ウラ技・バレーボール技術・戦術研究会

実際に使って来た9人制バレーボールの技術・戦術のウラ技。ママさんバレー、一般のクラブチームではかなり通用しますよ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャンプ力アップのためのトレーニング・・・・その7

2017年06月09日 22時17分43秒 | 自主トレーニング

     

上記図の左図のとおりジャンプした時の重心の移動ですが、普通は放物線を描くので

左図のアタッカーのシャツの色に合わせて、その時々の重心をアタッカーのシャツの色に対応させて表示すると右図のようになります。

これであれば空中にアタッカーが止まって見えるってのは目の錯覚で、単に放物線を描いているだけなのに紫シャツ付近の状態の選手が止まって見えるだけなのかなと思ったりします。

でも違います。

両腕を振り上げたとき(赤で表示)

左腕を下しはじめ右手を後方に弾いたスウィングの直前(紫で表示)

オレンジ色で示したスウィングした瞬間の重心の位置について考えてほしいのです。

この腕の動かしたに空中で体が止まって見える要因の一つが隠されているのです。

せっかくですので、皆さんもお考え下さい。

本日ここまでです。ありがとうございました

 

 

『バレーボール』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャンプ力アップのためのト... | トップ | ジャンプ力アップのためのト... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。