urbanlife

urb的日常

選択

2017-02-13 19:30:17 | 日記
今日はちょっとピシャリと書いてみるので、ひゃー!ってなる人もいるかもしれへんけど、書いておいたらためになるようなこと書いていきます!

『アドバイスは人を落とし入れて不幸にする。』

ひゃー!やろ!(笑)

一体どういうことか?!やんな。(笑)

人はそれぞれ違う考え方や価値観を持っていて、それぞれの道を歩きながら、たまに偶然の一致で誰かと共感したりしながら生きてる。

同じ道を歩いてる人なんていなくて、それぞれの道を歩いてる者同士が共存しているだけということになるので?
決して自分と同じ結果や状況になるかはわからないってこと。

日本国憲法には『選択の自由』という権利があるように??どこかの国のように?!自分の考えた道をみんな一列に歩きなさいってことではないって言うことだと思う。(犯罪はあかんけど。)
憲法だけ読んだら難しいけどね。(笑)
昭和天皇はほんまに世の中を見抜いて私たちのためだけ思って考案してくれはったんやね!すごい!

でも?自分が聞きたい人に意見を聞いたら良いし、違うなって思ったら聞き流せば良いだけのこと。

私はこうやって書いていたりするけど?!『ためになる(かもしれない)』ってぼんやり簿かしてるのはそういう意味合いもあります…。

一列になるって言う意味では、気を付けないといけないのは例えば『この年齢だからこうだ』とか『ここの年齢まで生きてきたからこうだ』って他人の道に居座ったらあかんってこと。

難しいけどな。(笑)
聞かれたら答えれば良いかなと思うけど、私はもし聞かれたらわかったふりはしなくて出来るだけ話込んでその人になったかのように考えて答え出すかな!!

確かにあの事考えてはるんやろなぁ。とか年齢問わずに思うことってあるけど、私は何も言わないか、もしくは考えるだけ考えたら良いって言うかかなぁ。
自分と同じではないからさ。

私のブログに来てくれてる人ってきっと親切な温かい人ばかりで、『あぁこんな風に考えてはるんやなぁ。』って思ってくれてはるんかな?と思ってるんやけど…。

正解ってないけど、それくらいの感覚で受けて貰えたらすごく助かるかも。
共感してくれる人がいるのなら、それはそれでまた違う意味の感謝があるけれど…。

選択の自由って案外身近なとこにあるって話。

哲学的に書いたら小難しいけどね!

私はあまりにも自分が自分とはかけ離れてる人とは距離をおくかな!
他人の道に居座らずに?自分は自分でより向上を目指して歩き続けることで出会う人と素敵な人生を送っていくのが良いんじゃないかな♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« thom yorke | トップ | 雑談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事