ウラ技・バレーボール技術・戦術研究会

実際に使って来た9人制バレーボールの技術・戦術のウラ技。ママさんバレー、一般のクラブチームではかなり通用しますよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

がんの免疫療法の選択

2017年02月12日 11時29分53秒 | 癌(がん)の話

私の母が熊本で免疫療法を受けていたという話を聞きつけた友達が相談してきたのですけど、免疫療法もいろいろあるようで、どれを選べばよいのかなかなか難しいですね。

友達の話によると、患者さんの血液から丁寧に3~4時間くらい時間をかけて、必要な1種のリンパ球を取り出し、それを培養してまた血液に戻すという免疫療法らしいのですが、3時間も4時間もベッドに寝て血を取られるというのも、なかなか患者さんにとっては負担も大きかろうと思うわけです。

丁寧にやっているからそうなるのでしょうけど、患者さんから一定量の採血をした後にその中から必要な成分を抽出したら患者さんには楽だろうと思うのですね。私の母の場合は、そういう抽出方法ではなく、15分くらいの簡単なものだったんですけど、熊本ですので、京都の友達にはちょっと無理かな・・・・と、思います。

そういう方法の免疫療法をやっているクリニックがあれば、また、紹介しようとは思っていますが、インターネットで探すと、どれも効きそうに見えて、どれがいいのか悪いのかわからない・・・というのが実情です。

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がん免疫療法に関するテレビ放送 | トップ | ジャンプ力をつけるための練習 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

癌(がん)の話」カテゴリの最新記事