urbanlife

urb的日常

思うままに。

2017-07-17 18:36:13 | 日記
さっきの話をもっと具体的に色々書いて行こうかな…。
さっきのはFBに載せたけど、これは載せない。

『他人のイメージを壊さないこと。』

私って専門学校までは卒業してるから、
勿論少なからず勉強はしてきたから。

この形や色はこうあるべきとか?
この物事はこうであるべきとか?
etc...

そういう事も私は通ってきたんだよ。

私が本当ならこういう感覚的かつ哲学的な話
書くの躊躇うし書籍化したくなかった理由が
書くこと自体、こうであるべきだと決めつけているかのような
そんな風に感じてたから。

あまり宣伝もしない理由。

興味持っててくれたり、友達だけなら良いかなって思って
書いています。

あくまで私ならこう思うってことを書いています。

勉強していくうちに、私たちって
そうなんかな?がそうやんな!になっていくもんやね。

生きてるから仕方ないことかもしれへんけど…。

私は囚われながら自由になることを望みました。
自由になるために、考えたみたいな感じ。

よく昔父が『お習字を写経みたいにさせられたりするのが嫌やった
』と言ってた。

私の伸び伸び描いたお習字の作品見てね。(笑)

お習字も受賞してたけど、
綺麗に書くタイプってよりかは
感性豊かなタイプとしての受賞だったんじゃないかな。

運良く、音楽をすることも絵を書くことも
ダメなんて両親は言ったりしなかった。

でも実際習ってみると、なかなか形から離れられないもんなんやね。

私はまたつまらない大人から自由な大人になれたけど、
もう2度と戻れない人もいるのかもしれない…。

環境にも感謝しなあかんのやろうけど。

でも仕事としてアーティストしてるひとはきっと
初めから自由なんて無理なんやろうな。

形に留めつつ、社会のニーズに応えつつやったりするんやろな。
売れてる人ほどそうなのかも。

時間掛けてほんまにめちゃ自由に伸び伸び出来るまで
やってかはるんやろな。

多分、わかってはるんやろうけどな!

私は緩く自由に趣味のままというか
メンタル維持のためにも書いてる。

出来上がったの見て、色々自分で思ったりもするもん。(笑)

なんかためになってるような、そうでないような話になったけど
もしためになってたら嬉しいな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浪漫 | トップ | O型 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事