある。
趣味は釣り、料理。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 7 9 ランチタイムコンサート

2016-07-09 | ボランティア





河内音頭




@2016 7 9 ランチタイムコンサート

介護施設の音楽ボランティアをやってきました。

今日は河内音頭。
和太鼓を叩きました。
河内音頭。ヤー、カッコいいですね。これはブルースだと思いました。

河内音頭といえば、そう。この方。
「河内家菊水丸」

河内音頭 河内家菊水丸
https://www.youtube.com/watch?v=Gr_kRjdNWZI

和太鼓は、ジャズドラムのシンバルの役目が縁と木の部分で
ここで柔らかい8分音符を叩き、
スネアとバスドラの役目が皮の部分になります。
唄のメロディーやリズムは歌詞の内容により異なります。
よーく、唄を聴いて、それに合った微妙な反応が必須。
フレーズの合間にドン ドンと皮で合いの手を入れます。
変拍子の連発で、どこがフレーズの切れ目かが難しい。

この映像はレゲエとコラボ
ボブ マーリィ物語 河内家菊水丸
https://www.youtube.com/watch?v=X2zKvrqxU8o

このシングル盤は大ヒットしたそうです。
鉄砲光三郎 1961年テイチクレコード
伴奏 有馬徹とノーチェ クバーナ
https://www.youtube.com/watch?v=N4ZVskJ3QZw

そのほかは
「幸せなら手をたたこう」でライオンパペット登場。




タップダンスの演目は
ディズニーのシンデレラ「ビディ ディ バ ディ ディ ブー」をやりました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 6 24 ランチタイムコンサート

2016-06-24 | ボランティア





鈴懸の径




@2016 6 24 ランチタイムコンサート

介護施設の音楽ボランティアをやってきました。

今回のサックスは
「鈴懸の径」鈴木章治
https://www.youtube.com/watch?v=IUTQ7F3tc6E


クラリネットの鈴木章治さんの完全コピーをテナーでやりました。
今回はアドリブの部分も。
このメロディフェイクのアドリブは、音をとった時点で、
流石だな。と、思いました。
音源と一緒に吹いて、できる限り真似しました。

私が初めてピアノの仕事をしたのは六本木バードランドでした。
20歳の時です。
バードランドで確か金曜日に出演していた鈴木章治バンドを聴きました。
ピアノは故大給桜子さん。
メンバーが新しい音楽にチャレンジするのをドンと受け入れる度量の大きい人だな。
と、思いました。
鈴木章治さんのアドリブの音をとりながら、そんなことを思い出しました。

日本の歌謡界がジャズだった時代が、戦前、戦後とあります。
ボランティア活動がきっかけで先人の偉業に触れ、
音源と同じに吹くことで、より強いメッセージを感じます。
とにかく音楽の造り方が丁寧で、質が高いです。
今は、
ジャズにもJ-popにもメロディーがなくなってしまいました。

私がサックスを吹いているのは、自分の曲のメロディーを自分で吹きたいからです。
サックスでメロディーを吹くにはどうしたらいいか。
まずはそのまま真似して体感することだと思ってやってます。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 11 24 続木力(hac) 矢野嘉子(p) at 高槻 JK cafe

2016-06-17 | Liveスケジュール






ハーモニカの続木さんとの関西初ライブが決まりました。





11/24 木曜日 高槻 JK cafe 19:00~21:00
続木 力(hac) 矢野嘉子(p)

ジャズの街、高槻で人気のカフェでのライブです。
Please Come!


高槻 JK cafe
569-0071
大阪府高槻市城北町1-2-8
tel 072-671-1231


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 6 13 ランチタイムコンサート

2016-06-13 | ボランティア






Somebody Stole My Gal




@2016 6 13 ランチタイムコンサート
介護施設の音楽ボランティアをやってきました。

今回は
Somebody Stole My Galをピアノ演奏しました。

これは「吉本新喜劇のテーマ」として使われている曲です。
Somebody Stole My Gal/Pee Wee Hant
https://www.youtube.com/watch?v=RjMJDJ0frBc

Fats Wallerの演奏がカッコいいです!
Somebody Stole My Gal / Fats Waller
https://www.youtube.com/watch?v=12-ttcAOO8E

もっとテンポはゆっくりにしましたが、
ピアノで演奏するには左手をストライド奏法にして、右手も難しかった。
でも、腕も手首も疲れてません。やった!
うむ。これは京都のジャズピアノのレッスンの賜物。先生ありがとう。

この曲、Muppetsはカントリーバンドで演奏しています。
カントリーでもやる曲なのでしょうか。
Somebody Stole My Gal / Muppets
https://www.youtube.com/watch?v=CYGCtp-Gtsc



あとは「ソーラン節」を歌う時に和太鼓を叩きました。




「幸せなら手をたたこう」の時には
今回もライオンパペット登場。彼はもはやスターの存在。




タップは「雨に唄えば」Singing in the Rain


施設の方が書いてくれました。




月1回、同じ道を歩いていると、季節の変化にいろいろと気がつきます。
帰り道、川沿いの松林で、新しい松ぼっくりを発見。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 6 8 ランチタイムコンサート

2016-06-09 | ボランティア





雨に唄えば Singing in the Rain



@2016 6 8 ランチタイムコンサート

介護施設の音楽ボランティアをやってきました。

ミ\ーマウスショータイム
今月は「雨に唄えば」Singing in the Rain

Singing in the rain
https://www.youtube.com/watch?v=D1ZYhVpdXbQ

3回目の6月を迎え、この曲も3回目。3回傘さしました。

これは去年



これは一昨年


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016 5 26 ランチタイムコンサート

2016-05-27 | ボランティア





黒い花びら




@2016 5 26 ランチタイムコンサート

介護施設の音楽ボランティアをやってきました。

吹きました!
「黒い花びら」松本英彦さんのコピー。

水原弘「黒い花びら」永六輔作詞、中村八大作曲。

3年前、音楽ボランティアを始めたばかりの頃、
昭和歌謡を探していて、この曲を聴きました。
イントロと間奏のストレートメロディーの
テナーサックス。
この音色。聴き惚れてしまいました。
いったい誰なんだ?

作曲が中村八大だとすると、
ジャズミュージシャンかもしれない。
探して、松本英彦さんだとわかり、
文化放送のラジオ番組やビックフォーの存在を知りました。

ボランティアを始めた同時期にサックスのレッスンも再開したので、
レッスンの時に先生に
「松本英彦さんって音色いいですよね。」と言ったら、
もちろん音色はいいけれど、突然なんでそういうことを言うのだろうと、
先生はキョトンとしていました。

3年たって、
そのまま、そっくりに吹いてみたいと思いました。
音をとって譜面にするも、書き表せないニュアンスでいっぱい。
ストレートメロディーだけれども、とても細かい。
いや、ストレートメロディーだから細かいのか。


音源と一緒に吹いてみると
思ったよりも、
口は柔らかく、
タンギングがはっきりしていて
音量は大きくない。
と、いうことがわかりました。

一番高い音のファ♯ ミ ファ♯ ミと羅列する所があり、
ここも音源と一緒に吹くと、
前の小節から、うまく引っ掛けて、スッと上手に吹いている。のがわかる。

人前で吹くのも、様々な現場のアクシデントに遭遇する、経験を積むことだと思ってやりました。
もちろん、そのままそっくりに吹くことは不可能なのだけれども、とても勉強になりました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加